フローレンス・オーウェン・トンプソン

フローレンス・オーウェンス・トンプソンFlorence Owens Thompson、出生時フローレンス・レオナ・クリスティー(Florence Leona Christie)、1903年9月1日 - 1983年9月16日)は、世界恐慌のアイコニックなイメージ、ドロシア・ラングの有名な「出稼ぎ労働者の母」(Migrant Mother)(1936年)の被写体である。アメリカ議会図書館がこのイメージにつけたタイトルは「カリフォルニア州の貧窮したエンドウ摘み人ら。七子の母親。年齢三十二。カリフォルニア州ニンポ。」("Destitute pea pickers in California. Mother of seven children. Age thirty-two. Nipomo, California")である[1]である。

フローレンス・オーウェンス・トンプソン
Florence Owens Thompson
Lange-MigrantMother02.jpg
『出稼ぎ労働者の母』(Migrant Mother)
撮影:ドロシア・ラング1936年
生誕フローレンス・レオナ・クリスティー(Florence Leona Christie)
(1903-09-01) 1903年9月1日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オクラホマ州インディアン準州
死没1983年9月16日(1983-09-16)(80歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州スコッツバレー
墓地カリフォルニア州スタニスラウス郡ヒューソン英語版、レイクウッド・メモリアル・パーク
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業農業労働者
著名な実績ドロシア・ラングの写真
配偶者クレオ・オーウェンス(Cleo Owens)(1921年–1931年ころ)
ジム・ヒル(Jim Hill)(1933年-?)
ジョージ・B・トンプソン(George B. Thompson)(1952年–1974年)
非婚配偶者クレオ・オーウェンス
子供10人

伝記編集

フローレンス・オーウェンス・トンプソンは、1903年9月1日に、現在のオクラホマ州インディアン準州で、フローレンス・レオナ・クリスティー(Florence Leona Christie)として生まれた。両親ともにチェロキー族の子孫であった[2]。父ジャクソン・クリスティー(Jackson Christie)は、フローレンスが生まれる前に母メアリー・ジェーン・コッブ(Mary Jane Cobb)を捨てており、1905年春に母親はチャールズ・アクマン(Charles Akman)(チョクトー系)と再婚した。一家はインディアン準州の、ターレクゥア(Tahlequah)の外の小さな農場に住んでいた[3]

17歳のフローレンスは1921年2月14日に、ミズーリ州ストーン郡の23歳の農夫の息子クレオ・オーウェンス(Cleo Owens)と結婚した。ふたりはすぐに長女バイオレット(Violet)、つづいて次女ビオラ(Viola)、そして息子リロイ(トロイ)(Leroy (Troy))をもうけた[3]。一家はオーウェンスの他の親戚らとともに西にカリフォルニア州オロビルに移住し、そこで製材所やサクラメント・バレーの農場で働いた。1931年までに、夫クレオが結核のために死亡したとき、フローレンスは第6子を妊娠していた。フローレンスはそれから畑で、そしてレストランで働き、6子を養った[3]1933年に、フローレンスはもう1人の子をもうけ、しばらくの間オクラホマに戻り、その後、カリフォルニア州ベーカーズフィールドの北方にあるシャフター(Shafter, California)に移住して両親が加わった。そこでフローレンスはジム・ヒル(Jim Hill)と出会い、彼との間にさらに3子をもうけた。1930年代に、一家はカリフォルニアで、ときにはアリゾナで収穫につづいて、出稼ぎ農業労働者として働いた。フローレンスはのちに、最初の日光から、あまりに暗すぎて仕事ができなくなるときまで、400–500ポンド (180–230 kg)の綿を摘んだ時期を思い出した。彼女は言った「わたしは病院で働いていた。バーテンダーをした。料理人をした。畑で働いた。子供たちのために暮らしを立てるためになんでもを少ししました。」[4]

一家は1945年にカリフォルニア州モデストに定住した。第二次世界大戦のずっと後に、フローレンスは病院管理者ジョージ・トンプソン(George Thompson)と出会い、結婚した。この結婚は、彼女が以前に享受していたよりもはるかに大きな経済的安全を彼女にもたらした[3]

