メインメニューを開く

フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争

フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争』(フレンチコネクションしじょうさいきょうのまやくせんそう、La French)は、2014年フランスベルギー犯罪映画

フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争
La French
監督 セドリック・ヒメネス
脚本 オードレイ・ディヴァン
セドリック・ヒメネス
製作 アラン・ゴールドマン
製作総指揮 マルク・ヴァドゥ
出演者 ジャン・デュジャルダン
ジル・ルルーシュ
音楽 ギヨーム・ルーセル
撮影 ローラン・タンギー
編集 ソフィー・レンヌ
製作会社 ゴーモン
フランス2
配給 フランスの旗 ゴーモン
公開 フランスの旗 2014年12月3日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 135分
製作国 フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー
言語 フランス語
製作費 €22,800,000[1][2]
興行収入 フランスの旗 $11,447,153[3]
テンプレートを表示

トルコからフランスを経由してアメリカに輸出されていたヘロインの密売ルート“フレンチコネクション”の摘発に尽力した実在の判事ピエール・ミシェルの闘いを描いた実録クライム映画。日本では第27回東京国際映画祭コンペティション部門で上映された(上映時のタイトルは『マルセイユ・コネクション』)のみで、劇場未公開[4]

目次

あらすじ編集

1975年マルセイユに異動してきた正義感の強い判事のピエール・ミシェルは、麻薬犯罪壊滅を目指す上層部の意向で重犯罪の担当を命じられる。これまで多くの麻薬被害者の子どもを見てきたミシェルはヘロインを世界的に密売する“フレンチコネクション“の摘発を決意、上司や妻の忠告にも耳を傾けずに突き進んでいく。

そしてミシェルは、組織を支配する麻薬王タニー・ザンパの存在を知り、彼を追い詰めようとするが、“フレンチコネクション“は一筋縄ではいかない相手であった。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ La French”. JP's Box-Office. 2014年4月12日閲覧。
  2. ^ Cannes: Jean Dujardin, Gilles Lellouche to Star in ‘La French’ (EXCLUSIVE)”. Variety. 2014年4月12日閲覧。
  3. ^ « La French », sur JP Box Office (consulté le 20 juillet 2015)
  4. ^ 第27回東京国際映画祭 - マルセイユ・コネクション

外部リンク編集