メインメニューを開く

フレドリック・スタインカンプ

アメリカ合衆国の編集技師(1928年-2002年)

フレドリック・スタインカンプFredric Steinkamp1928年8月22日 - 2002年2月20日)は、アメリカ合衆国編集技師である。シドニー・ポラックとのコラボレーションで知られ、『ひとりぼっちの青春』(1969年)から『サブリナ』(1995年)までの作品にクレジットされている。

フレドリック・スタインカンプ
Fredric Steinkamp
本名 Fredric W. Steinkamp
生年月日 (1928-08-22) 1928年8月22日
没年月日 (2002-02-20) 2002年2月20日(73歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンタモニカ
職業 編集技師
活動期間 1960年 - 1995年
著名な家族 ウィリアム・スタインカンプ(息子)
テンプレートを表示

MGMスタジオの音響部門でキャリアが始まり、後にアドリアン・フェイザン英語版ラルフ・E・ウィンタースジョン・ダニング英語版ハロルド・F・クレスらの編集アシスタントとなる。クレスの推薦により『The Adventures of Huckleberry Finn』(1960年、マイケル・カーティス監督)の編集技師に抜擢され、初めてクレジットされた[1]。1980年からは息子のウィリアム・スタインカンプと共に編集の仕事を務める。1999年からはウィリアムのみがシドニー・ポラック作品の主要編集となり、ポラックが2005年に亡くなるまで続いた。

ジョン・フランケンハイマー監督の『グラン・プリ』(1966年)により、アカデミー編集賞を受賞した。他に、ポラック監督の『ひとりぼっちの青春』(1969年)、『コンドル』(1975年)、『トッツィー』(1982年)、『愛と哀しみの果て』(1985年)でも同賞にノミネートされた。

2001年にアメリカ映画編集者協会の生涯功労賞を受賞した。

参考文献編集

外部リンク編集