フーゴ・フォン・ホーフマンスタール

フーゴ・ラウレンツ・アウグスト・ホーフマン・フォン・ホーフマンスタール(Hugo Laurenz August Hofmann von Hofmannsthal, 1874年2月1日 - 1929年7月15日)はオーストリア詩人作家劇作家ホフマンスタールとも表記される。ウィーン世紀末文化を代表する青年ウィーン英語版ドイツ語版(Jung-Wien)の一員であり、印象主義的な新ロマン主義の代表的作家。

フーゴ・フォン・ホーフマンスタール
Hugo von Hofmannsthal
Hugo von Hofmannsthal.jpg
ペンネーム ロリス(Loris)、テオフィル・モレン(Theophil Morren)など
誕生 1874年2月1日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svgオーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
死没 (1929-07-15) 1929年7月15日(55歳没)
 オーストリア、ウィーン
職業 詩人小説家劇作家
国籍  オーストリア
活動期間 1890-1929
ジャンル 詩、小説、脚本、詩論、随筆、批評
文学活動 青年ウィーン(Jung-Wien)
象徴主義印象主義
代表作 『チャンドス卿の手紙』(1902)
『薔薇の騎士』(1911)
『イェーダーマン』(1911)
配偶者 ゲルトルート・シュレジンガー
子供 フランツ
サイン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ホーフマンスタール家は、チェコ出身のユダヤ系の商人イザーク・レーフ・ホーフマン(フーゴの曽祖父)が貴族の称号を受け、地名風のホフマンの谷)を名乗るようになったことに始まる家系なので「ホーフマンシュタール」は誤り[注釈 1]

生涯編集

1874年、ウィーンの富裕な商家の家系に生まれる。父は銀行役員で,彼はその一人息子であった[1]。もともとユダヤ系の家系であったが、祖父はイタリア人の女性と、父はドイツの農家の女性と結婚しており、フーゴ自身にはユダヤ、イタリア、ドイツの血が流れている。祖父がミラノの伯爵の娘と結婚する前にカトリックに改宗していた[1]。彼は小学校には一度も通わず、幼年期から家庭教師がついてギリシアラテン文学を始め、中世ルネサンス文学にいたるヨーロッパの古典文学を学んだ[1]ギムナジウム時代から詩作を始め、早くも16歳の頃よりLorisTheophil Morrenなどの筆名を用いて戯曲や随筆を発表し文壇を驚かせた。このときのホーフマンスタールの詩について、ヘルマン・バールは詩の作者はてっきりフランス人か、さもなければ長い間パリで暮らした40代か50代のウィーン人だと思っていたので、まだ16歳である彼に会ったとき、衝撃を受けてほとんど言葉を失ったという[1]。また、アルトゥル・シュニッツラーも、同じころ彼に出会い、生涯初めて間違いなく天才だといえる人に遭遇したとシュテファン・ツヴァイクに語っている[1]。なお、シュニッツラーはホーフマンスタールよりも12歳も年上であったが、2人は出会った瞬間から不思議なほど気が合い、2人で一緒に自転車でイタリアやスイスまで長旅をしたという[1]。ホーフマンスタールは、シュニッツラーの戯曲『アナトールドイツ語版』(1890年)の紹介のため、次のような短い詩も書いている[1]

つまるところ私たちが演じていることはお芝居
心の断片のお芝居
早熟で繊細で悲しい
魂の喜劇

このフレーズは当時から何度も繰り返し引用されてきた[1]

 
ホーフマンスタール1893年

1891年芸術至上主義を掲げる5歳年上のシュテファン・ゲオルゲと知り合って、その多大な影響を受け、ゲオルゲの主宰する『芸術草紙』の寄稿者となった。パリステファヌ・マラルメの詩のサークル出身であったゲオルゲは彼の同級生たちを喜ばせるために、使いを彼のギムナジウムの教室に派遣して彼に赤いバラの花束を贈った[1][注釈 2]1892年、彼はウィーン大学に入学し、当初は法律を学んだが、後にロマンシュ諸語、特にその詩法の研究に転じた。彼はドイツ語のほかフランス語イタリア語英語を話した[1]

彼は典雅な形式をもつ象徴主義的で唯美主義的な詩の作者でもあれば、精妙な随筆を書くエッセイストでもあり、美しい韻文劇の書き手でもあった[2][3]。ことに『痴人と死』などの世紀末的な雰囲気をたたえた韻文劇で名声を獲得した。また、詩論をなし、古典古代悲劇や中世の伝説を翻案して現代性を付与するなど、その活躍は多方面にわたった[2]。青年期の彼は、シュニッツラーやゲオルゲ,リヒャルト・ベーア=ホフマンといった人々とカフェ・グリーンシュタイドルドイツ語版に集い,定期的に会合をもった[4][5]

27歳のときに、世紀転換点における芸術家の精神的な危機を架空の手紙の形で記した『チャンドス卿の手紙』(1902年)を発表、これは近代批評の先駆的作品となった[2][注釈 3]。この頃彼は、銀行の頭取の娘ゲルトルート・シュレジンガーと結婚し、ウィーン南方のローダウンで暮らしはじめた[1]