アイコニックな写真編集

1936年3月6日に、フローレンスと彼女の家族は、インペリアル・バレーでビートを摘んだ後、「そこでパジャロ・バレーのレタス畑の仕事がみつかればよいと望んでいた」("where they had hoped to find work in the lettuce fields of the Pajaro Valley")ワトソンビルに向かって国道101号を旅していた[3]。路上で、車の調時チェーンが音をたてて切れ、惰走してニポモ・メサ(Nipomo Mesa)のエンドウ豆摘み人キャンプのすぐ内側で止まった。彼らはそこにキャンプしている非常に多くの人々を見てぞっとした――2,500人ないし3,500人もの人々[3]。収穫人らに通知が送られてきていたが、作物は着氷雨(freezing rain)によって破壊されており、彼らには仕事も支払いも残されていなかった。数年後に、フローレンスはインタビュアーに、その日彼女が自分の子供らのために料理を作ったとき、別の子供らがエンドウ豆摘み人キャンプから現れて「一口食べてもいい?」と尋ねたと語った[5]

彼女のパートナーであったジム・ヒルとフローレンスの息子のうち2人が車を修理する部品を手に入れるために町なかに行ったとき[6]、フローレンスと何人かの子供は一時的なキャンプを設営した。フローレンスが待っていると、再定住局(Resettlement Administration)で働いていた写真家ドロシア・ラングが車で乗りつけ、フローレンスと彼女の家族との写真を撮り始めた。10分間で写真7葉を撮った[7]。再定住局に関するラングのフィールドノートは、通常は非常に徹底的であったが、この特定の日に、彼女は配属の1か月ののち急いで家に帰り、ネガのこの束とともに提出したノートは、彼女が撮った彼女と彼女の家族の写真7枚のいずれにも言及していない。このキャンプについて発行された新聞の記事は、のちに蒸留されてこのシリーズのキャプションになったようにおもわれ、これがアメリカ議会図書館のファイルカードの不正確さの説明になっている[8]

たとえば、ファイルカードの1つは次のようになる――[9]

貧窮したカリフォルニアのエンドウ豆摘み人ら。7子の32歳の母親。1936年2月[原文ノママ――3月]。(Destitute peapickers in California; a 32 year old mother of seven children. February [sic: March] 1936.)

23年後に、ラングはトンプソンとの出会いについて次のように書いている――[10]

わたしは彼女の名前や歴史を尋ねなかった。彼女は32歳だとわたしに言った。彼女は、彼らが周囲の畑からの冷凍野菜と子供たちが殺した鳥を常食としてきたと言った。彼女は食物を買うために車のタイヤを売ったばかりであった。(I did not ask her name or her history. She told me her age, that she was 32. She said that they had been living on frozen vegetables from the surrounding fields and birds that the children killed. She had just sold the tires from her car to buy food.)

トンプソンの息子の1人トロイ・オーウェンス(Troy Owens)は次のように述べている――[3]

タイヤを売るすべはありません、なぜなら売るものがなかったからです。わたしたちが持っていたのはハドソンのだけで、私たちはそれらで走り去りました。ドロシア・ラングは嘘をついていないとわたしは思います、彼女は話を混同していたと思うだけです。あるいは彼女は持っていなかったものを埋めるために借りていたのです。(There's no way we sold our tires, because we didn't have any to sell. The only ones we had were on the Hudson and we drove off in them. I don't believe Dorothea Lange was lying, I just think she had one story mixed up with another. Or she was borrowing to fill in what she didn't have.)

