フレッド・シルバーマン

フレッド・シルバーマン(Fred Silverman 1937年9月13日 - 2020年1月30日)は、アメリカ合衆国実業家。当時のアメリカ三大テレビ局を副社長、社長として渡り歩き、高視聴率番組を作り上げた。

経歴編集

1937年、ニューヨーク市で生まれる。父親はテレビジョンの修理業者で、母親は主婦であった。その後。クイーンズ州レゴパークに移り育ち、高校を卒業。シラキュース大学学士号をオハイオ州立大学で修士号を取得した。 1963年にCBSテレビに就職、すぐさま番組づくりで頭角を現し「ペリー・メイスン」シリーズをヒットさせ[1]編成担当副社長にまで出世した。

すると同業のABCテレビがシルバーマンの高視聴率を獲得する能力を見込んだヘッドハンティングして移籍、ABCテレビでは娯楽部門社長としてモントリオールオリンピック独占中継権を獲得したほか、「ルーツ」、「チャーリーズ・エンジェル」などのテレビドラマをヒットさせて、視聴率競争で3位だったABCテレビを1位に引き揚げる功績をあげた[2]

1978年6月、ABCテレビとの契約が切れると視聴率低迷にあえいでいたNBCテレビに移籍。NBCでは1979年から「ミセス・コロンボ」、「原子力超特急スーパートレイン」を送り出すものの大失敗に終わる。1981年にNBCテレビを離れると、独自の番組制作会社を設立しテレビ業界への影響力を保ち続けた。2020年1月30日、癌のためロサンゼルスの自宅で死去。82歳。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 弁護士 ペリー・メイスン シーズン7 DVD-BOX Vol.2 全4枚”. NHKスクエア. 2021年5月9日閲覧。
  2. ^ 米三大テレビ総なめ 視聴率をあげる天災 ついにNBC社長へ『朝日新聞』1978年(昭和53年)1月21日夕刊、3版、9面