メインメニューを開く

ブノワ・アモンBenoît Hamon1967年6月26日 - )は、フランスの政治家。社会党所属。

ブノワ・アモン
Benoît Hamon
Benoit Hamon meeting Saint-Denis - face (cropped).jpg
生年月日 (1967-06-26) 1967年6月26日(51歳)
出生地 フランスの旗 フランスフィニステール県サン=ルナン
出身校 ブルターニュ=オクシデンタル大学卒業
前職 立法府アシスタント
所属政党 社会党

内閣 第1次マニュエル・ヴァルス内閣
在任期間 2014年4月2日 - 2014年8月25日
大統領 フランソワ・オランド

在任期間 2015年12月13日 - 現職

選挙区 イヴリーヌ県第11選挙区
当選回数 2回
在任期間 2012年6月20日 - 2017年6月20日

内閣 ジャン=マルク・エロー内閣
在任期間 2012年3月16日 - 2014年3月31日
大統領 フランソワ・オランド

在任期間 2004年7月20日 - 2009年7月13日
テンプレートを表示

1993年から1995年まで自らが創設した青年社会主義者運動(fr)の委員長を務め、2004年から2009年まで欧州議会議員、2008年から2012年まで社会党の報道官を務めた。2012年にイヴリーヌ県第11選挙区選出国民議会議員となり、経済・財務相付社会的・連隊経済担当大臣、国民教育相を歴任した。

2017年社会党大統領候補予備選挙において、前首相マニュエル・ヴァルスを退けて1位となり、大統領選挙の社会党候補となった。

略歴編集

ブレストにあるDCNSで技師として働いていた父と、秘書をしていた母との間に、サン=ルナンで生まれた[1][2]

幼少の頃はブレストのヴェロネーズ通りで暮らし、その後1976年から1980年まで両親と一緒にセネガルダカールに住んでいた。彼はダカールのクール・サント=マリー・ド・アン(frカトリック教会のダカール大司教座が運営する、保育園から高等学校までの児童・生徒の私立学校)で学び、何年もたってから再度訪問している[3][4]。『私は社会的多様性が混ざり合った宗教的な環境で育ちました。しかし、このことが私の後年の政治家としての経歴に影響を与えたかどうかを発言するのは難しいことです。』

彼は両親の離婚後、ブルターニュへ戻った。アモンはブルターニュ=オクシデンタル大学に入学し、フランス全国学生連合(fr)のメンバーとなり青年社会主義者運動の委員長となった後に、歴史学の学位を取得した[5]

アモンはガブリエル・ガラールとPACS婚を行っている。ガラールはカタルーニャ人デンマーク人の両親を持ち、パリ政治学院で卒業生総代を務め、欧州大学院大学を卒業している[6][7]。彼女はフランス国立視聴覚研究所で働いた後、LVMHの広報部長となった[8]。2人が出会ったのは、アモンが欧州議会議員となり、ガラールが文化法規の専門家として欧州議会で仕事をした時である[8]。政治生活から家族との生活を切り離すため、ブノワ・アモンが参加する公共の行事にガラールは同席しない。彼女はプライバシーを守るため、カリーヌ・ル・マルシャン(fr)がプレゼンターを務めるフランスの政治TV番組Une ambition intimeへの出演を2016年12月に拒否した[7] · [9]

政治経歴編集

大学卒業後、1991年からアモンはジロンド県選出の下院議員ピエール・ブラナ(ミシェル・ロカール派)の立法府アシスタントして働き始めた。教育相アラン・ドゥヴァケの法案に反対する学生デモ中(1986年から1987年の冬)、19歳の時から政治に関わるようになっていた。彼は当時社会党のブレスト支部のメンバーであり、ロカール派運動に加わっていた。

2001年から2008年までブレティニー=シュル=オルジュ市議会議員を務めた。

2012年から閣僚を務めたが、政府の方針に反したとして、2014年8月25日に生産再建大臣アルノー・モントブールとともに更迭された。

2016年8月16日、社会党大統領候補予備選挙への出馬を表明し、党公認候補となったが、2017年4月の第1回投票で得票率6.36%にとどまり、決選投票に残れず敗退した。

2017年6月に行われた国民議会選挙では、2回目の投票にも残れず落選した。

脚注編集

  1. ^ « Benoît Hamon, Sous les pavés, la grève », Paris Match, 12 août 2009 (consulté le 3 janvier 2013).
  2. ^ Michel Revol, « Le frondeur du PS », Le Point, 9 août 2007 (consulté le 19 avril 2011).
  3. ^ « Sur les traces de Benoît Hamon, l'Africain », fr:Le Parisien.fr, 8 février 2011.
  4. ^ Camille Belsoeur, « Comment son enfance au Sénégal a façonné Benoît Hamon », slate.fr,‎ (consulté le 30 janvier 2017)
  5. ^ « Les diplômes des ministres du gouvernement Valls », sur Orientation-Éducation,‎ (consulté le 23 janvier 2017)
  6. ^ Marion Galy-Ramounot, « Benoît Hamon : "À part mes potes, personne ne connaît ma femme" », lefigaro.fr,‎ (consulté le 30 janvier 2017)
  7. ^ a b Ronan Tésorière, « Qui est Gabrielle Guallar, la femme de Benoît Hamon ? », leparisien.fr,‎ (consulté le 30 janvier 2017)
  8. ^ a b Mariana Grépinet, « Benoît Hamon, itinéraire d'un malin », parismatch.com,‎ (consulté le 2 février 2017)
  9. ^ Qui est Gabrielle Guallar, la compagne de Benoît Hamon ?, LCI.fr, 22 janvier 2017.
公職
先代:
ヴァンサン・ペイヨン
国民教育・高等教育・研究大臣
  国民教育大臣
2014年
次代:
ナジャット・ヴァロー=ベルカセム
国民教育・高等教育・研究大臣
党職
先代:
フランソワ・オランド
社会党大統領候補者
2017年
次代:
(直近の選挙)

|}