メインメニューを開く

フレスポみのぶは、山梨県南巨摩郡身延町飯富にあるショッピングセンター

フレスポみのぶ
Frespo Minobu
Selva-Minobu.jpg
核店舗であるセルバみのぶ店
2007年6月4日撮影
地図
店舗概要
所在地 山梨県南巨摩郡身延町飯富字宮ノ外2309-210
座標 北緯35度25分58.7秒 東経138度26分28.4秒 / 北緯35.432972度 東経138.441222度 / 35.432972; 138.441222座標: 北緯35度25分58.7秒 東経138度26分28.4秒 / 北緯35.432972度 東経138.441222度 / 35.432972; 138.441222
開業日 2005年(平成17年)8月29日
正式名称 フレスポみのぶ
施設所有者 大和リース
延床面積 3,971[1]
商業施設面積 3,079[1]
中核店舗 セルバみのぶ店
店舗数 5店舗(有人店舗数)
営業時間 9時~21時(一部店舗で異なる)
駐車台数 180[1]
駐輪台数 32台
Frespo

目次

概要編集

大和リースが開発・管理・運営を行っている「フレスポ」の一拠点として国道52号沿いに2005年8月29日にオープンした。

身延町内には身延駅から北へ徒歩10分のところに身延ショッピングセンターCOMAが存在したが経営難で規模が縮小しており、また2004年に旧身延町・中富町西八代郡下部町が合併し現身延町が誕生した際旧中富町および旧下部町からは距離があるという難点があった。フレスポみのぶがある飯富地区は国道52号が通るだけでなく現身延町の丁度中央部分にあり、旧中富町および旧下部町からも買い物がしやすいよう配慮されている。なお、身延ショッピングセンターCOMAは2008年7月に閉鎖され現存しない。

店舗ごとに建物が独立するオープンモール形式のネイバーフッド型ショッピングセンターとなっており、スーパーや薬店、携帯販売店など商圏での日用品を扱う店舗が揃っている。

店舗一覧編集

周辺編集

フレスポみのぶ周辺には病院(飯富病院)、コメリローソンがある。コメリはフレスポみのぶに隣接しているが、フレスポみのぶの看板には記されていないため含まれない。

交通アクセスについて国道52号沿いであることから飯富地区以外からの場合自動車または自転車での来訪を目的に設置されているが、身延線の各駅(身延駅、波高島駅下部温泉駅鰍沢口駅)から身延町営バスが出ており、フレスポみのぶの最寄である飯富ふれあいセンターバス停を通過する。また、早川町乗合バスの飯富ふれあいセンターバス停や中央高速バス身延線の飯富バス停も近くにあり、前者は西山温泉南アルプス登山の拠点である奈良田温泉、後者はバスタ新宿まで直接向かうことも可能である。但し身延町営バスは日休日と年末年始、早川町乗合バスは年末年始は運休となる(中央高速バスは毎日運行)

最寄駅は波高島駅であるが、身延町営バスを使用せず徒歩で向かう場合富士川および早川を渡り40分程度(1km15分換算)を要する。

ロケ地編集

あfろによる漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ『ゆるキャン△』に、フレスポみのぶをモチーフとした商業施設が登場しており[2]、主要登場人物が買い物をしたり、アルバイトしたりする場面が幾度か描かれている。

脚注編集

  1. ^ a b c “6月にも建築着工/「フレスポみのぶ」/大和工商リース”. 日本工業経済新聞. (2005年4月23日). https://www.nikoukei.co.jp/kijidetail/00035551 2018年2月4日閲覧。 
  2. ^ アニメ「ゆるキャン△」第三話で登場したモデル地”. 富士の国やまなし観光協会 アニメ「ゆるキャン△」特設ページ. 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年2月4日閲覧。