フレッド・ペントランド

フレデリック・"フレッド"・ビーコンスフィールド・ペントランドFrederick "Fred" Beaconsfield Pentland1883年7月23日 - 1962年3月16日)は、イングランドウルヴァーハンプトン出身の元サッカー選手、元サッカー指導者。ポジションはフォワード

フレッド・ペントランド Football pictogram.svg
Fredbpentlandengland1909.jpg
イングランド代表でのペントランド
名前
本名 フレデリック・ビーコンスフィールド・ペントランド
Frederick Beaconsfield Pentland
ラテン文字 Fred Pentland
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1883-07-29) 1883年7月29日
出身地 ウルヴァーハンプトン
没年月日 (1962-03-16) 1962年3月16日(78歳没)
選手情報
ポジション FW
ユース
1898-1899 イングランドの旗 アヴォンデール・ジュニアーズ
1899-1900 イングランドの旗 ウィルンホールFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1900-1903 イングランドの旗 スモール・ヘス 0 (0)
1903 イングランドの旗 ブラックプール 8 (5)
1903-1906 イングランドの旗 ブラックバーン・ローヴァーズ 51 (9)
1906-1907 イングランドの旗 ブレントフォード 36 (12)
1907-1908 イングランドの旗 QPR 37 (14)
1908-1912 イングランドの旗 ミドルズブラ 92 (11)
1912-1913 イングランドの旗 ハリフォックス・タウン
1913 イングランドの旗 ストーク 12 (6)
1913-1914 イングランドの旗 ハリフォックス・タウン
通算 200 (45)
代表歴
1909 イングランドの旗 イングランド 5 (0)
監督歴
1914 ドイツの旗 ドイツ代表 (オリンピック)
1919 フランスの旗 ASストラスブール
1920 フランスの旗 フランス代表
1920-1921 スペインの旗 ラシン・サンタンデール
1922-1925 スペインの旗 アスレティック・ビルバオ
1925-1926 スペインの旗 アトレティコ・マドリード
1926-1927 スペインの旗 レアル・オビエド
1927-1929 スペインの旗 アトレティコ・マドリード
1929-1933 スペインの旗 アスレティック・ビルバオ
1934-1935 スペインの旗 アトレティコ・マドリード
1938-1940 イングランドの旗 バロー
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

選手経歴編集

ペントランドはアヴォンデール・ジュニアーズとウィルンホールAFCを経て1900年8月、17歳で当時2部リーグに在籍していたスモール・ヘスに加入した[1][2]。加入後は主にバーミンガム地域リーグに参加していたスモール・ヘスのリザーブチームでプレーし[3]、1900-01シーズンにスモール・ヘスが1部リーグに昇格すると、構想外の扱いを受けた[4][5]。しかし、トップチームにはFAカップポーツマスFC戦で1試合のみ出場している[4][6]。それでも出場機会が少なかったことから、1903年にブラックプールFCへと移籍した[5]

ブラックプールではセンターフォワードとしてプレーし、得点能力が開花した。加入後4試合で5ゴールを決め[7]、1903年10月28日、ブラックバーン・ローヴァーズFCへの完全移籍が決まった[8]。ブラックバーンでは約2年半の在籍で、51試合に出場し、9ゴールを挙げた[9]。しかし、クラブが期待した成績は残せず、1905-06シーズン終了時に移籍リストに挙がったが、買い手が見つからず、当時サザンフットボールリーグに所属していたブレントフォードFCにフリーで引き取られた[10]

ブレントフォードでは、チームの得点源として活躍し、リーグ戦においては2試合を除く全ての試合に出場し、12ゴールを記録[11]。クラブもリーグ中位でのフィニッシュに落ち着いた。シーズン終了後、同じくサザンフットボールリーグに所属していたクイーンズ・パーク・レンジャーズFCに移籍し、ここではキャリアハイとなる14ゴールを挙げるも、前所属のブレントフォードより下の順位でシーズンを終えた[12]。1908年6月、フットボールリーグのミドルズブラFCに移籍した[13]。移籍金は500ポンドであり、ブラックバーンには150ポンド、QPRには350ポンドが支払われた[10]。1シーズン目はアルフ・コモンスティーブ・ブルーマーらとともにプレーし[14]、1部リーグ9位フィニッシュに貢献した[15]。このシーズン中にイングランド代表に初選出され、同代表の顔ビビアン・ウッドワードの1列下でプレーした。このシーズンだけでイングランド代表5キャップを稼ぎ、今後も招集されるだろうと予想されたが[15]、ミドルズブラにて1911年のトレーニング中にトレーニングを拒否し、クラブの怒りを買って放出された[16]

