メインメニューを開く

フレッシュ9時半!キダ・タローです

フレッシュ9時半!キダ・タローです(フレッシュくじはんキダタローです)は、朝日放送ラジオ1973年6月-1989年3月に放送された、ラジオのワイド番組である。タイトルのとおり平日9:30~11:00に生放送された。

フレッシュ9時半!キダ・タローです
ジャンル ワイド番組
放送方式 生放送
放送期間 1973年6月-1989年3月
放送時間 平日9:30-11:00
放送局 朝日放送ラジオ
パーソナリティ キダ・タロー
テーマ曲 Dear Hearts And Gentle People(ダイナ・ショア
特記事項:
1989年4月-1990年3月は「タローのYOU・遊スタジオ」とタイトルを変更し、9:00-11:00の放送になる。
テンプレートを表示

番組は作曲家・タレントとして知られる「浪速のモーツァルト」・キダ・タローが毎日ゲストを迎えてのトークセッションを繰り広げるという番組だった。風蓮湖北海道)など遠距離からの大型中継企画も多く、人気を博した。時にはスタジオで効果音を使った偽の中継をし、放送終了間近に「今日の中継はうそでした」とリスナーを煙に巻くこともよくあった。リスナーも慣れ、キダの巧妙な話術と共に、嘘か真実かをも併せて楽しむ人気の企画になっていた。

後期(1989年4月~90年3月)は「おはようパーソナリティ道上洋三です」の放送時間が6:30-9:00になったのに伴い、9:00~11:00の放送となり、題名も「タローのYOU・遊スタジオ」に変更された。

この番組には1985年2月5日に開かれた大和田正春との試合でのノックアウト負けの後、初めて赤井英和がマスコミ出演している。それまでにもは何度かボクサーとして電話出演している。

また笑福亭鶴瓶との「鶴瓶のアホ」「キダタローのアホ」の掛合いは、予定調和の無いものであった。これを機にキダは声を張る芸を確立していく。

番組テーマ曲はダイナ・ショアの『Dear Hearts And Gentle People』だった。番組スタッフは当初、作曲家であるキダ自らが番組テーマ曲を作曲するよう勧めたというが、キダは「自分には作れない」としてこの曲を出して採用された[1]

備考編集

  • ウルトラマンタロウ』の主題歌のサビ部分が、『タローのYOU・遊スタジオ』と改題するまで番組のジングルとして使用されていた(タローつながり)。
  • 新聞のラジオ欄では、単に『キダ・タローです』と紹介されていた[2]
  • 本番組の放送のほとんどの回を夫人の木田美千代が自宅にて90分のカセットテープに録音していた。後にその音源をもとにした当時の放送をABCラジオの他の番組にて放送したこともある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』2010年11月11日放送にキダ・タロー本人がゲスト出演して証言。
  2. ^ (『タローのYOU・遊スタジオ』と改題された)1989年4月以降の対応については不明


朝日放送ラジオ 平日午前中
前番組 番組名 次番組
-
フレッシュ9時半!キダ・タローです(1973年6月-1989年3月)

タローのYOU・遊スタジオ(1989年4月-1990年3月)
ナイス9 長沢彰彦です(1990年4月-1991年10月)