メインメニューを開く

フレデリック・オーペン・バウワー

イギリスの植物学者
Frederick Orpen Bower

フレデリック・オーペン・バウワー(Frederick Orpen Bower, 1855年11月4日 - 1948年4月11日)はイギリス植物学者である。

生涯編集

ヨークシャー州のリポン (Ripon) で生まれた。ケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジを卒業した後、ドイツのヴュルツブルク大学ユリウス・フォン・ザックスに学び、ストラスブール大学アントン・ド・バリーに学んだ。1880年から1885年の間、ロンドン大学トマス・ヘンリー・ハクスリーの助手を務め、1885年から1925年まで、グラスゴー大学の植物学のレジウス教授職に就任した。シダ類などの進化の初期段階の地上植物の生殖などの生活史や進化についての研究で業績をあげた。

1891年に王立協会フェローに選ばれ[1]、1909年にリンネ・メダルを受賞し、1938年に王立協会のダーウィン・メダルを受賞した[1]

著書編集

  • The Origin of a Land Flora. 1908.
  • The Ferns. 3 Bände, 1923–1928.
  • Size and Form in Plants. 1930.
  • Primitive Land Plants. 1935.

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Bower; Frederick Orpen (1855 - 1948)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2014年8月22日閲覧。

参考文献編集