ブラウンシュヴァイク

紋章 地図
Braunschweiger Stadtwappen Lage der kreisfreien Stadt Braunschweig in Deutschland
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: 郡独立市
緯度経度: 北緯 52度16分09秒
東経 10度31分16秒
標高: 海抜 75 m
面積: 192.13 km²
人口:

251,364人(2015年12月31日現在) [1]

人口密度: 1,308 人/km²
郵便番号: 38100 - 38126 (旧: 3300)
市外局番: 0531, 05300, 05307, 05309, 05341
ナンバープレート: BS
自治体コード: 03 1 01 000
市の構成: 20 市区
ウェブサイト: www.braunschweig.de
行政
上級市長: Ulrich Markurth (SPD)
多数派政党: CDU、FDP
1300年頃のブラウンシュヴァイク。(マッパ・ムンディのひとつエブストルフの地図 (英語)より)
市庁舎
ハインリヒ獅子公

ブラウンシュヴァイク: Braunschweig, : Brunswick)は、ドイツの都市。ニーダーザクセン州の代表的都市であり、人口25万2,768人は同州において州都ハノーファーに次ぐ (2015年)。街の名前は「Brunoの村」の意味(Brunoはブルン1世を指す)。

目次

地勢編集

ハルツ山地の北方に位置する。土地は肥沃であり農業が盛ん。交通の要所でもあり、商工業も発展している。近隣の都市としては、約25キロほど北東に位置するヴォルフスブルク、40キロほど南西に位置するヒルデスハイム、55キロほど北西に位置するハノーファーなどが挙げられる。

歴史編集

ブラウンシュヴァイクの起源には明らかな記録はなく、伝承ではふたつの集落が合併して始まったという。ひとつは861年にオーカー川の片側にザクセン王ブルノ1世が開いたとされる集落、もう一つは伝説の貴族ダンクヴァルトが置いた集落という。ダンクヴァルターローデ城 (「ダンクヴァルト卿の開墾地」の城) は19世紀に再建された[2][3]

この都市は旧称をブルンズウィク (Brunswik) といい、人名のブルノと低地ドイツ語のウィク (Bruno + wik) の合成語である。ウィクとは商人が滞在したり物資を保管したりする場所を指すことから、オーカー川の対岸にfordをのぞみ身を寄せる最良の場所を意味するという。また別の説は、森林を焼いて (ブラント) 開墾したという故事を引いている[4]

ブルンズウィクの名前が最初に現われるマグニ教会の文書は1031年に記された[3]。今日、教会はマグニ地区の中心として、Altenwiekの旧Weichsel地区に建つ。

中世においては、神聖ローマ皇帝と争ったハインリヒ獅子公の拠点であった。ハインリヒ獅子公の子孫が治めたブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国ではリューネブルクと並ぶ主要都市であり、17世紀よりブラウンシュヴァイク公国の都となり、第一次世界大戦後はブラウンシュヴァイク州の州都であった。第二次世界大戦後、イギリスの占領統治を経てニーダーザクセン州に属することとなった。

人口統計編集

ブラウンシュヴァイクの人口は25万2,768人(2015年)であり[5]、25歳から34歳の若者にとってドイツの最も魅力的な20都市のひとつとされたことが若い住民の流入に結びついている[6]

宗教編集

2015年の統計によると、住民の半数に当たる12万6,379人がキリスト教以外の宗教の信者または無信心であった[5]。キリスト教徒はプロテスタントが9万1,785人(36.3%)、ローマカトリック教徒3万4,604人(13.7%)である。また同統計により、ドイツ国籍を含む全住民のうち25.6%に当たる6万4,737人に移民出身という背景があること、その10.2%はドイツ国籍がないとわかる(2万5,676人)[5]

以下の表に国籍がドイツ以外の住民の人口をまとめた[7]

ドイツ以外の国籍の住民数 (人)
(ブラウンシュヴァイク市)
順位 国籍 人口 (2014年)
1   トルコ 5,272
2   ポーランド 3,370
3   イタリア 1,342
4   中国 1,078
5   スペイン 720
6   ロシア 691
7   ギリシャ 519
8   セルビア 421

交通網編集

 
旧市内の中心部は車両の進入を禁じた歩行者専用ゾーンに指定 (リンガー噴水 Ringerbrunnen)

道路網編集

 
ブラウンシュヴァイクの高速道路と国道

高速道路が2系統通り、A2号線はベルリンハノーファー—ドルトムンドを、A39号線はザルツギッターヴォルフスブルクを結んでいる。市道は第二次世界大戦後、自動車の普及を予測して整備され、おおむね道幅は広い。市内に数箇所、カープールが設けられた。

