ブエノスアイレス国際博覧会

2023年ブエノスアイレス国際博覧会は博覧会国際事務局(BIE)の認定博。

EXPO Buenos Aires 2023
概要
BIE区分Specialized
標語Science, Innovation, Art and Creativity for Human Development. Creative Industries in Digital Convergence
面積124.580 m2[1]
観客数9.4 million
出展者
国数More than 100 (est)
会場
都市Buenos Aires
会場Tecnópolis[1]
座標南緯34度33分31秒 西経58度30分41秒 / 南緯34.55861度 西経58.51139度 / -34.55861; -58.51139
経緯
立候補15 December 2016[2]
選出15 November 2017
初日15 January 2023
最終日15 April 2023
Specialized
前回Expo 2017(Astana)
次回Expo 2027
Universal expositions
前回ドバイ国際博覧会Dubai
次回Expo 2025Osaka
園芸博覧会
前回Floriade 2022Almere
インターネット
ウェブサイトen.expo2023argentina.com.ar

件名編集

展覧会は、「人間開発のための科学、革新、芸術、創造性」「デジタルコンバージェンスのクリエイティブ産業」 [3]のテーマに焦点を当て 2023年 1月15日から4月15日の間に開催。

立候補編集

Specialized Exhibitionを開催する候補者は他に2国。ポーランド ウッチは、テーマ「再発明した都市」を2016年6月15日に適用。 そして 米国 ミネソタ州 は「健康な人々、健康な惑星:すべての人のための健康と幸福」というテーマで立候補意志を示した。2017年11月15日に開催された第162回国際博覧会 (BIE)の総会では、BIEの170の加盟国の代表者が秘密投票に参加して、特別展を開催する勝者を選んだ。 最初の投票では、ブエノスアイレスウッチの両方が46票を獲得し、 ミネソタは25票を獲得(1棄権)。 ミネソタ市は撤廃され、2回目の投票でブエノスアイレスウッチの56に対して62票を得た。 [4]

参照資料編集

  1. ^ a b Masterplan | Expo 2023 - Argentina - Buenos Aires”. 16 November 2017閲覧。
  2. ^ ExpoBids.com / Bids for Expo 2022 or Expo 2023”. 2017年11月16日閲覧。
  3. ^ Expo Buenos Aires” (francés). Bureau International des Expositions (BIE). 1 de diciembre de 2017閲覧。
  4. ^ Votos” (francés). Bureau International des Expositions (BIE) (15 de noviembre de 2017). 15 de noviembre de 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。1 de diciembre de 2017閲覧。

外部リンク編集