ブライソン・デシャンボー

ブライソン・デシャンボー(Bryson DeChambeau、1993年9月16日 - )は、アメリカ合衆国プロゴルファー

 ブライソン・デシャンボー 
基本情報
名前 ブライソン・デシャンボー
生年月日 (1993-09-16) 1993年9月16日(30歳)
身長 6 ft 1 in (1.85 m)
体重 210–215 lb (95–98 kg; 15.0–15.4 st)[1]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 Modesto, California
経歴
大学 SMU
現在のツアー LIVゴルフ
以前のツアー PGA Tour
European Tour
Web.com Tour
プロ勝利数 14
優勝数
PGAツアー 8
ヨーロッパ 3
コーンフェリー 1
メジャー選手権最高成績
マスターズ T6: 2024
PGA選手権 2: 2024
全米オープン 優勝: 2020, 2024
全英オープン T8: 2022
テンプレートを表示

アマチュア時代

編集

カリフォルニア州クロービス出身。2010年にカルフォルニア州のジュニア選手権を制した後、南メソジスト大学に進学。2015年、全米アマチュア選手権、NCAAゴルフ選手権のアマチュアタイトルを獲得した。2016年にアマチュア資格でマスターズ・トーナメントに出場(21位)、翌週にプロ転向した [2]

プロ時代

編集

2017年ジョンディア・クラシックでツアー初優勝。2018年はプレーオフシリーズでの連勝を含め、シーズンをまたいで年間4勝をマーク。2019-2020年シーズンは新型コロナウイルス感染拡大による中断から再開4試合目の「ロケットモーゲージ・クラシック」で6勝目を挙げる。

2020年全米オープンでメジャー初優勝。ウイングドフットゴルフクラブ・ウエストコース で開催された同大会における最小スコア(-6)で2位のマシュー・ウルフに6打差をつけて勝利し、自身の肉体改造等の理論の正しさを証明した。この優勝でジャック・ニクラスタイガー・ウッズに続いて「全米アマ」「全米学生」「全米オープン」のタイトルをそろえた。

2022年、新リーグ「LIVゴルフ」に参戦。2024年8月にグリーンブライアーでリーグ初優勝すると続く9月のシカゴを連勝で2勝目を挙げる。

2024年、全米オープンを最終日首位スタートも、追い上げてきたロリー・マキロイに一時単独首位に立たれるが通算6アンダーとし1打差振り切って2度目の優勝[3]

プレースタイル

編集

ゴルフクラブを全て同じ長さに揃えるなど理論派で知られ、ゴルフギア界において「科学者」の異名を持つ[4]。プロデビュー時の用具契約でも、ゴルフボールの選定にあたって「各メーカーのボールを塩水につけ検査した結果、重心位置のずれが最も少なかった」としてブリヂストンを選ぶこだわりを見せた[5]

また、プレーに時間をかけるスタイルで知られるが、2019年8月に出場したツアーにおいて、パットラインを読むのに2分以上(1打40秒以内を推奨)をかけている動画がSNSにて拡散、同じプロゴルファー仲間からも批判されることとなった[6]。デシャンボーは、隣のホールのティーショットが終わるのを待っていただけだと弁解したが、全米プロゴルフ協会では、動画に対する批判を受ける形で選手のプレースピードについて見直しを始めたことを発表している[7]

2020年初頭からのコロナ禍によるPGAツアー中断期間に徹底した肉体改造を行い、ツアー再開時には別人のようなマッチョな姿で登場し周囲を驚かせ、ツアー屈指の飛ばし屋に変貌。鍛え上げられた肉体から放たれるドライバーショットは前年の平均飛距離を30Y近く上回り、ホールによっては400Y近いドライビングディスタンスを記録することもあり、ドライビングディスタンス322.1ydで初の1位に輝いて話題をさらった。「ゴルフは遠くに飛ばせば飛ばすほど有利である」との理論の持ち主で、例えティショットがラフに入ってもピンまでの距離が短ければ十分対応できる、としている。実際、上記2020年の全米オープン最終日においてはアンダーパーでラウンドしたただひとりの選手であり、USGAが設定した「優勝スコア+8前後」を大きく超えるトータル−6で4日間のラウンドを終え、これからのゴルフスタイルに大きな影響を与えるのではないかと言われている。

2022年から始まったLIVゴルフ・インビテーショナルシーズンへの参加は否定的な見解を述べていたが、LIVツアー開幕戦の最中であった6月10日、LIVゴルフとの間で参戦契約を交わした[8]。この結果、PGAツアーには参加できなくなる見込み。またLIVゴルフへの移籍に伴い、ブリヂストンを始めとするいくつかのスポンサーを失っている[9]

脚注

編集
  1. ^ Porter, Kyle (2023年5月18日). “2023 PGA Championship scores, takeaways: Bryson DeChambeau surprises himself with near-lead buoyed by driver”. CBS Sports. https://www.cbssports.com/golf/news/2023-pga-championship-scores-takeaways-bryson-dechambeau-surprises-himself-with-near-lead-buoyed-by-driver/ 2023年5月19日閲覧。 
  2. ^ =選手情報・ブライソン・デシャンボー”. ゴルフダイジェスト. 2019年8月12日閲覧。
  3. ^ 【全米オープン】B・デシャンボーが逃げ切り大会2勝目 R・マキロイ1差2位、松山英樹は6位 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ”. スポニチ Sponichi Annex. 2024年6月19日閲覧。
  4. ^ PUMA GOLF】科学者“デシャンボー”が2度目の優勝。彼の採用するゴルフシューズ「IGNITE PWERADAPT Leather」が7月発売に。”. GOLE TODAY. 2019年8月12日閲覧。
  5. ^ ボール契約の決め手は塩水検査 デシャンボー「BSの品質管理が一番」 - GDOニュース・2016年4月14日
  6. ^ デシャンボーのスロープレーに他選手のイライラ爆発、「もう限界」”. 2019-08-11AFP (2019年8月11日). 2019年8月12日閲覧。
  7. ^ 米ツアーがプレー速度の方針見直しへ、デシャンボーへの猛批判受け”. AFP (2019年8月12日). 2019年8月12日閲覧。
  8. ^ 元全米OP覇者デシャンボー、サウジ後援の新シリーズに電撃参戦”. AFP (2022年6月11日). 2022年6月16日閲覧。
  9. ^ ブリヂストンが新リーグ“移籍”デシャンボーとの契約解消を発表 - GDOニュース・2022年7月13日

関連項目

編集