メインメニューを開く

フレデリク5世 (デンマーク王)

生涯編集

1723年、当時はまだ王太子であったクリスチャン6世ホーエンツォレルン家傍系のソフィー・マグダレーネ王妃の息子。1730年に祖父のフレデリク4世が亡くなると王太子になり、1746年にクリスチャン6世が亡くなると王になった。

フレデリク5世の個人的な影響は限られたものであった。彼はアルコール依存症だと指摘され、統治のほとんどは有能な大臣であるエーダム・ゴトロプ・モルトケヨハン・ハルトヴィヒ・エルンスト・フォン・ベルンシュトルフとハインリヒ・カール・ヴォン・シメルマンによって行われた。彼らはデンマークがヨーロッパの戦争に巻き込まれることを拒んだ。その結果、間近でロシア帝国スウェーデンの戦争が行われていたにもかかわらず、デンマークは七年戦争の時も中立を維持した。

フレデリク5世は芸術に興味なかったが、抑圧的でもなく、その治世中にコペンハーゲン王立劇場王立デンマーク芸術アカデミー(Det Kongelige Danske Kunstakademi)を創設した。

1754年にデンマーク領西インド諸島デンマーク西インド会社英語版から購入した。

1760年に事故で足が怪我すると体がだんだん弱くなり、1766年に死去した。最後の言葉は「余にとって大いなる慰みは晩年において、けして何人もわがままに攻撃しなかったことと、余の掌に一滴の血が落ちなかったことである」であったという。死後はロスキレ大聖堂、ルイーズ王妃の傍に葬られた。

結婚と子女編集

フレデリク5世はイギリスジョージ2世キャロライン王妃の娘ルイーズと結婚した。2人は5人(うち1人は早世)の親となったが、ルイーズ王妃は1751年12月19日に死去した。

フレデリクは1752年にブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公フェルディナント・アルブレヒト2世の娘ユリアーネ・マリーと再婚し、間に息子を1人もうけた。

フレデリク5世はまた、エルゼ・ハンセンとの間に5人の隠し子をもうけた。

フレデリク5世の時代から100年のうちに、デンマークはオレンボー王家の男子が断絶する問題に直面し、これはデンマークとシュレースヴィヒ=ホルシュタイン公国に影響した。結局、曾孫フレデリク7世の代で王家の男子は絶え、女系の曾孫であるクリスチャン9世(同じく曾孫であるルイーゼ・フォン・ヘッセン=カッセルと結婚)が継承した。

先代:
クリスチャン6世
デンマーク王ノルウェー王
1746年 - 1766年
次代:
クリスチャン7世
先代:
クリスチャン6世
シュレースヴィヒ公
1746年 - 1766年
次代:
クリスチャン7世
先代:
クリスチャン6世
カール・ペーター・ウルリヒ
ホルシュタイン公
1746年 - 1766年
同職:カール・ペーター・ウルリヒ 1746年 - 1762年
パウル 1762年 - 1766年
次代:
クリスチャン7世
パウル
先代:
クリスチャン6世
オルデンブルク伯
1746年 - 1766年
次代:
クリスチャン7世