1912年8月、ミッドランド・リーグのハリフォックス・タウンAFCに加入した[17]。ハリフォックスでは選手兼監督として活動し[18]、シーズンのクラブトップスコアラーに輝くも[19]、クラブの財政難を理由にシーズン終了後にストーク・シティFCへと売却された[18]。ストークには半年ほど在籍し、すぐにハリフォックスへと復帰したものの[19]、負傷による影響で現役を引退した。

監督経歴編集

ドイツでの捕虜生活編集

現役引退後の1914年、ドイツ代表で指揮を執るため、渡独した[1]。しかし、渡独後すぐに第一次世界大戦が開戦し、ルーレベンにある収容所に囚われた。収容所には4000人から5,500人ほどの収容者がおり、ペントランドの影響もあってサッカーは数少ない娯楽の1つになった。収容者の内1,000人もの人が収容所内で独自に開催されたリーグ戦やカップ戦に参加し、ペントランド自身もこれに参加した。また、ペントランドは収容者向けに専用のサッカー雑誌を出版した[20][21][22]

この収容所にはペントランド以外にも、数人の元サッカー選手がおり、イングランド代表でチームメイトだったスティーブ・ブルーマーや元スコットランド代表ジョン・キャメロンらがいた。1914年5月2日、収容所の一大イベントとしてイングランド選抜対世界選抜が行われた。イングランド選抜にはブルーマーを筆頭としてペントランドも出場し、世界選抜にはキャメロンがキャプテンとなり、元ドイツ代表の選手が3人出場した。この後の試合にはフランス選抜、ベルギー選抜なども作られた[21][22]。ペントランドは世界大戦終了まで収容所にとどまり、戦争が終結するとイングランドに帰国した。また、収容中に看護師のナフニーン・ヘイズと出会い、1923年に結婚した[1][23]

フランス代表での指揮編集

1919年、ASストラスブールにて監督を務めた後[24]、1920年のアントワープオリンピックに出場するフランス代表の監督に就任した。フランス代表はベスト8のイタリア代表戦から出場し、イタリア代表を3-1で下したが、ベスト4のチェコスロバキア代表戦に1-4で敗戦した。その後行われた順位決定戦にフランスは出場しなかったため、フランス代表は4位という扱いになった[23][25]

スペイン監督時代編集

1920年、ラシン・サンタンデールの監督に就任すると、わずか1シーズンでアスレティック・ビルバオに引き抜かれた[26]。アスレティック・ビルバオでは、クラブにショートパスサッカーの概念を植え付け[27]、1923年にはコパ・デル・レイ優勝に導いた。1925年にはアトレティコ・マドリードへ移り、1926年のコパ・デル・レイ決勝進出に貢献した。アトレティコ・マドリードを1シーズン率いた後、レアル・オビエドの指揮を1シーズンだけ執り、再びアトレティコ・マドリードに復帰し、記念すべきラ・リーガ1シーズン目を指揮した[26][28]。1929年5月にはスペイン代表のアシスタントコーチに就任し、2ヶ月後に行われたイングランド戦の4-3での勝利に一役勝った。これにより、スペインはイギリスのカントリー以外で初めてイングランド代表を破った国となった[23][29]

