ブラウン大学(ブラウンだいがく、英語: Brown University)は、米国ロードアイランド州プロビデンス市に本部を置く、イギリス植民地時代(1764年)に設立された私立大学アイビー・リーグの一校である。

Brown University
BrownUniversity-UniversityHall.jpg
ユニバーシティ・ホール
ラテン語: Universitas Brunensis
モットー In Deo Speramus (Latin)
モットー (英語) In God We Hope[1]
種別 私立大学、セメスター制
設立年 1764年
資金 $3.07 billion (June 30, 2015)[2]
総長 Thomas J. Tisch
学長 Christina Hull Paxson
プロヴォスト Richard M. Locke[3]
学生総数 8,619[4]
学部生 6,182
大学院生 1,974
その他の学生
463 (medical)
所在地 米国
ロードアイランド州プロヴィデンス
北緯41度49分34秒 西経71度24分12秒 / 北緯41.8262度 西経71.4032度 / 41.8262; -71.4032座標: 北緯41度49分34秒 西経71度24分12秒 / 北緯41.8262度 西経71.4032度 / 41.8262; -71.4032
キャンパス 都市型
143 エーカー (579,000 m²)
Newspaper The Brown Daily Herald
スクールカラー Brown, Red, White[5][6][7]
     
運動競技 NCAA Division Iアイビーリーグ
ECAC Hockey, EARC/EAWRC
ニックネーム Brown Bears
マスコット Bruno the Bear
公式サイト www.brown.edu
Brown University logo.svg
テンプレートを表示

USニューズ&ワールド・レポート誌のランキングでは常に総合大学の上位20位以内にランクされる(2022年全国大学番付14位 (ワシントン大学セントルイスヴァンダービルト大学と同位)[8]、世界第119位。世界大学ランキングでは、QS世界大学ランキングで世界第60位、全米20位(2022)[9]タイムズ・ハイヤー・エデュケーションで世界第64位(2022)と評価された[10]

7人のノーベル賞、一人のフィールズ賞を輩出している。57人のローズ奨学制度獲得者[11]、5人のアメリカ人文科学勲章英語版[12]、8人の1000億円以上の所得保有者[13]、10人のアメリカ国家科学賞受賞者[14]を輩出している。

キャンパス編集

ロードアイランド州の州都、プロヴィデンス東部の高台に約60ヘクタールキャンパスを構える。大学周辺は「イーストサイド」、「カレッジヒル」と呼ばれ、高級住宅街とされる。他のアイヴィー・リーグ諸校のキャンパス同様、自然との融合を重視した設計で、「メイン・グリーン」と呼ばれる芝生公園を中心にキャンパスがデザインされている。

歴史編集

前身の「カレッジ・オブ・ロードアイランド」が、イギリス植民地時代の1764年に国内11番目の大学として設立された。 1804年にニコラス・ブラウンからの寄付金により、現在地であるロードアイランド州プロヴィデンスに移転し、ブラウン大学と改称した。校訓は In deo speramusラテン語で「我々は神のもとに希望を持つ」という意味)。アイヴィー・リーグ八校の一つである。

設立当初はバプティスト系の教育機関であった。しかし、同様に宗教系大学として設立されたアイヴィー・リーグ他校と違い、ブラウン大学は設立当初からバプティスト以外の宗教の信仰者も人種や性別に関わらず受け入れることで知られていた。従って、現在のリベラルな校風には歴史的背景がある。現在は、大学としては無宗教でありながら全宗教を受容するという姿勢を採っており、いくつかの宗教のために礼拝場所を提供(例えば、ローマ・カトリックプロテスタント仏教の学生団体にManning Chapelの使用を許可)しているなど、幅広い宗教を受容している。[15]

組織編集

2012年より、学長は、前任者ルース・J・シモンズ英語版と同じく女性であるクリスティーナ・パクソン英語版。寄付金総額は2007年2月現在23億ドル。2007年1月には、医学教育の更なる充実を支える為、一括寄付としては開学以来最高額である1億ドル(寄付当時の1ドル120円の為替レート計算で120億円)をウォーレン・アルパート基金から授与された。

学生編集

学生数は8,020人(学部生5,874人。大学院生2,146人)。

教育編集

教員数は628人。ブラウン大学の人気の理由には独自のカリキュラムや前衛的な研究、そして教授の質の良さがある。教授陣は世界的にトップクラスの研究者が占める。また、2002年アイビー・リーグは勿論、主要総合大学として初めて黒人女性を大学総長として迎えたことからもわかる通り、進歩的な政治姿勢を大切にする大学である。従って、保守的なイメージが強い他のアイビー・リーグ諸校と対照的である。生徒は62カ国以上から来ており、国際色が強い。