多くの点で、『出稼ぎ労働者の母』(Migrant Mother)は、ラングが被写体と相互作用する注意深い方法の典型ではない。彼女は長旅の後で疲労困憊して、出稼ぎ労働の女フローレンス・トンプソンと広範囲に話しかけず、そしてどんなメモも記録しなかったのかもしれない。

トンプソンによれば、ラングは写真が決して公開されないことを約束した。ラングはじっさいは、ワシントンDCの再定住局にそれらを送る前に、『サン・フランシスコ・ニューズ』(San Francisco News)に送った。『ニューズ』はすぐにそれら写真を掲載し、カリフォルニア州ニポモで2,500人ないし3,500人の出稼ぎ労働者が飢えていると報じた[11]。数日以内に、エンドウ豆摘み人キャンプは連邦政府から食物20,000ポンド (9,100 kg)を受け取った[11]。トンプソンと彼女の家族は、食べ物が到着するまでにすでに移動し[11]、カリフォルニア州ワトソンビルの近くで働いていた[3]

写真が撮られてから40年超の間、トンプソンの身元は知られていなかったが、それらイメージは有名になった。後に『出稼ぎ労働者の母』(Migrant Mother)として知られるようになったこのイメージは、「合衆国史のいち時代全体を、定義しないにしても、象徴して、神話上の地位に近づている」("achieved near mythical status, symbolizing, if not defining, an entire era in United States history")。ロイ・ストライカー(Roy Stryker)は、『出稼ぎ労働者の母』を大恐慌時代の「究極の」("ultimate")写真と呼んだ。「[ラングは]決してそれを超えなかった。わたしにとって、それが写真であった…。残りは素晴らしかったが、それは特別だった…。彼女は不滅である」("[Lange] never surpassed it. To me, it was the picture ... .The others were marvelous, but that was special ... .She is immortal." )全体として、再定住局のために撮影されたそれら写真は、「ドキュメンタリー写真の縮図として広く知られている」("have been widely heralded as the epitome of documentary photography")。エドワード・スタイケン(Edward Steichen)は、それらを「これまでに写真で描かれた中で最も注目に値する人間ドキュメント」("the most remarkable human documents ever rendered in pictures")と説明した。

トンプソンの身元は1970年代後半に発見された。1978年に、内報で動いて『Modesto Bee』記者エメット・コリガン(Emmett Corrigan)は、モデスト・モバイル・ビレッジのスペース24で(in Space 24 of the Modesto Mobile Village)彼女の移動住宅に彼女をつきとめ、42歳の写真から彼女だとわかった[12]。フローレンスはこう言ったと引用された、「彼女[ラング]がわたしの写真を撮らなければよかったのに。それからは一ペンスも取れない。彼女はわたしの名前を聞かなかった。写真を売るつもりはないと言った。わたしに一枚送ると言った。決してしなかった。」("I wish she [Lange] hadn't taken my picture. I can't get a penny out of it. She didn't ask my name. She said she wouldn't sell the pictures. She said she'd send me a copy. She never did.")[3]ラングはその写真を撮ったとき連邦政府から資金提供を受けていたためにそれら画像はパブリックドメインであり、ラングは使用料を受け取る権利はなかった。しかしながら、その写真はラングを有名人にするのに役立ち、彼女の「同僚からの尊敬」("respect from her colleagues")[13]を獲得した。

1938年に展示用に画像が準備されていたときに[14]、写真のネガはレタッチされ、画像の右下隅からフローレンスの親指が削除された[15]

『出稼ぎ労働者の母』の流通編集

1960年代後半に、ビル・ヘンドリー(Bill Hendrie)は、サンノゼ商工会議所のごみ箱で、オリジナルの『出稼ぎ労働者の母』の写真と、ドロシア・ラングによる他の31枚の未レタッチのビンテージ写真を見つけた[16]。ヘンドリーと彼の妻の死後、娘マリアン・タンカーズリー(Marian Tankersley)は両親のサンノゼの家をからにしながら写真を再発見した[16]2005年10月に、匿名の購入者がサザビーズで、再発見されたラングの写真32枚に296,000ドルを支払った――入札前の見積もりの6倍ちかく[16]

1998年に、『出稼ぎ労働者の母』のレタッチされた写真は、Celebrate the Centuryシリーズの1930年代分で32セントの米国郵政公社の郵便切手になった[17]。娘たち、キャサリン・マッキントッシュ(Katherine McIntosh)(切手の左側)とノーマ・リドレフスキー(Norma Rydlewski)(切手でトンプソンの両腕の中で)が印刷時に生きていたため、切手印刷は異例で、「郵政公社が、死後少なくとも10年間経過していない個人の切手を印刷するのは異例である」("It is very uncommon for the Postal Service to print stamps of individuals who have not been dead for at least 10 years.")[18]

