フルールカップは、ホッカイドウ競馬で施行される地方競馬重賞(H3)競走である。ソメスサドルより優勝杯の寄贈を受けており、正式名称は「ソメスサドル杯 フルールカップ」と表記される。

フルールカップ
開催国 日本の旗 日本
主催者 北海道
競馬場 門別競馬場
創設 2014年8月14日
2020年の情報
距離 ダート1000m
格付け H3
賞金 1着賞金250万円
出走条件 サラ系2歳牝馬、地方全国交流
負担重量 定量(54kg)
出典 [1]
テンプレートを表示

概要編集

2歳戦の番組充実を目的として2014年に新設された、2歳牝馬限定の重賞競走[2]。ホッカイドウ競馬のグレードでは、H3に格付けされた。

ホッカイドウ競馬で世代最初に行われる2歳牝馬限定の重賞競走[3]であり、地方全国交流競走として他地区所属馬も出走可能[4]。また、JRA認定競走(上級認定競走)でもあり、優勝馬は認定馬となる。

条件・賞金等(2020年)編集

出走条件
サラ系2歳牝馬、地方全国交流
負担重量
定量(54kg)
賞金額
1着250万円、2着70万円、3着52万5000円、4着35万円、5着17万5000円[5]
スタリオンシリーズに指定されており、アメリカンペイトリオットの次年度配合権利が優勝馬馬主への副賞となっている[1]

過去の副賞編集

2014年の第1回からスタリオンシリーズ競走に指定されている。

フルールカップ スタリオンシリーズ競走の副賞対象種牡馬
種牡馬 付与対象者 出典
2014年 ジャングルポケット 馬主 [6]
2015年 馬主 [7]
2016年 フェノーメノ 馬主 [8]
2017年 馬主
2018年 馬主
2019年 アメリカンペイトリオット 馬主

歴代優勝馬編集

すべて門別競馬場ダートコースで施行。

回数 施行日 距離 頭数 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2014年8月14日 1000m 9頭 コパノハート 牝2 北海道 1:00.1 岩橋勇二 田中淳司 小林祥晃
第2回 2015年8月13日 1000m 6頭 モダンウーマン 牝2 北海道 1:01.6 阿部龍 角川秀樹 (有)グランド牧場
第3回 2016年8月11日 1000m 10頭 ピンクドッグウッド 牝2 北海道 1:00.4 吉原寛人 田中淳司 尾崎智大
第4回 2017年8月17日 1000m 11頭 ボーダレスガール 牝2 北海道 1:01.5 服部茂史 田中淳司 吉田照哉
第5回 2018年8月16日 1000m 9頭 アークヴィグラス 牝2 北海道 1:01.0 石川倭 小野望 アークフロンティア(株)
第6回 2019年8月15日 1000m 11頭 コーラルツッキー 牝2 北海道 1:00.4 服部茂史 田中淳司 (株)皐月
第7回 2020年8月12日 1000m 12頭 マーサマイディア 牝2 北海道 0:59.7 桑村真明 角川秀樹 (有)グランド牧場

脚注編集

出典編集

  1. ^ a b フルールカップ”. 一般社団法人北海道軽種馬振興公社. 2020年8月9日閲覧。
  2. ^ 平成26年度ホッカイドウ競馬の開催日程決定!!”. ホッカイドウ競馬 (2014年2月13日). 2014年8月15日閲覧。
  3. ^ 重賞競走体系図”. ホッカイドウ競馬. 2014年8月15日閲覧。
  4. ^ 重賞競走情報”. 地方競馬全国協会. 2014年8月15日閲覧。
  5. ^ 12R フルールC(中央認定)|2020年8月12日(水)9回門別5日”. JBISサーチ. 2020年8月9日閲覧。
  6. ^ スタリオンシリーズ競走”. ホッカイドウ競馬. 2014年8月15日閲覧。
  7. ^ 平成27年度スタリオンシリーズ競走 (PDF)”. ホッカイドウ競馬. 2017年8月15日閲覧。
  8. ^ 平成28年度スタリオンシリーズ競走 (PDF)”. ホッカイドウ競馬. 2017年8月15日閲覧。

各回競走結果の出典編集

馬主の出典編集

関連項目編集