ブグスク島フィリピンパラワン諸島南部の島。バラバク島の北東、パラワン島の南に位置している。パラワン州バラバク英語版に属しており、島内全域が島名と同じブグスクの地区に含まれている。面積は119 km2

ブグスク島
Ph locator palawan bugsuk island.png
ブグスク島
ブグスク島の位置(フィリピン内)
ブグスク島
地理
場所 スールー海
座標 北緯8度15分 東経117度18分 / 北緯8.250度 東経117.300度 / 8.250; 117.300座標: 北緯8度15分 東経117度18分 / 北緯8.250度 東経117.300度 / 8.250; 117.300
諸島 パラワン諸島
面積 119 km2 (46 sq mi)
長さ 17 km (10.6 mi)
9.5 km (5.9 mi)
行政
地方 ミマロパ地方
パラワン州
自治体 バラバク英語版
テンプレートを表示
ブグスク島に建設された73mの塔

島内東部には農業用の小さな飛行場が存在する。

歴史編集

第2次世界大戦中の1944年8月13日、USSフライアーは浮上偵察中に触雷沈没した。生存者は爆発の発生時に艦橋やデッキにおり、18時間泳いでブグスク島近郊の環礁にたどり着いた。それから3日間、彼らは泳いでほかの2つの島に渡り、生存者の8人がブグスク島に到着した、その後フィリピン人ゲリラによる助けを受けた。フライアーの搭乗員は潜水艦から脱出できた6人を含む78人が死亡した[1]

編集