ブエノスアイレスの影法師

ブエノスアイレスの影法師(Silueta porteña)とは、ニコラス・ルイス・クッカーロ(Nicolás Luis Cuccaro)とファン・ベントゥラ・クッカーロ(Juan Ventura Cuccaro)の共作の作曲のミロンガ

概要編集

1946年発表の作品である。「シルエタ・ポルテーニャ」とも言われる。

エルネスト・ノリ(Ernesto Nolli)と、オルランド・ダニエジョ(Orlando D'Aniello)の共作の歌詞がついている。

歌つきで演奏されることが多い曲であり、タンゴとしている説明も見受けられる。

ホセ・コランジェーロ楽団の演奏を、よく耳にすることができる。

YouTubeにも、いくつかアップロードされている[1][2][3]

脚注編集

外部リンク編集