メインメニューを開く

フレッシュ三人娘(フレッシュさんにんむすめ)は、1977年にデビューした女性アイドル歌手、榊原郁恵清水由貴子高田みづえ(歌手デビュー順)の3人を指す。同年3月に「花の中三トリオ[1](1973年度~1976年度、森昌子桜田淳子山口百恵)が高校卒業時の1977年3月に解散したため、その後継として期待された。しかし当三人娘は、わずか1年ほどで自然消滅的に解散した。

メンバー編集

榊原郁恵編集

清水由貴子編集

  • デビュー前の愛称: シミチョロ
  • デビュー後の愛称: ユッコ
  • キャッチフレーズ: 「ほほえみスイング まこごろハミング」
  • 本名: 清水由貴子
  • 生年月日: 1959年9月7日
  • 没年月日: 2009年4月20日(享年49)
  • 血液型: A型
  • 配偶者: なし(未婚)
  • 子供: なし
  • 1976年、日本テレビのオーディション番組『スター誕生!』に出場。決戦大会で最優秀賞(グランドチャンピオン)になる。1977年3月1日お元気ですか」で歌手デビュー。『NHK紅白歌合戦』の出場はなし。

高田みづえ編集

  • デビュー前の愛称: ミーコ
  • デビュー後の愛称: なし
  • キャッチフレーズ: 「超えてる16歳」
  • 本名: 高田みづえ→日高みづえ
  • 生年月日: 1960年6月23日
  • 血液型: A型
  • 配偶者: 現二所ノ関親方の若嶋津六夫(本名:日高六男)
  • 子供: 長男・勝信(元俳優)と長女・アイリ(タレント)
  • 1976年、フジテレビ系列オーディション番組『君こそスターだ!』に出場、第18回グランドチャンピオンになる。1977年3月25日硝子坂」で歌手デビュー。同年に「硝子坂」で『NHK紅白歌合戦』に初出場、通算7回出場。

概要編集

芸能雑誌『明星』が1977年7月号で「フレッシュ3人娘!」と銘打って、3人の特集を組んだ。先代の「三人娘(ジャンケン娘)」「スパーク3人娘」「花の中三トリオ」などのように、揃って映画やドラマに出演する機会[2]はなく、歌番組も新人賞レース以外での3人が揃う番組が少なく、同期の歌手仲間かつライバル、という趣きが強い。

新人賞レース以外で3人が揃って出る歌番組は、『第3回 ヤング・歌の祭典』[3]NHK、1977年5月5日放送)、『歌のグランド・ショー―9月芸能10大ニュース ―アイドルに何が起きたか―』[4](NHK、1977年9月28日放送)、『第5回 オールスター寒中水泳大会』(フジテレビ、1978年2月7日放送)、『第8回 オールスターものまね王座決定戦[5](フジテレビ、1978年4月11日放送)などがある。

1年が経過した1978年春頃から知名度が低くなり、3人全てが番組で共演することはほとんどなくなった。代わりに番組俗称ではあるが、1979年代の『NTV紅白歌のベストテン』において榊原郁恵大場久美子石野真子が「新3人娘」と呼ばれた時期もあった。

脚注編集

  1. ^ のち高校進学時には「花の高一トリオ」(1974年度)、「花の高二トリオ」(1975年度)、「花の高三トリオ」(1976年度)と、それぞれ呼び方を変えている。
  2. ^ 三人娘による映画『ジャンケン娘』(1955年公開)、スパーク3人娘による『ハイハイ3人娘』(1963年公開)、花の中三トリオが高校2年生時の『花の高2トリオ 初恋時代』(1975年公開)など。
  3. ^ 第3回 ヤング・歌の祭典 NHKアーカイブス
  4. ^ 歌のグランド・ショー―アイドルに何が起きたか― NHKアーカイブス
  5. ^ 第8回 オールスターものまね王座決定戦ものまね王座決定戦データベース

関連項目編集