凸版印刷 > フレーベル館

株式会社フレーベル館(フレーベルかん、: FROEBEL-KAN CO., LTD.)は、東京都文京区にある児童書を中心とした日本の出版社である。凸版印刷グループに属している。

株式会社フレーベル館
FROEBEL-KAN CO., LTD.
Froebel-kan headquarters (2016-04-30) 1.jpg
本社(2016年4月)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
113-8611
東京都文京区本駒込6丁目14番9号
設立 1920年大正9年)11月27日
(創業は1907年明治40年)4月21日
業種 情報・通信業
法人番号 8010001007003 ウィキデータを編集
事業内容 児童書、保育書出版
保育用品・遊具の企画・開発・販売
代表者 吉川 隆樹(代表取締役社長
資本金 5,000万円
純利益 2億2900万円(2021年03月31日時点)[1]
総資産 82億2500万円(2021年03月31日時点)[1]
従業員数 407名
支店舗数 19(北海道支社・埼玉支社・千葉支社・東京支社・西東京支社・神奈川支社・山梨支店・新潟営業所・岐阜支店・名古屋支社・京都支社・大阪支社・神戸支店・姫路支店・岡山支店・広島支社・徳島支店・福岡支社・長崎支店)
決算期 3月31日
主要株主 凸版印刷 100%
外部リンク https://www.froebel-kan.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

児童書絵本、幼児教育の専門書などの出版で知られる。代表的な出版物は、『ウォーリーをさがせ!』、『キンダーブック』、やなせたかしアンパンマンシリーズ、稲吉紘実の『絵のない絵本 この星が絵でうめつくされたら』など。社名は、幼児教育の基礎を作ったドイツ人の教育者フリードリヒ・フレーベルを記念したもの[2]

幼児教育に関係した教育玩具、絵本、グッズのお店(えほんとおもちゃのお店)も直営している。

また「アンパンマン」オリジナル製品を数多くプロデュースし、全国の営業マン及び代理店を通じて販売している。

園児向けの画材ブランド「まんてんシリーズ」等を手がけ、すべての製品は国内の工場で生産している。

沿革編集

  • 1942年 - 『キンダーブック』を『ミクニノコドモ』に改名
  • 1944年1月 - 『ミクニノコドモ』休刊
  • 1946年8月 - 社名をフレーベル館に戻し、『キンダーブック』復刊
  • 2001年10月1日 - 公式ネットショップ開店(開店当時はオンラインモールサイトに委託していたが、2017年1月現在公式ネットショップは直営化している)。
  • 2018年1月13日 - 天皇・皇后が、文京区水道にある凸版印刷株式会社 印刷博物館にて開催されていた「キンダーブックの90年」展を見学するために来館。
  • 2018年10月6日7日 - 『それいけ!アンパンマン』テレビアニメシリーズ放送30周年・劇場版30作記念イベント東京公演が両国国技館にて開催。
  • 2019年1月4日5日 - 『それいけ!アンパンマン』テレビアニメシリーズ放送30周年・劇場版30作記念イベント大阪公演が大阪城ホールにて開催。

主な出版物編集

主な製品編集

  • 「まんてんシリーズ」
    • まんてんくれよん
    • まんてんぱすてら
    • まんてんカラー
  • キンダーマーカー
    • キンダーマーカーたふっこ
    • キンダーノンドライマーカー
  • フレーベル・デザイン・スタンダード
    • キンダーかがくミュージアム
    • キンダーアニマル
    • ototo(おとと)
    • フレーベルセレクトトイ
    • Yu-Mo(ゆーもー)
    • キンダークライム
    • なかよし
    • きほんのきっちん
    • スルスルペイントはじまるくん(サクラクレパスとの共同開発)
  • マイブロック
    • マイブロックパステル
    • マイブロックII

脚注編集

  1. ^ a b 株式会社フレーベル館 第124期決算公告
  2. ^ 同社Webサイト『会社案内』に社名の由来が記載されている。(2010-08-31閲覧)

関連項目編集

外部リンク編集