学生の満足度は全米1位である。[16]他のアイビー・リーグ校にも合格していながら、あえてブラウン大学へと進学する学生も多い。著名人では、ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・ジュニアハーバード大学マシ・オカがハーバード大学とマサチューセッツ工科大学エマ・ワトソンイェール大学コロンビア大学ケンブリッジ大学水沢アキの息子である水沢ジュリアン・スィーヒがイェール大学にそれぞれ合格を果たしつつ、最終的にはブラウン大学を選んでいる。[17][18][19]

毎年受験倍率が10倍程度にも達する最難関大学[20]の一つである。大学の公式情報によれば、2009年度の合格者の33%は高校の成績で首席か次席、96%がトップ10%以上(首席・次席含む)である(但し、学生が成績でランク付けされている高校のみ対象。それ以外の学校はほぼ同様の学力構成と見られている)。[21]なお、受験者のうち、高校の首席でも5人に4人、次席でも7人に6人、それ以外のトップ10%でも10人に9人は合格できていない。[21]

また、トップ大学にはSAT (大学進学適性試験)ACT (The American College Testing Program)を重視する大学とそうでない大学があるが、ブラウン大学は他のアイビー・リーグ校の一部と比べ、比較的後者に近いとされる(総合力を大学進学適性試験にも増して重視する)。実際、同大の場合、SATが満点でも5人に4人は合格できず、ACTが満点でも4人に3人は合格できていない。[22]

ブラウン大学は純粋な学問と研究の場を提供することを目標としているため、メディカル・スクールを除き、大学創設以来一貫してビジネス・スクールやロー・スクールあるいは教員養成大学院などの専門職大学院の設置を避け続けている(ただし、2010年からエグゼクティブ用のEMBAプログラムをスペインのIE Business Schoolと開始した[23])。この方針は、ブラウン大学と他のアイビー・リーグ諸校とを明確に識別する対照的な特徴である。そのため、戦後の日本において企業官庁との提携を通じてその名を知られることになったコロンビア大学やハーバード大学と比較すると、ブラウン大学の日本での知名度は低い。

日本との関係は意外に深く、慶應義塾大学の創設者である福澤諭吉は、ジョン万次郎の勧めでブラウン大学で西洋高等教育について学び、1868年慶應義塾設立に至ったとされている。諭吉に多大な影響を与えた経済学者は当時の学長フランシス・ウェーランド英語版であり、福翁自伝(王政維新)には、戊辰戦争の砲声の中でも「(ウェーランドの)英書経済の講釈をしていました」と氏への言及がある。そのため、慶應義塾では、5月15日を「福澤先生ウェーランド経済書講述記念日」としている。1994年には、慶應義塾大学の鳥居泰彦塾長(当時)が名誉博士号を授与されている。その他、卒業生のアルバート・アーノルド・ベネットは、宣教師として日本に渡り、関東学院大学の前身となる横浜バプテスト神学校を設立した。また、前述の鳥居泰彦をはじめ、何名かの日本人が同大の名誉学位を得ている。

ランキング編集

大学ランキング
国内
フォーブス[24] 7
USNWR[25] 14
WM英語版[26] 19
世界
QS[27] 56
タイムズ[28] 57

U.S. News & World Reportによれば、ブラウン大学の(総合力でなく)学部教育レベルのランキングは2021年版では全米「4位」である[29]。同誌の総合ランキング14位から乖離しているが、上述の理由(大規模な専門職大学院の設置を避け続けている、大学院の研究だけでなく学部の教育に多くのリソースを割いている等)から、企業等からの献金が他の主要大学に比べて非常に少なく、アイビー・リーグの中では経済基盤が最も脆弱であるため(施設の規模や教員数に影響している)、実際の学部教育のランキングが高くても総合ランキングが伸び悩んでいる(総合ランキングは総合力のようなのであり、日本の大学ランキングのような学力学力偏差値を直接反映していない。東京大学が偏差値でない総合ランキングで必ずしも1位でなく7位であったり[30]、比較的偏差値の低いマンモス私立総合大学がランキングで上位に食い込むのと同様)。

The Wall Street Journal/Times Higher Educationの2021年版全米大学ランキングでは5位、EducationCorner.comの2021年版全米大学ランキングでは7位である[31][32]USAトゥデイの2015年版大学ランキングでは6位になっており、同じく名門であるスタンフォード大学(7位)やプリンストン大学(8位)等を抑えている。[33]「College Factual」の2016年版ランキングでは7位であり、6位のプリンストン大学と8位のマサチューセッツ工科大学の間に位置している。[34]フォーブスの2019年版大学ランキングでは7位になっており、8位のカリフォルニア工科大学等を抑え、アイビー・リーグ校ではハーバード大学、イェール大学、プリンストン大学につぐ4位である。[35]LinkedInの「ソフトウェアディベロッパー (スタートアップ)」分野のトップ校」ランキングによれば全米3位である(1位のスタンフォード大学、2位のマサチューセッツ工科大学につぐ。4位のプリンストン大学、5位のカリフォルニア大学バークレー校の上)。[36]なお、こういったランキングは、1学年の生徒数は1500人以下であり、しかも、米国は4年制の大学が二千数百校以上あることを考慮すべきである。

