フーゴー・リーマン

ドイツの音楽学者

カール・ヴィルヘルム・ユリウス・フーゴー・リーマン(Karl Wilhelm Julius Hugo Riemann, 1849年1月18日 - 1919年7月10日)は、ドイツ音楽理論家作曲家アゴーギクを造語した[1]

フーゴー・リーマン
Hugo Riemann
Hugo Riemann.jpg
基本情報
生誕 1849年1月18日
Flagge Fürstentum Schwarzburg-Sondershausen.png シュヴァルツブルク=ゾンダースハウゼン侯国 グロースメールラ
死没 (1919-07-10) 1919年7月10日(70歳没)
ドイツの旗 ドイツ国ライプツィヒ
職業 音楽理論家作曲家

生涯編集

シュヴァルツブルク=ゾンダースハウゼン侯国グロースメールラドイツ語版に生まれたリーマンは、理論をハインリヒ・フランケンベルガーロシア語版に、ピアノをアウグスト・バルテル(August Barthel)とテオドール・ラッツェンベルガーに師事した。ベルリンテュービンゲン法学を学び、さらには哲学歴史を学んだ。普仏戦争への出征後、彼は自分の人生を音楽に捧げることを決意し、そのためライプツィヒ音楽院で学んだ。その後ビーレフェルトに赴いた彼はその地で数年間教師と指揮者として働き、1878年ライプツィヒに戻ってからは大学で私講師となった。

音楽院での教員としての任用を強く望んでいたものの実現せず、リーマンは1880年ブィドゴシュチュへ移った。しかし1881年から1890年までは、ハンブルク音楽院でピアノと音楽理論を教えることになる。彼はゾンデルスハウゼン音楽院で短期間教えた後、ヴィースバーデンの音楽院でポストを得るが(1890年 - 1895年)、最終的には1895年にライプツィヒ大学講師として戻ることになった。1901年には教授になっている。

1902年3月16日ライプツィヒグラッシ博物館ドイツ語版で開催された日本音楽実演 (Vorführung japanischer Musik) でリーマンは日本音楽についての講演を行った。ベルリン留学中の幸田幸(安藤幸)がヴァイオリンの演奏家として迎えられ、箏による『東獅子』、『六段』、『松竹梅』の3曲、ヴァイオリンとピアノによる五音音階の中国音楽4曲と短調(七音階)の新日本民謡2曲、ピアノ独奏による日本民謡4曲(ルドルフ・ディットリヒによる編曲)が演奏された[2]

執筆活動編集

教員、講師、教育的作品の作曲家としての仕事に加え、リーマンは音楽に関する執筆活動によって世界的な名声を得ていた。彼の最も知られる著作は、音楽音楽家に関する完全な辞書である「音楽事典 Musik-Lexikon」(1882年、第5版 1899年、英訳 1893年 - 1896年)、和声学に関する研究である「和声学の手引き Handbuch der Harmonielehre」、対位法に関する同様の書籍「対位法の教本 Lehrbuch des Contrapunkts」であり、これら全ては英訳されている。彼の発明の一つにTonnetzがあるが、これは現代のpitch spaceの考え方の先駆を成すもので、現在ネオリーマン理論(neo-Riemannian theory)の分野において基本的な解析ツールとなっている。

彼は様々音楽分派で多くの作品を創始した。彼の門弟にはドイツの作曲家、ピアニストオルガニスト指揮者マックス・レーガーや音楽学者で作曲家のワルター・ニーマンがいる[3]

作曲活動編集

リーマンは多くのピアノ曲、歌曲、ピアノソナタ1曲、ソナチナ6曲、ヴァイオリンソナタ1曲、弦楽四重奏曲1曲を作曲している。

脚注編集

  1. ^ アゴーギク”. コトバンク. 大辞林 第三版. 2020年1月17日閲覧。
  2. ^ 平澤博子「ヨアヒムに師事した安藤幸」『ルドルフ・ディットリヒ物語』論創社、2019年、79-81頁。ISBN 9784846018603
  3. ^ Pfitzinger, Scott (2017). “Riemann, Hugo”. Composer Genealogies: A Compendium of Composers, Their Teachers, and Their Students. Lanham, Maryland: Rowman & Littlefield. p. 449. ISBN 978-1442272248. https://books.google.com/books?id=ugfWDQAAQBAJ&pg=PA449 

参考文献編集

外部リンク編集