市内の移動を自転車で済ませる市民は多い。車道と歩道に挟まれた自転車専用車線がくまなく張り巡らされ、鉄道に乗り換えるにはブラウンシュヴァイク中央駅の広い自転車駐輪場を利用する。

鉄道編集

ブラウンシュヴァイク中央駅はフランクフルトベルリンを結ぶドイツ国鉄幹線の駅である。発着本数は多く、ローカル線のほか都市急行線、超特急列車のICEが停車する。

路面電車、バス編集

 
乗合馬車の区間図
 
路面電車の路線図 (製作=ブラウンシュヴァイク路面電車路線図製作ネットワーク)

路面電車は総運行距離39.6km (敷設距離合計51km)、手ごろな運賃で利用できる市民の足であり、その75パーセントが複線である。共同運航の路面電車とバスの1日券が利用でき、またホテルと契約して宿泊期間は乗り放題の乗車券を発行する。運行開始は1897年、主な交通手段であった乗合馬車のシステムから近代化と整備を続けたのち、1960年代以降は自動車交通の混雑対策が優先されて区間の縮小と路線廃止が進む。

1990年代には近郊と都心部を結ぶ路面電車と国鉄の連携を目指す「地域ライトレール」計画 ("RegioStadtbahn") が立ち上がる。するとヨーロッパの鉄道あるいは路面電車には珍しい1,100 mm 軌道[注 1]に国鉄車両の乗り入れ (標準規格1,435 mm) を想定、いくつかの区間で第三のレールの敷設を進めながら、平行して低床車両を導入してきたのである。2007年には3.2 km 延伸[10]。しかし都市計画を担当するブラウンシュヴァイク地域協議会 (ドイツ語版) は2010年、計画の凍結を発表した。

運行会社のブラウンシュヴァイク路面電車会社 Braunschweiger Verkehrs-AG は路面電車5系統に加え、バスの便も走らせている[11]

路面電車の系統[11]
系統 始点 終点
1 シュトックハイム
Stöckheim (ドイツ語版) (市の最南部)
ヴェンデン-ハイデブリック
Wenden-Heideblick (ドイツ語版) (市の最北部)
2 ハイトベルク
Heidberg (ドイツ語版) (市の南部)
ジークフリートフィアテル
Siegfriedviertel (ドイツ語版) (市の東部)
3 ヴェストシュタット・ヴェッサー通り
Weststadt Weserstraße (市の西部)
フォルクマローデ
Volkmarode (ドイツ語版) (市の北東部)
4 ヘルムステッター通り
Helmstedter Straße (市の東部)
ラーデクリント
Radeklint (ドイツ語版) (旧市街の北西部)
5 ブロイツェム
Broitzem (英語版) (市の南西部)
ブラウンシュヴァイク中央駅
Braunschweig Hauptbahnhof (英語版) (市の南東部)
 
路面電車の1番

空港編集

ブラウンシュヴァイク・ヴォルクスブルク空港 (IATA: BWE, ICAO: EDVE、通称ブラウンシュヴァイク空港) は市の北、ハノーファーマグデブルクの中間に位置する。1930年代に建設されたドイツ空軍の施設に始まり、またドイツのグライダーの本拠地である。52°19′N 10°33′E / 52.317°N 10.550°E。標高90 m[12]。 この空港にはドイツ連邦航空局 (英語版)が中枢部を構え、また地元のブラウンシュヴァイク工科大学(英語版) (TU Braunschweig (ドイツ語版)) は航空宇宙科学研究所の研究施設を置いている[13][14]

港湾編集

ブラウンシュヴァイクでは川を使った水運が発達し、引き込み線を使った水運と鉄道輸送との連携により近隣の工業地帯 Hansestrasse および Heesfeld との流通を支えている[15]。貨物取扱量は年間77万8,445t (船荷)、港と連携する輸送手段の内訳は鉄道3万8,073t、トラック6万2,633TEUである (2016年)[16]

ハンザ同盟都市として何世紀にもわたり流通の要を務めたブラウンシュヴァイクは、オーカー川アラー川ヴェーザー川を結ぶ水運の活用に努めてきた。西暦1000年には市街地を流れるオーカー川に川港が開かれて貨物の積み下ろしと輸送の拠点があったとされ、1227年の文書にはブラウンシュヴァイクとブレーメンを行き来する水運が述べてある[17]。しかしその後、国内の政情不安や1764年の河川をめぐる争いが原因で、川港としては徐々に廃れていく。20世紀に入り、ライン川とヴェーザー川、エルベ川を結ぶミッテルラント運河 (Mittelland Canal (英語版))[18]の掘削が計画されると、特にブラウンシュヴァイクでは大きな関心を集めた[17]