また、ブラウン大学卒業生が志願した場合、全米ロー・スクールトップ3に合格できる確率は92%から95%に及び、ビジネス・スクールではその合格率が100%近くに達する。メディカル・スクールへの合格率は、全米で五本の指に入る。[21]

関連人物編集

主な出身者編集

王族、政財界から芸能界まで著名人が数多く輩出している。[37]連邦準備制度理事会理事の過半数がブラウン大学出身者だったこともある。2014年には、世界銀行総裁と連邦準備制度理事会議長という金融経済最高の両ポストを卒業生が占めることになった。リベラル系・民主党系の政治家が多いことでも知られているが、アイビー・リーグの中では映画・メディア関係者が非常に多いことで知られている。下記は、日本でも比較的知られている一部のみ。

卒業・退学年度順 学部卒(学士)は四年制卒業。文学士は文系、理学士は理数系の四年制卒業。PhB、修士、博士は大学院卒。

主な教職員編集

現在や過去に教員や職員として在籍した人物のリスト。

  • 渡邊武郎 (認知言語行動科学部、神経科学部、付属病院精神科)上級栄誉教授
  • 佐々木由香(認知言語行動科学部)教授
  • 玉置雅子(認知言語行動科学部)助教授
  • 柴田和久(認知言語行動科学部)元助教授、現在名古屋大学准教授
  • 野口博司(薬学者)博士研究員
  • 佐藤隆三(経済学者)教授
  • 南太郎 (医学部、呼吸器・集中治療・睡眠医学) 准教授

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Brown University Admission Facts and Figures”. Brown University. 2014年10月8日閲覧。
  2. ^ http://www.nacubo.org/Documents/EndowmentFiles/2015_NCSE_Endowment_Market_Values.pdf
  3. ^ Locke named 13th provost of Brown University”. News from Brown. Brown University. 2015年9月14日閲覧。 “Richard M. Locke ... has been appointed provost of the University ... [starting] July 1, 2015”
  4. ^ Facts about Brown University”. Brown University (2013年11月). 2014年9月29日閲覧。
  5. ^ https://www.brown.edu/admission/undergraduate/explore/admission-facts
  6. ^ http://www.brown.edu/webmaster/visual_identity/logo.html
  7. ^ http://brownbears.com/athletics/corporatesponsorship/Files/2012styleguide.pdf
  8. ^ National, global education rankings place Brown among world’s top universities” (英語). Brown University. 2022年6月28日閲覧。
  9. ^ QS World University Rankings 2022” (英語). Top Universities. 2022年4月3日閲覧。
  10. ^ Brown University” (英語). Times Higher Education (THE) (2021年10月19日). 2022年4月3日閲覧。
  11. ^ news.brown.edu/articles/2014/11/scholars
  12. ^ Awards & Honors: National Humanities Medals”. 2014年12月15日閲覧。
  13. ^ The 20 Universities That Have Produced The Most Billionaires”. Business Insider (2014年9月7日). 2015年7月26日閲覧。
  14. ^ Top Producers of U.S. Fulbright Students”. Chronicle of Higher Education. 2014年9月29日閲覧。
  15. ^ Faith Communities
  16. ^ The Princeton Review
  17. ^ エマ・ワトソンが、名門ブラウン大入学をダニエル・ラドクリフに報告
  18. ^ エマ・ワトソン ブラウン大学での授業『とても楽しみ』
  19. ^ 水沢アキの息子ジュリアン・スィーヒさんオフ・ブロードウェイで活躍
  20. ^ 栄陽子留学研究所
  21. ^ a b c Brown Admission: Facts & Figures
  22. ^ Admission Facts for the Class of 2017
  23. ^ IEビジネススクールとBrown大学が International EMBAプログラムスタート
  24. ^ America's Top Colleges”. Forbes.com LLC™. 2013年10月19日閲覧。
  25. ^ Best Colleges”. U.S. News & World Report LP. 2013年10月19日閲覧。
  26. ^ About the Rankings”. Washington Monthly. 2013年10月19日閲覧。
  27. ^ University Rankings”. QS Quacquarelli Symonds Limited. 2013年10月19日閲覧。
  28. ^ World University Rankings”. TSL Education Ltd.. 2013年10月19日閲覧。
  29. ^ [1]https://www.brown.edu/news/2021-09-21/rankings
  30. ^ 1位は東大ではなく
  31. ^ [2]
  32. ^ [3]
  33. ^ Overall Best Colleges
  34. ^ 全米大学総合ランキング
  35. ^ [4]
  36. ^ LinkedIn Ranking
  37. ^ How to apply to Brown University: Brown’s Prestige

関連項目編集

外部リンク編集