メインメニューを開く
黒い白鳥

ブラック・スワン理論(ブラック・スワンりろん、英語:black swan theory)は、「ありえなくて起こりえない」と思われていたことが急に生じた場合、「予測できない」、「非常に強い衝撃を与える」という理論[1]。とりわけ予測できない金融危機自然災害をよく表している。

ヨーロッパでは白鳥は白い鳥だけと思われていたが、1697年オーストラリアで黒い白鳥(コクチョウ:ブラック・スワン)が発見される。以来、ありえなくて起こりえないことを述べる場合、“ブラックスワン”という言葉を使うようになった[2][3]

脚注編集

関連項目編集