ミッテルラント運河と高速道路のベルリン–ドルトムント線がまじわる市の北部に、1930〜1933年にかけて港湾施設が置かれる。ただし1938年にマクデブルク近郊まで運河が完成する以前、ブラウンシュヴァイクで荷受された貨物はドイツ国内西部への輸送に限られていた。1945年の敗戦後も港湾の機能は損なわれず、むしろ戦後の復興によって取扱量は拡大する[17]

 
ミッテルラント運河 (2003)[19]

1964年、大型船舶の航行を受け入れるためにミッテルラント運河の拡張工事が始まると、ブラウンシュヴァイク港でも1970年代に平行して港湾2箇所を拡張する。それぞれ幅20m、深さ4mで長さは300mと100mであり、2001年には総面積3万3,000m2の近代的なコンテナターミナルが完成[注 2]、船着場とその周辺もそれぞれ現在の長さに拡張した[注 3]。運河の拡張工事の完成は2004年、エルベ川とはマグデブルク郊外の Wassersstraßenkreuz (運河ジャンクション) で接続する[17]

東ドイツとの国境が1989年に開かれるまで、エルベ川の水位に合わせる閘門を管理するブラウンシュヴァイクはベルリンへ向かう東西ドイツの水運を一手に引き受ける国境の貿易港であった。しかしながら東西合併により重要拠点の地位は失われ、港にあった船会社および倉庫会社も減少[17]。そこで港湾局を再編して公社化 (Hafenbetriebsgesellschaft Braunschweig mbH の創設)[15]、現在はインフラとしての港湾機能を管理しつつ物流サービスまで一括して運営、鉄道引込み線を活用してヨーロッパ各地と港を結んでいる[15]

文化編集

数学者カール・フリードリヒ・ガウスの出身地としても知られるブラウンシュヴァイクは、1989年数学オリンピックを開催[22]。また、ドイツ最古かつ、ヨーロッパで2番目に古い名門であるブラウンシュヴァイク工科大学 (TU Braunschweig) を擁する。

スポーツ編集

 
ドイツ初のサッカー競技規則 (ウィルヘルム・コッホ訳)
 
アイントラハト・スタディオン競技場
 
フォルクスワーゲン・ハーレ室内競技場

ブラウンシュヴァイクには、それぞれの種目でドイツ初のスポーツクラブが複数あり、そのひとつがサッカークラブで1895年設立のアイントラハト・ブラウンシュヴァイクである。ハンドボールの MTV ブラウンシュヴァイクは市内最古のスポーツクラブで (創立1847年)、セミプロフェッショナル・リーグ3部所属。

アイントラハト・ブラウンシュヴァイクはサッカー・ブンデスリーガ創設時のチームのひとつで、1967年には鉄壁の守備でリーグ優勝を成し遂げた(この際、当時の最小失点記録を樹立)。1988年には元サッカー日本代表風間八宏も在籍していた。しかしその後は低迷を続け、2004年から2005年の地域リーグでは好成績を維持、同州のオスナブリュックなどとの昇格争いを経て2部への復帰を果たした。ブンデスリーガ2部と地域リーグ(3部)の入れ替え戦をたびたび迎えながら厚いファン層に支えられている。

このクラブはいくつもの有力な競技チームを育てており、フィールドホッケーの女子チームは1965–1978年の間に9回全国優勝を達成。アイスホッケー、フィールドハンドボール水球でも全国1、2の強豪チームを擁してきた。本拠はアイントラハト・スタディオン競技場(英語版) に置く。

国内初のサッカーの試合が1874年にこの都市で開かれたというエピソードは、2011年、ドイツで映画化された[23]。イギリス帰りの教師ウィルヘルム・カール・ヨーハン・コンラート・コッホ (英語版) がサッカー競技規則をドイツ語に訳して、自分が教えるギムナジウムの生徒たちに対戦させたのが始まりとされている[注 4]

2000年からフォルクスワーゲン・ハーレ室内競技場 (英語版) を本拠地とするバスケットボール・ロウエン・ブラウンシュヴァイク (英語版)[25]は、国内プロバスケットボールリーグ1部の「バスケットボール・ブンデスリーガ」に所属する。

