メインメニューを開く

ブキット・ジャリル国立競技場は、マレーシアの首都、クアラルンプールの20キロ南、ブキット・ジャリルナショナル・スポーツ・コンプレックスの中に位置する陸上競技兼用のスタジアムである。1998年に完成し、1998年コモンウェルスゲームズのメイン会場となった。United Engineers Malaysia Bhdによって造られ、予定より3か月早く完成した。競技場は、ブキット・ジャリルのスポーツ・コンプレックスの中でもっとも主要な施設である。

ブキット・ジャリル国立競技場
Stadium nasional bukit jalil.JPG
施設情報
所在地 マラヤ連邦の旗 ブキット・ジャリル, クアラルンプール
開場 1998年
グラウンド 天然芝
使用チーム、大会
サッカーマレーシア代表 (数試合)
1998年コモンウェルスゲームズ
収容能力
10万人

東南アジア最大のスタジアムで、サッカーマレーシア代表のホーム・スタジアムである。コモンウェルスゲームズのために造られた陸上競技場だが、現在はサッカーの試合に使われることが多い。

設備編集

  • 68m x 105m フィールド
  • 9レーン 400mトラック
  • 9m x 400m トラック
  • 6m x 60m 練習トラック

主な大会編集

外部リンク編集