1929年にアスレティック・ビルバオへ復帰するとそのシーズンのラ・リーガ制覇とコパ・デル・レイ制覇の国内2冠を成し遂げた。1930年から1933年の間に4回ものコパ・デル・レイ決勝進出、1932年から1933年の2度のラ・リーガ準優勝など、アスレティック・ビルバオのスペインでの地位を固めた[28][30][31]。1931年にはFCバルセロナを12-1で破っているが、これはいまだにバルセロナのワースト記録である[26]。1933年には再度アトレティコ・マドリードに復帰するが、スペイン内戦の影響でイングランドへ帰国した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d Fred Pentland”. England Football Online (2016年2月21日). 2016年4月11日閲覧。
  2. ^ Pentland Fred Image 1 Middlesbrough 1910” (英語). Vintage Footballers. 2018年12月24日閲覧。
  3. ^ “Birmingham and District League. Druids v. Small Heath Reserves”. Wrexham Advertiser: p. 3. (1900年9月29日). http://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000496/19000929/008/0003 
  4. ^ a b Matthews, Tony (1995). Birmingham City: A Complete Record. Derby: Breedon Books. p. 116. ISBN 978-1-85983-010-9 
  5. ^ a b “Sporting Notes”. Nottingham Evening Post: p. 6. (1903年6月6日). http://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000321/19030606/095/0006. "Pentland is a forward and half-back of some promise, but he never had much chance with Small Heath, it being thought that the club were possessed of more experienced men." 
  6. ^ “The English Cup fight. Great match at Fratton Park. Heathens beaten”. Evening News (Portsmouth): p. 6. (1901年12月16日). http://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000290/19011216/061/0006 
  7. ^ “Burnley v. Blackpool”. Derby Daily Telegraph: p. 3. (1903年10月19日). http://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000327/19031019/034/0003 
  8. ^ Untitled. Lancashire Daily Post: p. 5. (1903年10月29日). http://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000711/19031029/113/0005 
  9. ^ Joyce, Michael (2004). Football League Players' Records 1888 to 1939. Nottingham: SoccerData. p. 206. ISBN 978-1-899468-67-6 
  10. ^ a b “Football. The result of the Kingaby case. Still a bad system”. Daily News (London): p. 8. (1912年3月28日). http://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000051/19120328/146/0008 
  11. ^ “Southern League. This year's Park Rangers”. Daily Express (London): p. 6. (1907年9月3日) 
  12. ^ Westerberg, Kenneth. “1907/08   (Microsoft Excelの.xls)”. QPRnet.com. Ron Norris. 2018年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月11日閲覧。
  13. ^ “Sporting paragraphs”. Nottingham Evening Post: p. 8. (1908年6月18日). http://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000321/19080618/073/0008 
  14. ^ Maddison, Lee (2014年8月3日). “A History of Boro in 50 Objects: Fred Pentland's international cap (1909)”. The Gazette (Middlesbrough). http://www.gazettelive.co.uk/news/nostalgia/boro-objects-fred-pentland-international-7432779 2016年4月11日閲覧。 
  15. ^ a b Middlesbrough”. Football Club History Database. Richard Rundle. 2016年4月11日閲覧。
  16. ^ Frederick Beaconsfield Pentland: Club stats”. 11v11.com. AFS Enterprises. 2016年4月11日閲覧。
  17. ^ “Preparing for football. Halifax Town greatly strengthened”. Yorkshire Evening Post: p. 6. (1912年8月24日). http://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000273/19120824/160/0006 
  18. ^ a b “Football”. Evening News (Portsmouth): p. 5. (1913年2月7日). http://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000290/19130207/124/0005 
  19. ^ a b “Sporting Paragraphs”. Nottingham Evening Post: p. 10. (1913年12月19日). http://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000321/19131219/090/0010 
  20. ^ Prisoners O–P”. The Ruhleben Story. Chris Paton. 2016年4月12日閲覧。
  21. ^ a b Wilson, Jonathan (2013). Inverting the Pyramid: the History of Soccer Tactics. New York: Nation Books. ISBN 978-1-56858-963-3. https://books.google.com/books?id=AaAPAAAAQBAJ&pg=PT62 
  22. ^ a b Ronay, Barney (December 2011). “The Bomb and the Bowler Hat”. The Blizzard (Sunderland: A19 Media) (3): 102–109. 
  23. ^ a b c Wilson, Jonathan (2010). The Anatomy of England: a History in Ten Matches. London: Orion Books. ISBN 978-1-4091-1364-5. https://books.google.com/books?id=41Xw_-WeSJ0C&pg=PT28 
  24. ^ Various authors: 100 ans de football en Alsace", Strasbourg 2002, vol. I, p. 23.
  25. ^ Stokkermans, Karel (2015年11月5日). “VII. Olympiad Antwerp 1920 Football Tournament”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation (RSSSF). 2016年4月12日閲覧。
  26. ^ a b c Ball, Phil (March 2001). “Passing through: In an edited extract from his new book, Morbo, Phil Ball explains how Spain owes its patient style of football to an Englishman, Fred Pentland”. When Saturday Comes (169). http://www.wsc.co.uk/the-archive/923-Europe/3369-passing-through 2016年4月12日閲覧。. 
  27. ^ Unwin, Will (2012年3月15日). “Welcome to Spain's old English outpost”. The Independent (London). https://www.independent.co.uk/sport/football/european/welcome-to-spains-old-english-outpost-7569163.html 2018年1月20日閲覧。 
  28. ^ a b Coaches: Frederick Pentland”. Athletic Club. 2018年1月20日閲覧。
  29. ^ Wilson, Jonathan (2009年5月14日). “The Forgotten Story of ... Spain 4–3 England”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/sport/blog/2009/may/14/england-first-defeat-continental-spain 2016年4月12日閲覧。 
  30. ^ History: 1928–1937”. Athletic Club. 2016年4月12日閲覧。
  31. ^ Radnedge, Keir (1977年8月). “The history of Athletic Bilbao 1898–1936”. 2018年1月20日閲覧。

外部リンク編集