姉妹都市編集

当地に因む地名編集

カナダ[26]など世界の旧イギリス領植民地の国々に「ブランズウィック」という地名がある。ドイツのブラウンシュヴァイク市の旧称「ブルンズウィク」 (Brunswik) から発音を引き継いだもので、18世紀からイギリスを治めたハノーヴァー朝がドイツのブラウンシュヴァイク=リューネブルク家の流れを汲むことから来ている[27]

アメリカ合衆国
イギリス
オーストラリア
スロベニア
チリ

「新ブラウンシュヴァイク」を意味する地名もある。

編集

  1. ^ ブラウンシュヴァイクの鉄道馬車事業を主導したイギリス人技師ジェームズ・レスリー・ウェイカーが1,100 mm 軌道を採用。当時、ロンドンの鉄道馬車の規格を採用した[8][9]
  2. ^ 1970年代に建築した2箇所の船着場の港湾設備は35t用クレーンを含み、コンテナブリッジの重量制限は50t。液体貨物用荷揚げ設備、鉱物油用ポンプ設備を配置した[20]
  3. ^ 総面積:63ha。船着場=パラレルポート1:全長550m、全幅70m、水深3.5m。パラレルポート2:全長100m、全幅20m、水深4.0m。コンテナターミナル:全長500m、全幅20m、水深4.0m。鉄道引込み線:35,000m2。重量荷物取扱区域:のべ15km 。トラックヤード:2.500m2。トラックの規格:60t[21]
  4. ^ 実際に1875年に発表された最初のドイツ版競技規則はラグビーの形式を残しており、ドイツでフットボール・アソシエーションの競技規則が普及するのは1900年以降[24]

