ブライアン・ドンレヴィ

ブライアン・ドンレヴィBrian Donlevy1901年2月9日 - 1972年4月5日)は、北アイルランド出身で、主にアメリカ合衆国で活動した俳優。1930年代から1960年代のハリウッド映画で活躍した名脇役で、特に1940年代のフィルム・ノワールには欠くことのできない俳優と称されている[3]

ブライアン・ドンレヴィ
Brian Donlevy
Brian Donlevy
テレビドラマ『Star Stage』(1955年)
本名 Waldo Brian Donlevy
生年月日 (1901-02-09) 1901年2月9日
没年月日 (1972-04-05) 1972年4月5日(71歳没)
出生地 北アイルランドの旗 北アイルランド アーマー県
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ウィスコンシン州ラシーン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 173 cm[1]
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1924年 – 1969年
配偶者 イボンヌ・グレイ (1928–1936)
マージョリー・レイン (1936-1948)
リリアン・ルゴシ[2] (1966-1972)
主な作品
ボー・ジェスト』(1939年)
テンプレートを表示

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにテレビ分野で星を得ている。

来歴編集

 
1943年撮影

1901年2月9日に北アイルランドアーマー県で生まれるが、生後10ヶ月で両親とともにウィスコンシン州ラシーンに移住。9歳の時に家族でオハイオ州クリーブランドに移り住み、そこで育つ。

1916年にメキシコに渡って年齢を偽ってパンチョ・ビリャ革命を阻止する政府軍に加わるべく入隊、第一次世界大戦に従軍する。大戦中は、ラファイエット戦闘機隊で活躍する。

1920年代初頭にニューヨークで俳優としてのキャリアをスタートさせ、サイレント映画にも出演するようになる。その後、1935年の映画『バーバリー・コースト』で名前が知られるようになる。

1939年の映画『ボー・ジェスト』で第12回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされる(受賞はならず)。以降はこの作品で演じたような冷酷無比な悪漢役で本領を発揮する。

1948年に離婚し、その後18年間独身を通す。

1950年1月11日、自ら操縦する飛行機が墜落する事故を起こすが、奇跡的に無傷で自らの足で歩いて脱出する[1]

1950年代以降は『ローハイド』や『弁護士ペリーメイスン』など、数多くのテレビドラマにゲスト出演するようになる。

1966年にベラ・ルゴシ未亡人リリアンと再婚する。

1969年に俳優を引退。その後は、短編小説を書いたりして過ごしながら、鉱山経営などで成功する。

1972年4月5日に食道癌で死去。

主な出演作品編集

脚注編集

  1. ^ a b Brian Donlevy - Biography” (英語). IMDb. 2011年11月28日閲覧。
  2. ^ ドラキュラ俳優として知られるベラ・ルゴシの元妻。
  3. ^ “Brian Donlevy - A Famous Film Tough Guy”. The Times. (1972年4月7日). p. 16 

外部リンク編集