メインメニューを開く
ブジャク

Ukraine-Budzhak.png

  ブジャクの地図(20世紀)。

Bilhorod Dnistrovskyi.jpg

アッケルマン城。

ブジャクウクライナ語:Буджакブジャークルーマニア語:Bugeacブジャク;)はウクライナの歴史的地名である。ベッサラビア地方の南部、黒海沿岸のドナウ川ドニエストル川に挟まれた地域を指す地域である。しばしば、南ベッサラビアとも呼ばれた地域で、今日ではウクライナオデッサ州に属している。

概要編集

ブジャクとは、オスマン帝国領であったときに命名された地名で、「端」を意味するトルコ語Bucakに由来する。

古代においては、トラキア人、スキタイ人、ケルト人が居住し、黒海沿岸部には、ギリシア人が居住したこともあった。また、タタール人ドブロジャトルコに移住する前に通過した地域でもある。その後、ルーシルーマニアの勢力圏に入った時期などがあった。1826年には、この地域においてロシア帝国とオスマン帝国の間でアッケルマン条約が締結されている。

第一次世界大戦後、この地域はベッサラビアとともにルーマニアに編入された。第二次世界大戦中の1940年6月26日に、ソ連はルーマニアにベッサラビアの割譲を要求した。この時点では、ナチス・ドイツとソ連は戦闘を行っていなかった為、ヒトラーの示唆もあり、ルーマニアは要求を受け入れ、そこからベッサラビアは割譲され、ブジャクはウクライナ・ソビエト社会主義共和国に併合された。

1940年8月7日、同地はアッカーマン州(オーブラスチ)と命名され、13の地区(ラヨン)から構成された。州都は東部のアッカーマン市(現在のビルホロド・ドニストロフシキー市)。ただし同年12月7日には改名されイズマイール州となり、州都は南部のイズマイール市に移された。

しかし、1941年7月にルーマニアがドイツに続いてソ連に宣戦、ベッサラビアおよびブジャクへの進撃を行い、これを占領した。1944年には、ソ連が再占領し、その後、ソ連崩壊後は独立したウクライナ領となった。

現在、この地域に居住する主要民族はウクライナ人ブルガリア人ロシア人モルドバ人である。この他に少数民族としてルーマニア人ガガウズ人などがいる。

参考文献編集

  • (日本語) 『ポーランド・ウクライナ・バルト史 』/ 伊東孝之,井内敏夫,中井和夫. 山川出版社, 1998.12. (新版世界各国史 ; 20)

関連項目編集

外部リンク編集