脚注編集

  1. ^ ニーダーザクセン州統計およびコミュニケーション局 - 人口統計
  2. ^ 『 ブラウンシュヴァイクとハノーバー—父祖の地の物語と回顧録)』より「ブラウンシュヴァイク市史の概要」。H. Mack (1925). F. Fuhse. ed. “Überblick über die Geschichte der Stadt Braunschweig” (ドイツ語). Vaterländische Geschichten und Denkwürdigkeiten der Lande Braunschweig und Hannover (Braunschweig: Appelhans Verlag) 1 (Braunschweig): 34. 
  3. ^ a b ブラウンシュヴァイク市公式サイトより、"Brunesguik"の最初の記録と創始者の記念日について。Die Ersterwähnung von "Brunesguik" und die Gründungssage” (de). Braunschweig.de. 2015年7月12日閲覧。
  4. ^ 『ブラウンシュヴァイク市の歴史』(《ブランズウィック、900年にわたる都市の印象》シリーズより)。Moderhack, Richard (1997) (ドイツ語). Braunschweiger Stadtgeschichte. Braunschweig, das Bild der Stadt in 900 Jahren. 1. Braunschweig: Wagner. pp. 14–15, 21. ISBN 3-87884-050-0. OCLC 722671146. 
  5. ^ a b c Aktuelle Bevölkerungsdaten” [現在の人口] (de). ブラウンシュヴァイク市公式サイト (2015年12月31日). 2016年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月29日閲覧。
  6. ^ Christoph Eisenring 執筆記事「ドイツの《人が集まる都市》とは」に流用した Harold Simons 寄稿のニューヨークタイムズ紙記事より作成、人気の都市を図示。Eisenring, Christoph (2016年8月8日). “In Deutschlands "Schwarmstädten"” (ドイツ語). ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング. http://www.nzz.ch/wirtschaft/wirtschaftspolitik/wo-es-junge-menschen-hinzieht-in-deutschlands-schwarmstaedten-ld.109558 2016年10月20日閲覧。 
  7. ^ ブラウンシュヴァイクの外国籍住民国別統計。Ausländische Einwohner in Braunschweig nach Nationen” (de). ブラウンシュヴァイク市公式サイト (2014年9月18日). 2015年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月21日閲覧。
  8. ^ ブラウンシュヴァイク工科大学に蔵書がある。「リッベントロップ:ブラウンシュヴァイク路面鉄道」。Blasius (編集), Rudolf (1897). “Ribbentrop: Braunschweigische Straßenbahn” (ドイツ語). Braunschweig im Jahre MDCCCXCVII (「1867年のブラウンシュヴァイク」—1897年にブラウンシュヴァイク(Braunschweig)で開かれたドイツの自然主義者と医師の会合を記念して出版。) (Braunschweig: Meyer): 589. https://publikationsserver.tu-braunschweig.de/receive/dbbs_mods_00023652. 
  9. ^ 「1867年のブラウンシュヴァイク—1897年にブラウンシュヴァイク(Braunschweig)で開かれたドイツの自然主義者と医師の会合を記念して出版」の原本および複写。電子版は「Benchmark for Faithful Digital Reproductions of Monographs and Serials, Version 1」に準じて作成。 (ドイツ語) (digital) Braunschweig im Jahre MDCCCXCVII Städtische Festschrift veröffentlicht bei Gelegenheit der Versammlung Deutscher Naturforscher und Aerzte zu Braunschweig im Jahre 1897. Digital Library Federation. (2002-12). OCLC 564111817. https://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=mdp.39015019793143 2017年9月25日閲覧。. 
  10. ^ Braunschweig (Germany): New light rail tram line to suburbs reverses Transit Holocaust” [ブラウンシュヴァイク(ドイツ):郊外と結ぶ新しいライトレール—路面電車は通勤地獄に歯止めをかけるか] (en). Light Rail Now (2007年2月13日). 2011年4月7日閲覧。
  11. ^ a b Linienverzeichnis Guetlig ab 7 Januar 2016 (PDF)” [ブラウンシュヴァイク市の路面電車とバスの系統一覧 (2016年1月7日改定)] (de). ブラウンシュヴァイク路面電車会社 Braunschweiger Verkehrs-AG. 2016年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月29日閲覧。
  12. ^ ブラウンシュヴァイク・ヴォルフスブルク空港公式サイト(ドイツ語)Flughafen Braunschweig–Wolfsburg”. 2017年9月21日閲覧。
  13. ^ 航空宇宙科学関連の研究所について(英語)Laboratories in aeronautical and astronautical science”. ブラウンシュヴァイク工科大学. 2017年10月1日閲覧。
  14. ^ ブラウンシュヴァイク工科大学による調査報告書「研究機構としてのブラウンシュヴァイク空港: 地理的、経済的要因と将来性」 (ブラウンシュヴァイク空港会社ならびにブラウンシュヴァイク市・ブラウンシュヴァイク広域連合より受託)。Hübl, Lothar; Hohls-Hübl, Ulla; Wegener, Bernd; Schaffner, Joey (February 2000). Forschungsflughafen Braunschweig: Standortfaktor - Wirtschaftsfactor - Potentiale. ブラウンシュヴァイク空港会社. オリジナルの2013年11月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131125161220/http://www.flughafen-braunschweig.de/gutachten.htm 2017年10月1日閲覧。. 
  15. ^ a b c Hafen Braunschweig” [ブラウンシュヴァイク港] (de). ブラウンシュヴァイク港湾公社 (Hafenbetriebsgesellschaft Braunschweig mbH). 2017年9月21日閲覧。
  16. ^ Immobilien” [インフラ] (de). ブラウンシュヴァイク港湾公社. 2017年9月21日閲覧。
  17. ^ a b c d e Der Hafen: Geschichte” [港について: 沿革] (de). ブラウンシュヴァイク港湾公社. 2017年9月21日閲覧。
  18. ^ WNA Magdeburg” [マクデブルク運河建設事務所] (de). 2017年9月28日閲覧。
  19. ^ 「マグデブルク近郊の運河分岐点を更新」Schönebaum, Jörg. “neue Wasserstraßenkreuz Magdeburg”. 2017年9月28日閲覧。
  20. ^ suprastruktur” [港湾設備] (de). ブラウンシュヴァイク港湾公社. 2017年9月21日閲覧。
  21. ^ Infrastruktur” [インフラ] (de). ブラウンシュヴァイク港湾公社. 2017年9月21日閲覧。
  22. ^ 日本が初めて数学オリンピックに選手団を派遣した北京大会 (1990年) の前年、1989年の開催地はブラウンシュヴァイクである。
  23. ^ 1874年にこのブラウンシュヴァイクで国内初のサッカーの試合が開かれたというエピソードは映画化されて日本でも公開。邦題は『コッホ先生と僕らの革命』。
  24. ^ サッカーの発祥地はブラウンシュヴァイクにあった。Die Wiege des Fußballs stand in Braunschweig” (de). 2012年8月8日閲覧。
  25. ^ 2013年までの名称はニューヨーカー・ファントムズ・ブラウンシュヴァイク。
  26. ^ カナダ人のアイデンティティーとは—国家と紋章—ニューブランズウィック。New Brunswick - Anthems and Symbols - Canadian Identity”. Pch.gc.ca (2013年8月28日). 2015年7月12日閲覧。
  27. ^ イギリスの国章も参照。Royal Arms of Britain”. 2016年5月10日閲覧。 “ブルンスウィック・リューネブルク家はヨーロッパで最も有名で最も古いハノーバー家の枝であり、ドイツで最も顕著な王座のひとつです;”

外部リンク編集