メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルバラード第二姓(母方の)はニエベスです。

ブラソ・デ・オロBrazo de Oro1959年10月7日 - )は、メキシコプロレスラーメキシコメキシコシティ出身。ブラソ・デ・オロとは日本語で『金の腕』の意味を持つ。そのために右腕には金色のサポーターをしている。本名:ヘスス・アルバラード・ニエベスJesús Alvarado Nieves)。元妻はレディ・アパッチェ

ブラソ・デ・オロ
プロフィール
本名 ヘスス・アルバラード・ニエベス
ニックネーム 金腕戦士
身長 170cm
体重 100kg
誕生日 (1959-10-07) 1959年10月7日(60歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
メキシコシティ
所属 CMLL
トレーナー ハム・リー
シャディト・クルス
デビュー 1975年
テンプレートを表示

来歴編集

父やハム・リーにルチャリブレのいろはを学び、1975年にメキシコシティでデビュー。三男のデビューでタッグチーム『ロス・ブラソス』結成。次男がデビューしてからはトリオのチーム『ロス・モスケテロス・デル・ディアブロ』を結成。1984年7月からはルードに転向。1981年8月には新日本プロレス『ブラティー・ファイト・シリーズ』、1985年1月には全日本プロレス『激突!!・オールスター・ウォーズ』に三男と共に来日を果たす。全日来日時にはグラン浜田と抗争を繰り広げた。1988年10月ビジャノ一家にマスカラ戦で破れ兄弟共々に素顔になる。1990年11月から1993年6月頃まで定期的に三男と共にユニバーサル・プロレスリングに来日。1991年6月からEMLLに移籍しリンピオに転向。2006年11月には無我に兄弟で来日した。2007年5月『ウルティモ・ドラゴン20周年記念&闘龍門メキシコ10周年記念』興行に参戦。

現在はCMLLのスタッフ兼選手のような形になっている。

家系編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャディト・クルス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブラソ・デ・プラタ
 
 
 
ブラソ・デ・オロ
 
レディ・アパッチェ
 
 
 
 
 
 
 
エル・ブラソ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブラソ・シベルネティコ
 
 
スペル・ブラソ
 
 
ラ・マスカラ
 
 
 
ブラソ・デ・プラティーノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サイコ・クラウン
 
マキシモ
 
インディア・スー
 
ダナー
 
ゴヤ
 
エル・ブラソ・ジュニア
 

得意技編集

タイトル履歴編集

  • 連邦区ヘビー級王座 : 2回
  • 連邦区ウェルター級王座 : 1回
  • ナウカルパンウェルター級王座 : 1回
  • UWA世界タッグ王座 : 1回
  • WWA世界タッグ王座 : 1回
  • NWAアメリカタッグ王座 : 1回
  • ロス世界タッグ王座 : 1回
  • プエブラタッグ王座 : 1回
  • メキシコナショナルタッグ王座 : 1回
  • UWA世界6人タッグ王座 : 3回
  • CMLL世界トリオ王座 : 2回
  • WWA世界6人タッグ王座 : 1回
  • 連邦区トリオ王座 : 1回
  • メキシコナショナルトリオ王座 : 2回
  • FILLトリオ王座 : 1回