メインメニューを開く

フレデリック・アンツFrédéric Hantz, 1966年3月30日 - )は、フランスロデーズ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー

フレデリック・アンツ Football pictogram.svg
名前
本名 Frédéric Hantz
カタカナ フレデリック・アンツ
ラテン文字 Frédéric HANTZ
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1966-03-30) 1966年3月30日(53歳)
出身地 Blason ville france Rodez.svg ロデーズ
身長 178cm
体重 74kg
選手情報
ポジション MF
ユース
1980-1982 フランスの旗 ロデーズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1987 フランスの旗 ロデーズ 61 (2)
1987-1988 フランスの旗 オーリヤックフランス語版
1988-1989 フランスの旗 クレルモン 25 (2)
1989-1992 フランスの旗 イストル 86 (9)
1992-1993 フランスの旗 メス 28 (0)
1993-1996 フランスの旗 ニース 71 (5)
1995-1997 フランスの旗 シャモア・ニオール 25 (2)
1997-1998 フランスの旗 ロデーズ 22 (2)
通算 318 (22)
監督歴
1998-2001 フランスの旗 ロデーズ
2002-2004 フランスの旗 ブリーヴフランス語版
2004-2007 フランスの旗 ル・マン
2007 フランスの旗 ソショー
2008-2009 フランスの旗 ル・アーヴル
2010-2014 フランスの旗 バスティア
2016-2017 フランスの旗 モンペリエ
2017-2018 フランスの旗 FCメス
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

現役時代はFCイストルFCメスOGCニースなどでプレー。引退後は生まれ故郷でもあり、選手としても所属したロデーズAFにて、32歳の若さで監督としてのキャリアをスタートさせた。

2004年12月、当時リーグ・ドゥ(2部)に所属していたル・マンUCの監督に就任すると、同シーズンに昇格へと導く。リーグ・アンでもその手腕は発揮され、昇格間もないル・マンを一時はUEFAカップ出場枠圏内を争うまで順位を押し上げ、その結果リーグ最優秀監督候補にもノミネートされた。

2006-2007シーズン、2シーズン続けてル・マンを中位に留まらせた実力が評価され、シーズン終了後FCソショーの監督に就任したが、2007年12月、成績不振により解任された。

練習にダンスを取り入れる、試合と同時刻の夜間に練習するなど、従来の発想に囚われないユニークな指導法が彼の特徴である。選手に対して時に辛辣なコメントを放ち、さらには下部リーグでプレーさせる等厳しさを見せるが、松井大輔がル・マン残留の条件として彼の続投を挙げるなど、選手からの信頼も大きいことが窺い知れる。

2008年12月ル・アーヴルACの監督に就任。2010年からはSCバスティアで指揮をとっていたが、2014年をもって退任。2016年1月26日、モンペリエHSCの指揮官の座に就いた[1]

所属クラブ編集

指導歴編集

タイトル編集

指導者
  バスティア

脚注編集

  1. ^ Frédéric Hantz à Montpellier, c'est officiel”. L'Équipe (2016年1月26日). 2016年5月15日閲覧。

外部リンク編集