フルーツブーケ

フルーツブーケ(英:fruit bouquets, fruit arrangements)は、カットした果物花束のように見立てて飾り付けたアレンジメント。

概要編集

アメリカ発祥のフルーツを使ったパーティーギフト。一口大にカットされた果物をスティックに刺して容器にアレンジしているため、一本一本抜いて食べることができるのが特徴である。取り分けが簡単なため「汚れない」「片付けが簡単」といった点からパーティーなどでの利用に適している。主にホームパーティーやお見舞い、イベントのケータリングなどで利用されている[1]

また、フルーツ以外にも野菜を使用したベジブーケ[2]ブーケサラダ[3]、お菓子を使ったキャンディブーケ[4]なども存在する。

歴史編集

フルーツブーケの発祥は1990年代アメリカ。花屋を営むタリック・ファリドが健康的で美味しいフルーツを使ってブーケを作り始めたことがきっかけで誕生した。ファリドは1999年Edible Arrangement社のベンチャービジネスとしてフルーツブーケ販売を開始する[5]。フランチャイズ展開で事業を拡大し、フルーツブーケをアメリカのパーティーギフトの定番として定着させた。その後、カナダ、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、クウェート、カタール、イタリア、トルコ、香港、オマーン、インド、中国、バーレーンなど、次々と海外にフルーツブーケを広め、全世界で1200店舗以上のフルーツブーケ専門店が展開されている[6]

日本でフルーツブーケが広まり初めたのは2016年頃である。2015年3月、IT企業を経営する菅原信治氏が海外でフルーツブーケを目にし、日本に広めようとその一ヶ月後にプレジール株式会社を設立。翌年3月には日本初のフルーツブーケ専門店として、フルーツブーケのWEB販売を開始した[1]。その後フルーツブーケは、著名人のお祝いやイベントなどのサプライズプレゼントとして活用されていることがSNSや雑誌などで話題となる。2016年10月にはgooランキングの「パーティーで盛り上がるもの」ランキングでも1位に選ばれた[7]。現在ではフルーツブーケは専門店や青果店、レストランやカフェなどで販売されている。

作り方編集

  1. オアシス[8]やスポンジ、レタスなどを容器に入れ、スティックを刺すための土台を作る。
  2. パセリレタスハーブなどを葉に見たてて飾り付ける。
  3. クッキー型や果物ナイフを使い、フルーツを好みの形にカットする。
  4. カット後、フルーツをスティックに刺す。
  5. スティックを土台に刺し、アレンジメントする。

果物の他にマシュマロチョコレート等のお菓子が使われることもある。

脚注編集

  1. ^ a b “パーティーギフトに人気 実店舗の出店視野に”. 農経新聞: p. 3. (2017年10月2日) 
  2. ^ 見て食べて楽しむ「ベジブーケ」!もらってうれしい野菜のプレゼント”. macaroni. 2018年6月14日閲覧。
  3. ^ 【SNSで話題!】華やかブーケサラダはコップがあれば作れる!”. Nadia (2016年11月14日). 2018年6月14日閲覧。
  4. ^ 100均の材料で楽々簡単!手作りキャンディブーケの作り方とアレンジ法まとめ”. macaroni. 2018年6月14日閲覧。
  5. ^ “フルーツブーケ食品ロス対応 こだわりの国産果物の魅力発信”. 食品科学新聞: p. 4. (2017年8月1日) 
  6. ^ “Edible Arrangements” (英語). Wikipedia. (2018-02-24). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Edible_Arrangements&oldid=827315977. [出典無効]
  7. ^ 新鮮で彩りも鮮やか!食べられる花束「フルーツブーケ」”. NewsWalker (2016年10月12日). 2018年7月2日閲覧。
  8. ^ フラワーアレンジメントで使われる吸水性スポンジ

参考文献編集

関連項目編集