メインメニューを開く
BLIS Volvo S60

ブラインドスポットモニター(英:Blind spot monitor)[1]とは、運転席側、助手席側、後方含む車外に位置する他の自動車(車両)を検出するシステムである。

ブラインドスポット・インフォメーション・システム(死角情報システム、英:Blind Spot Information System)[2][3]と呼ばれることもある。

目次

概要編集

自動車の車体、ドアミラー等に内蔵されたカメラまたはセンサーミリ波レーダー等で、車外の状況を監視する。

自動車の運転手が走行中に車線変更する場合、死角に入った側面または後方の自動車(車両)への衝突を防ぐため、運転手に、視覚的、聴覚的、振動的に警報を発する。

また運転手が駐車スペースから後退出庫する場合に、後方左右から接近する自動車(車両)を警告する製品もある。

各社のブラインドスポットモニター編集

ボルボ
BLISは、ボルボが開発した死角情報システム(Blind Spot Information System)の頭文字である。

2001年、コンセプトカーボルボ・SCC(Safety Concept Car)[4]に死角情報を運転者に警告する技術を導入した。

2007年、世界で初めてボルボが市販化。ドアミラーのカメラで死角領域をなくすシステムを ボルボ・S80に最初に導入した。

2013年にはレーダー方式も採用し、車両の側方と後方に監視範囲を拡大している。

マツダ
日本の自動車メーカーで初めてマツダがBSM(ブラインド・スポット・モニタリング)を導入した。

2008年、CX-9の上級グレードに装備し、その後オプションパッケージとしてCX-8CX-5CX-3アテンザアクセラ デミオにも装備。

日産自動車
ブラインドスポットワーニング(BSW)[5]- 後側方車両検知警報。
トヨタ自動車
ブラインドスポットモニター(BSM)。
本田技研工業
ブラインドスポットインフォメーション
スバル
スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)。
三菱自動車工業
後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)。

出典編集

関連項目編集