同じ月に合衆国の切手が発行され、ラングの手書きのメモと署名が付いた写真1葉が1998年にサザビーズ・ニューヨークで244,500ドルで販売された[19]2002年11月、ドロシア・ラングの『出稼ぎ労働者の母』の個人的な版画は、クリスティーズのニューヨークで141,500ドルで販売された[11]

後半生、死亡、そして余波編集

トンプソンの子供10人は、1970年代にカリフォルニア州モデストで彼女に家を購入したが、トンプソンは自分が移動住宅に住むほうを好むことに気づき、それに戻った[20]

トンプソンは入院し、彼女の家族は1983年8月下旬に財政援助を求めた[21]9月までに、家族は彼女の医療費を支払うために35,000ドルの寄付を集めていた。フローレンスは1983年9月16日にカリフォルニア州スコッツバレーで「卒中、および心臓の疾患」("stroke, cancer and heart problems")で80歳で死亡した[22][23]。彼女はカリフォルニア州ヒューソンのレイクウッド記念公園に埋葬され、墓石には次のように書かれている[24]――

「フローレンス・レオナ・トンプソン 出稼ぎ労働者の母――アメリカの母性の強さの伝説。」("FLORENCE LEONA THOMPSON Migrant Mother – A Legend of the Strength of American Motherhood.")

CNNとの2008年のインタビューで、トンプソンの娘キャサリン・マッキントッシュは、母親が「非常に強い女性」("very strong lady")であり、「わたしたちの家族の背骨」("the backbone of our family")であったことを思い出した。彼女は、「わたしたちにはけっしてたくさんあったわけではありませんが、母はいつもわたしたちにはかならず何かがあるように手配しました。母が食べないことはときおりありましたが、子供たちはかならず食べるように手配しました。それは母がしたことのひとつです。」("We never had a lot, but she always made sure we had something. She didn't eat sometimes, but she made sure us children ate. That's one thing she did do.")[25]

息子トロイ・オーウェンスは、母親の医療基金への寄付とともに2,000通以上の手紙を受け取ったことが、写真の再評価につながったと述べた――「ママとわたしたちにとって、その写真はずっとちょっとした災いでした。結局なんといってもこんなに多くの手紙が届いて、それでわたしたちは自尊心を抱いたと思います。」("For Mama and us, the photo had always been a bit of [a] curse. After all those letters came in, I think it gave us a sense of pride")[3]

