メインメニューを開く
メンフィスにある110部屋の Madison Hotel
Morgan House はインドカリンポン英語版にある植民地時代の邸宅がブティックホテルに改装されたものである

ブティックホテル: boutique hotel)とは、独創的で店舗ごとに異なるコンセプトと高いクリエイティビティをセールスポイントに持ち、10室から100室ほどの客室を有するホテルを指す[1]。ブティックホテルは、独立系のオーナーによる経営スタイルが多く、一貫したコンセプト、細部に至るまで徹底したクリエイティブのこだわりが見られ、高品質・高価格帯である。また、運営をマニュアルで縛ることなくチェーン展開されている。

目次

歴史編集

パリロンドンニューヨークサンフランシスコなどの日本国外の主要都市では、1980年代にブティックホテルが登場。最初のブティックホテルは、1984年Ian SchragerSteve Rubellが創ったMorgans Hotelであり、ブティックホテルという言葉は、「ブティック」になぞらえて、スティーヴ・ルーベル英語版によって造られた[2]。近年では、国際的なホテルチェーンが、豪華なブティックホテルをサブブランドに持ち、この市場の成長を促進する動きが注目されている[3]

特徴編集

多くのブティックホテルは、テーマ性のあるスタイリッシュでこだわりのあるインテリアが特徴[4]。ブティックホテル人気に対して、マーケットシェアの拡大を狙う外資系ホテル企業も影響を受けている[4]アメリカではマンハッタンを中心としたニューヨーク市内にたくさんのブティックホテルが集まる[5]。ブティックホテルはロンドンニューヨークマイアミロサンゼルスに多く、世界中に広がりつつある[6]。それ以外ではリゾート地にもスパ、ヨガや絵画教室や、その土地でしか体験できないアクティビティを売りにしたブティックホテルなどがある[7]

ブティックホテルと大手チェーンホテルのマネジメントは正反対の構造である。ブティックホテルのマネジメント構造は、オーナーシップとクリエイティビティが重視されている[要出典]

日本編集

昭和以降、偽装ラブホテル、あるいはその代用語として、一般誌でも使われるほど蔓延していた。無論、本来の意味とはかけ離れた日本独自の風習だったが[要出典]今でも古本・マンガなどで見られる[どこ?]

マーケットは未開拓と言える。リゾート型はまだしもアーバン型はなかった。2017年、アーバン型の形態を持つ「TRUNK(HOTEL)」(トランクホテル)が東京都渋谷区に開業した[8]。また、2020年春には京都にAce Hotel Kyotoが開業予定[9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Karen Tina Harrison (2002年9月18日). “What Are Boutique Hotels”. TripSavvy. 2013年11月24日閲覧。
  2. ^ Cheryl Rosner (2015年1月22日). “What is a boutique hotel?”. blog.stayful.com/. Stayful. 2017年6月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年7月5日閲覧。
  3. ^ “History of Boutique Hotels” (英語). USA Today (ガネット社). (2017年7月19日). http://traveltips.usatoday.com/history-boutique-hotels-21480.html 2017年3月8日閲覧。 
  4. ^ a b The Boutique Hotel: Fad or Phenomenon (PDF)”. Locumconsulting.com. 2007年4月24日閲覧。
  5. ^ Levenson, Eugenia (2008年2月25日). “Road Warrior: Michelin Guide's Jean-Luc Naret”. CNN. http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune_archive/2007/11/12/100954549/index.htm?postversion=2007111215 2008年1月15日閲覧。 
  6. ^ No-frills chic hits the hospitality industry” (2007年10月11日). 2010年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月5日閲覧。
  7. ^ Lucienne Anhar (2001年12月13日). “The Definition of Boutique Hotels”. HVS International. 2014年4月3日閲覧。
  8. ^ 三上 直行 (2018年6月27日). “T&Gはブティックホテルを全国展開できるか”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). https://toyokeizai.net/articles/-/226939 2018年7月5日閲覧。 
  9. ^ Opening 2020”. Ace Hotel Kyoto. 2019年7月23日閲覧。