『チャンドス卿の手紙』は彼自身の転機ともなり、これ以降、「祝祭」としての演劇を唱え、ソフォクレスエウリピデスなどの古典劇に洗練された美意識にもとづく近代的解釈を加え、優れた翻案・改作の数々を発表していった[2]。代表作にギリシア古典の翻案劇『エレクトラ』(1903年)や『オイディプスとスフィンクス』(1906年)、中世宗教劇の『イェーダーマン』(1911年)がある[2]。ホーフマンスタールはまた、1920年にはじめて開催されたザルツブルク音楽祭を発案したことでも知られる[7]。このとき、『イェーダーマン』(リヒャルト・シュトラウス音楽、マックス・ラインハルト演出)がザルツブルク大聖堂正面前を舞台にして上演された[7]。彼はまた、リヒャルト・シュトラウスと協力して『薔薇の騎士』(1911年)、『気むずかしい男』(1921年)などのオペラ創作も手がけた[6]

彼は、社会や政治に対しては終始一定の距離をとる姿勢を貫いており、当時のウィーンにおいて繰り返し現れる反ユダヤ主義的言説やみずからの出自であるユダヤ性については、それがまるで存在しないかのように行動した[2]。そしてまた、生涯を通じて熱烈な愛国者でもあった[1]1912年、ホーフマンスタールは一度は称賛していたイタリアの詩人ガブリエーレ・ダンヌンツィオオーストリア=ハンガリー帝国と皇帝フランツ・ヨーゼフ1世を攻撃したことで、彼と絶交している[1]

第一次世界大戦後、1918年のオーストリア=ハンガリー帝国崩壊に大きな精神的ショックを受け、晩年は過去の文化や伝統に結びついた文化評論や書物の編集に励んだ。1929年、卒中により死去。息子フランツが拳銃自殺をしたわずか2日後、長男の葬式の日に愛用の肘掛け椅子にすわったまま亡くなったという[3]

主な作品編集

 
ウィーンにある生家
  • 1891年 きのう Gestern (戯曲。17歳)
  • 1892年 ティツィアーノの死 Der Tod des Tizian (戯曲)
  • 1893年 痴人と死 Der Tor und der Tod (戯曲)
  • 1898年 Der Frau im Fenster (韻文劇)
  • 1900年 Der Kaiser und die Hexe (韻文劇)
  • 1902年 チャンドス卿の手紙 Der Brief des Lord Chandos
  • 1903年 エレクトラ Elektra (ギリシア古典劇に基づく)
  • 1911年 ナクソス島のアリアドネ Ariadne Auf Naxos
  • 1916年 Alkesis (ギリシア古典劇を基礎)
  • 1907年 Gedichte (詩全集)
  • 1907-17年 Prosaische Schriften (散文集)
  • 1911年 薔薇の騎士 Rosenkavalier (歌劇)
  • 1911年 イェーダーマン Jedermann (戯曲)
  • 1919年 影のない女 Die Frau ohne Schatten (歌劇)
  • 1925年 塔 Der Turm (戯曲)
  • 1932年 アンドレアス Andreas (小説、未完)

日本語訳一覧編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 正しくは Hofmann von Hofmannsthalで一つの姓。
  2. ^ ただしゲオルゲとの関係は1906年に決裂している。
  3. ^ 『チャンドス卿の手紙』は、イギリスの架空の文人チャンドス卿が、17世紀イギリスの著名な哲学者フランシス・ベーコンにあてた手紙という設定の随筆で、言語に対する深い懐疑を表明する一方、言語をもたない動物たちとの生命の一体化という経験を語った魅力的な作品として有名である[6]

出典編集

書籍 編集

  • 『読んで旅する世界の歴史と文化 オーストリア』池内紀監修、新潮社、1995年5月。ISBN 410-6018403
    • 長木誠司「第3部 オーストリアの文化 第1章 音楽 V音楽祭の楽しみ」『読んで旅する世界の歴史と文化 オーストリア』池内監修、新潮社、1995年。ISBN 410-6018403
    • 池内紀「第3部 オーストリアの文化 第3章 文学」『読んで旅する世界の歴史と文化 オーストリア』池内監修、新潮社、1995年。ISBN 410-6018403
  • 『ウィーン世紀末文学選』池内紀 編訳、岩波書店岩波文庫〉、1989年10月。ISBN 4-00-324541-5
  • 倉田稔『ハプスブルク文化紀行』日本放送出版協会NHKブックス〉、2006年5月。ISBN 4-14-091058-5
  • 森本哲郎『世界の都市の物語 ウィーン』文藝春秋、1998年10月。ISBN 4-16-509600-8
  • ポール・ホフマンドイツ語版『ウィーン ≪栄光・黄昏・亡命≫』持田綱一郎訳、作品社、2014年7月。ISBN 978-4-86182-467-8

外部リンク編集