ブライアン・デヴィソン

ブライアン・デヴィソン(Brian Davison、1942年5月25日 - 2008年4月15日)は、イギリスドラマーイングランドレスター出身。

ブライアン・デヴィソン
Brian Davison
別名 ブリンキー (Blinky)
生誕 (1942-05-25) 1942年5月25日
出身地 イングランドの旗 イングランドレスター
死没 2008年4月15日(2008-04-15)(65歳)
ジャンル プログレッシブ・ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラム
活動期間 1950年代 - 2008年
共同作業者 マーク・リーマン・ファイヴ
ナイス
エブリ・ウィッチ・ウェイ
レフュジー
ゴング

略歴編集

英国のスキッフル・ブームが起こった1950年代後半から様々な学生バンドで活動。1961年結成の学生バンド、マーク・リーマン・ファイヴにデヴィッド・ボウイを育てたケン・ピットの紹介で1962年から参加した。プロデューサー、ジョー・ミークに見出されデモ録音。1963年には11曲入りデモ・アルバムを制作。1965年にレコード・デビューするも、6月にフロントマンのリーマンが交通事故死してしまう。その後もバンドは継続したが翌1966年に解散。マイク・コットン・サウンド、ザ・ハビッツ、ジ・アタック、ザ・シン等バンドを転々とした。1966年12月、薬物常用で活動に支障をきたしていたイアン・ヘイグの後任としてデヴィッド・オリストの推薦で、ナイスの2代目ドラマーに就任。

1970年にナイス解散。同年、エブリ・ウィッチ・ウェイを結成。

1973年、パトリック・モラーツに「元ナイスの2人を紹介して欲しい」と頼まれたキース・エマーソンからの紹介で、ナイスのメンバーだったリー・ジャクソンと再合流し、パトリック・モラーツとともにレフュジーを結成。翌1974年、リック・ウェイクマンの後任としてパトリック・モラーツがイエスに加入するため脱退し、レフュジーは解散した。この突然の移籍を指してキース・エマーソンは自伝の中で、せっかく二人を紹介したのにモラーツは身勝手だったと批判している。レフュジー解散後はゴングに短期間参加するも音楽ビジネスから身を引いた。

後年はビディフォード大学にて音楽講師として後進の指導に晩年まで尽力した。

2002年ナイスの再結成コンサートツアーに4日間復活参加。

2008年4月15日、ビディフォード大学から程近いホーンズ・クロス、デヴォンの自宅で死去した。