メインメニューを開く

ブラック・ライヴズ・マター: Black Lives Matter、通称「BLM」)は、国際的社会運動の一つ。日本語に訳した場合「黒人の命も大切だ」と言った意味になる。アフリカ系アメリカ人のコミュニティが発足者となり、黒人に対する暴力や形式的な人種差別の撤廃を訴えるものである。特に白人警官による無抵抗な黒人への暴力や殺害、人種による犯罪者に対する不平等な取り扱いへの不満を訴えている[1]

ブラック・ライヴズ・マター
Black Lives Matter
Black Lives Matter logo.svg
設立年 2013年7月13日(5年前) (2013-07-13
設立者
種類 社会運動
位置
重要人物 ショーン・キング
ドゥレイ・マッケソン
ジョネッタ・エルジー
ウェブサイト BlackLivesMatter.com

概要編集

2013年、各SNS上で#BlackLivesMatterというハッシュタグが拡散された。これは2月にフロリダ州で黒人少年のトレイボン・マーティンが白人警官のジョージ・ジマーマンに射殺された事件に端を発する(トレイボン・マーティン射殺事件)。翌年2014年ファーガソン騒動によって命を落としたマイケル・ブラウン、エリック・ガーナー2名のアフリカ系アメリカ人の死亡事件に対して行われたデモ行進によってBLMは世界的に認知されるようになった[2]。同騒動以降、アフリカ系アメリカ人が犠牲となった警官の過剰な治安維持行為を糾弾するデモが拡大する。2015年に入るとBLMは2016年アメリカ合衆国大統領選挙を巻き込んだ運動に発展する[3]2014年から2016年にかけて、運動家であるアリシア・ガーザパトリッセ・カラーズオーパル・トメティの3名はハッシュタグのさらなる拡散などを求め、さらに全米各地に30箇所以上のネットワークを設立し、全国的なムーブメントに拡大させた[4]

ブラック・ライヴズ・マターは多くの反響を生んでいる。米国におけるBLM運動の参加者は人種によってばらつきが大きいと言われる。BLMへのカウンターとしてオール・ライヴズ・マター(: All Lives Matter)という運動も勃興した。しかしこれはBLMの本来の意義を取り違えているとして批判の声もある。さらに暴徒によってファーガソンの警官2人が襲撃を受け新たな運動に発展し、こちらも警官の人権を主張するブルー・ライヴズ・マター(: Blue Lives Matter)として一定の広がりを見せている。同運動に否定的な黒人の公民権運動家もいる。

反警察的な存在となったBLMに対して批判や疑念の声もある。また、前ニューヨーク市長のルドルフ・ジュリアーニ曰く、人種間の対立より同じ黒人間における犯罪や暴力事件に注視するべきだとか、黒人女性に対する配慮が不十分であるという意見もあがっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Friedersdorf, Conor. "Distinguishing Between Antifa, ...." The Atlantic. August 31, 2017. August 31, 2017.
  2. ^ Luibrand, Shannon (2015年8月7日). “Black Lives Matter: How the events in Ferguson sparked a movement in America”. CBS News. 2016年12月18日閲覧。
  3. ^ Eligon, John (2015年11月18日). “One Slogan, Many Methods: Black Lives Matter Enters Politics”. The New York Times. 2016年12月18日閲覧。
  4. ^ Cullors-Brignac, Patrisse Marie (2016年2月23日). “We didn't start a movement. We started a network.”. Medium. 2016年12月18日閲覧。

関連項目編集