フレイミング・ジューン

フレイミング・ジューン』(Flaming June)は、フレデリック・レイトンによって描かれた絵画(1895年作・120cmx120cm)であり、日本語では「燃え上がる6月」の意味である。

『Flaming June』
Flaming June, by Frederic Lord Leighton (1830-1896).jpg
作者フレデリック・レイトン
種類カンバスに油彩
寸法120 cm × 120 cm (47 in × 47 in)
所蔵ポンセ美術館(Ponce Museum of Art)、プエルトリコポンセ

この油彩画は、レイトンの古典主義者らしさをあらわす傑作として、世界中に知られている。

描かれた女性像は、ギリシア人たちが彫像などにした眠るニュムペーナーイアスの人物像をほのめかしていると考えられている。上右のキョウチクトウの枝は、眠りと死の間のこわれやすい環を象徴している。[1]

女優ドロシー・デーン(Dorothy Dene)とメアリー・ロイド(Mary Lloyd)は、さまざまなラファエロ前派の美術家によって描かれ、この作品のモデルを務めたとも語られている。

ドロシー・デーン

『フレイミング・ジューン』は、1960年代に競売にかけられたが、当時はヴィクトリア朝の絵を売ることは困難であり、140USドル(現代の物価では840USドル相当)という最低価格であっても、買い手がつかなかった。しかし、のちにプエルトリコの、ポンセ美術館の目にとまり、すばやく購入されることとなった。

評価編集

『フレイミング・ジューン』は、レイトンのほかの諸作品のひとつ『夏のまどろみ』(Summer Slumber)における大理石風呂をかざるモチーフとして着手された。彼は、そのデザインにあまりに執着したので、それを絵として制作する決心したほどであった。

眠っている女性のポジションは、レイトンに大変な苦労をさせた。彼は、彼女の横たわりかたを決めるためにいくつかの予備的なスケッチをつくった。とくに彼女の右腕の角度を自然に見えるようにすることがむつかしかった。

彼の習作らは、この絵がすくなくとも4点の展開的なスケッチを経てからレイトンが最後的な成果にいたったことをしめしている。これらの習作のうち、4点は裸体であり、そして1点はゆるやかな服をまとっている。[2]ゆるやかな服をまとっている人物が、いちばん生きているようには見えず、自然にたいする忠誠をとげるために裸のモデルをつかって描かねばならないレイトンの必要性を証明している。

『フレイミング・ジューン』は、いちばん、見てすぐにそれと判るレイトンの絵となっている。眠っている女性が着用している透明な生地は - それごしに彼女の右の乳首がはっきりと見える - レイトンの美術家的な偏愛を象徴しているが、この偏愛は呆然とさせるくらいに鮮やかな色と完璧に再現された大理石の周囲である。自然光もレイトンにとってかわらない重大関心事であり、そして、ここで彼は、背景における日没が熔けた金のように見えるのをゆるしている。[3]

プエルトリコに到着した状況編集

1963年、ルイス A. フェレ(Luis A. Ferré)は、- 著名なプエルトリコの産業経営者で政治家で、5年後にはプエルトリコの統治者にえらばれることになる - 自分が創設したポンセ美術館のために絵画と彫像を購入することにたずさわりながらヨーロッパを旅行中であったアムステルダムのギャラリーに滞在中に、彼とルネ・テーラー(René Taylor)は、かたすみで見捨てられた『フレイミング・ジューン』をみつけた。彼らは絵の美しさに印象づけられたようになり、そして所有者にそれについて訊ねた。

所有者は「だれもこの絵に関心をもっていないが、これはあまりに流行おくれであるとみなされているからだ」と言った。しかし彼は「もしフェレがこれに関心をもっているならば1000ドルでいい」とつけくわえた。フェレは、これは高いとかんがえたけれども、彼らは、フェレが絵の代金を電送するという協定をむすんだ。その男性は他の誰にもこれを売らないと約束した。

この産業経営者の息子であるアントニオ・ルイス・フェレ(Antonio Luis Ferré)は幾年ものちに「父はギャラリー所有者が約束を守らないのではないかと心配して眠らない夜をすごした」とのべた。[4]フェレは午前に、彼に電話をかけ、金銭が電送されることを彼に保証し、そして約束を守るように彼にたのんだ - ほかの人々がすでにギャラリーに行き、そして絵を気に入っていたけれども、彼は約束をまもった。

かくして『フレイミング・ジューン』は、ポンス美術館まで旅をし、そして目立つように展示された。後年、これはヴィクトリア朝美術にたいする関心の復活とともに世界じゅうの重要な展覧会に貸し付けられた。『フレイミング・ジューン』は、2008年にマドリード、プラドで、そして2009年にドイツ、シュトゥットガルト州立美術館(Staatsgalerie Stuttgart)で展示された。

脚注編集

  1. ^ Cf. Leighton, Frederic: Flaming June (1895), article on The Independent dated 25 April 2008.
  2. ^ Cf. T. Barringer & E. Prettejohn, Frederic Leighton: Antiquity, Renaissance, Modernity, Yale University Press (1999), s.v. "Flaming June".
  3. ^ A. Weidinger, Magnificent Extravagance – Frederic, Lord Leighton's Flaming June 1894–95, Belvedere (2010), passim.
  4. ^ Antonio Luis Ferré, article in El Nuevo Día, 22 April 2001

参考文献編集

  • Barringer, Tim & Prettejohn, Elizabeth, Frederic Leighton: Antiquity, Renaissance, Modernity (Paul Mellon Center for Studies in British Art), Yale University Press (1999). ISBN 978-0-300-07937-1
  • Barrington, Russel, The Life, Letters and Work of Frederic Leighton, 2 Voll., BiblioBazaar (2010). ISBN 978-1-143-23340-1
  • Weidinger, Alfred, Magnificent Extravagance – Frederic, Lord Leighton's Flaming June 1894–95. Sleeping Beauty. Masterpieces of Victorian Painting from Museo de Arte de Ponce. Edited by Agnes Husslein-Arco and Alfred Weidinger. Belvedere, Vienna 2010. ISBN 978-3-901508-84-4

外部リンク編集