残りの写真6葉編集

ラングはその日写真7葉を撮り、最後は有名な『出稼ぎ労働者の母』である。以下は残りの写真6葉である。

脚注編集

  1. ^ Library of Congress Prints and Photographs Division. fsa1998021539/PP Accessed July 14, 2008.
  2. ^ James Estrin (2018年11月28日). “Unraveling the Mysteries of Dorothea Lange’s ‘Migrant Mother’”. The New York Times. 2019年11月20日閲覧。 “Ms. Thompson was not of European descent — as had been commonly assumed — but “a full-blooded Cherokee Indian” from Oklahoma”
  3. ^ a b c d e f g h i j Dunn, Geoffrey (2002年). “Photographic license”. New Times. オリジナルの2002年6月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20020602103656/http://www.newtimes-slo.com/archives/cov_stories_2002/cov_01172002.html 
  4. ^ Video featuring interview with Florence Thompson”. 2013年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月10日閲覧。
  5. ^ Florence Owen Thompson: audio from interview”. 2007年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月20日閲覧。
  6. ^ The Tribune (San Luis Obispo) (June 17, 2007) Dorothea Lange captured suffering of itinerant workers near Nipomo.
  7. ^ Dorothea Lange. "The Assignment I’ll Never Forget". Popular Photography 46, no. 2 (June 1960), pp. 42–43, 126.
  8. ^ Sarah Meister. Dorothea Lange: Migrant Mother. New York: The Museum of Modern Art, 2019.
  9. ^ Destitute pea pickers in California. Mother of seven children. Age thirty-two. Nipomo, California”. 2019年11月20日閲覧。
  10. ^ Dorothea Lange. “The Assignment I’ll Never Forget.” Popular Photography 46, no. 2 (June 1960), pp. 42–43, 126.
  11. ^ a b c d Schoettler, Carl (2002年11月12日). “A true picture of hard times. Photo of poverty sells for a stack of riches”. Daily Press (Virginia). http://articles.dailypress.com/2002-11-12/features/0211120007_1_migrant-worker-contemporary-dollars-migrant-mother-photograph 
  12. ^ King, Peter H. (October 18, 1998) The Fresno Bee One defiant family escapes poignant portrait of poverty. Section: Vision; Page F1.
  13. ^ Lucas, Dean. “Famous Pictures Magazine – Depression Mother”. 2012年7月12日閲覧。
  14. ^ James C. Curtis. Dorothea Lange, Migrant Mother, and the Culture of the Great Depression. Winterthur Portfolio, Vol. 21, No. 1. (Spring, 1986), pp. 1–20. (JSTOR). Accessed May 26, 2007.
  15. ^ Photo Gallery - Faces of Feminism”. Dorothea-Lange.org (2003年9月18日). 2007年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月26日閲覧。
  16. ^ a b c Neff, Cynthia. (October 20, 2005) The Tribune (San Luis Obispo) Face of hard times has a big payday. Dorothea Lange's famous 'Migrant Mother' Depression photograph, taken in Nipomo, and others collect almost $300,000 at auction.
  17. ^ Bennett, Lennie. (May 11, 2008) St. Petersburg Times A mother's strength knows no bounds. Archived June 6, 2008, at the Wayback Machine. Section: Latitudes; Page 2L.
  18. ^ Garchik, Leah. (October 6, 1998) San Francisco Chronicle Stamp honors ERA, not the people. Section: Daily datebook; Page B10. Ruby Sprague, who appears on the right in the stamp, had died of cancer before the stamp appeared.
  19. ^ Yi, Matthew. (November 22, 1998) Tulsa World Girl in famous Depression-era photo piqued. Section: News; page A11.
  20. ^ "Florence Thompson, 'Migrant Mother,' Dies". Los Angeles Times. September 17, 1983. Florence Thompson, whose pensive, languid face became a symbol of the Great Depression, died Friday - only weeks after her family issued a national plea for money to help defray her mounting medical [costs].
  21. ^ “An Appeal For A Face From The Depression.”. Associated Press in New York Times. (1983年8月24日). https://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F20A15F73C5C0C778EDDA10894DB484D81 2008年7月14日閲覧. "Decades after her careworn, resolute face became a symbol of the grinding poverty of the Depression, Florence Thompson's children are asking for help to save their mother's ebbing life. If I needed something for myself, I wouldn't make a public appeal, but this is for my mother, said one ..." 
  22. ^ “Florence Thompson, Symbol of Era”. United Press International. (1983年9月17日). "Florence Thompson, whose face was made famous in a 1936 photograph that became a haunting symbol of the suffering of millions during the Great Depression, died Friday. She was 80. Mrs. Thompson suffered from cancer and heart problems and recently suffered a stroke, said a nurse who helped care for her. Her family last month appealed for financial help to care for their mother, and drew hundreds of donations totalling $35,000." 
  23. ^ “Florence Thompson, 'Migrant Mother,' Dies”. Los Angeles Times. (1983年9月17日). "Florence Thompson, whose pensive, languid face became a symbol of the Great Depression, died Friday - only weeks after her family issued a national plea for money to help defray her mounting medical [costs]." 
  24. ^ Nici, John (2015). Famous Works of Art—And How They Got That Way. Rowman & Littlefield. p. 213. ISBN 9781442249554 
  25. ^ “Girl from iconic Great Depression photo: 'We were ashamed'”. CNN. (2008年12月3日). http://www.cnn.com/2008/LIVING/12/02/dustbowl.photo/index.html 2008年12月4日閲覧。 

外部リンク編集