ブガッティ・EB112は1993年にブガッティが発表した4ドアファストバックサルーンタイプのコンセプトカーである。

ブガッティ・EB112
概要
製造国 フランスの旗 フランス
デザイン ジョルジェット・ジウジアーロ
ボディ
ボディタイプ 4ドアファストバックサルーン
エンジン位置 フロントエンジン
駆動方式 4WD
パワートレイン
エンジン 6.0L V12
最高出力 456PS (335kW; 450hp)
最大トルク 649Nm (479lb・ft)
変速機 6速MT
車両寸法
ホイールベース 3,100mm (122.0インチ)
全長 5,070mm (199.6インチ)
全幅 1,960mm (77.2インチ)
全高 1,405mm (55.3インチ)
車両重量 1,800kg (3,968ポンド)
系譜
先代 ブガッティ・タイプ57
後継 ブガッティ・EB218
テンプレートを表示
EB112 リア

概要

編集

EB112はブガッティが、イタルデザインジョルジェット・ジウジアーロEB110のサルーンモデルのデザインを依頼したのがきっかけで誕生した。ジウジアーロはタイプ57 ギャリビエを彷彿とさせるようなレトロスタイルの、4ドアファストバックサルーンをデザインした。ボディはオールアルミ製で、シャーシにはEB110と共通のカーボンファイバー製シャーシが使用されている。 1994年4月3日には、新生ブガッティのオープニングセレモニーが六本木のアークヒルズで行われ、数十台のブガッティと当時初上陸したばかりのEB110とともに、EB112も展示された。また、当時ブガッティ会長を務めていたロマーノ・アルティオーリ夫妻を迎えて、皇居国会議事堂周辺をパレードランした。[1] EB112は3台のみ製造されており、2013年にかつてギルド・パランカ・パストールが所有していた黒のEB112(s/n 39003)がモナコで走行しているところを目撃されている。この個体は後にドイツ人のMarc Gindrofに売却されている。[2][3]ブルゴーニュ色の個体(s/n 39001)はイタルデザインが所有し、アンスラサイト色の個体(s/n 39002)は2021年に、ドイツのディーラーであるシャルトクリッセ(Schaltkulisse)によってロシア人に販売された。販売された価格は240万ユーロ(約3億2000万円)で、これはセダン史上最高額となる価格である[4][5][6]。黒色の個体(s/n 39003)は、3台の中で唯一、公道走行が可能である。

パワートレイン

編集

エンジンはフォルクスワーゲンが設計したV型12気筒エンジンを搭載し、最高出力456PS (335kW; 450hp)、最大トルク649Nm (479lb・ft)を発揮する。このエンジンは各シリンダーに5つのバルブを備えており、EB110のエンジンが3.5Lだったのに対して6.0Lまで拡張されている。フロントエンジンだが、車の中心よりに配置されており、重量配分が大幅に向上している。EB112は4輪駆動を搭載している。0-100km/hは4.3秒で、最高速度は300km/h (186mph)と公表されている[7]。ロマーノ・アルティオーリは、そのハンドリングを「ゴーカートに似ていて、フラットに曲がり、EB110よりも運転するのが楽しい」と評した。

生産

編集

EB112は1993年3月のジュネーブモーターショーで発表された。型破りなデザインのため賛否両論あったが、オートモビリア誌はこの車を「世界で最も美しい車」と名付けた[8]。 EB112はコンセプトカーのため、開発はブガッティの工場、ショーカーは製造ラインで作られた。1995年にブガッティが倒産した際、会社の資産の一部が実業家のギルド・パランカ・パストールによって購入され、その中には未完成のEB112が3台(うち1台は完成品)とスペアパーツも含まれていた。未完成だった2台は、パストールが所有するモナコレーシングチームによって1998年に完成された。1台はブラックの外装(s/n 39003)、1台はダーク・アンスラサイト色の外装で仕上げられた(s/n 39002)。残る1台(倒産前に完成していた個体)はブルゴーニュ色の外装で仕上げられている(s/n 39001)[9][10][11]。ブルゴーニュの個体はテールライトがバンパー一体型になっているが、それ以外の2台はバンパーの上にテールライトが配置されており、デザインが異なっている。

EB112の4ドアデザインはその後も受け継がれ、W18エンジンを搭載したEB218、2009年に16C ガリビエールなどが登場している。

参照

編集

関連項目

編集

外部リンク

編集