ブラッド・イン ブラッド・アウト

ブラッド・イン ブラッド・アウト』(原題:Blood In Blood Out / Bound by Honor)は、1993年制作のアメリカ合衆国の映画

ブラッド・イン ブラッド・アウト
Blood In Blood Out / Bound by Honor
監督 テイラー・ハックフォード
脚本 ジミー・サンティアゴ・バカ
ジェレミー・アイアコーン
フロイド・マトラックス
原作 ロス・トーマス
製作 テイラー・ハックフォード
ジェリー・ガーシュイン
製作総指揮 ジミー・サンティアゴ・バカ
ストラットン・レオポルド
出演者 ダミアン・チャパ
ベンジャミン・ブラット
ジェス・ボレッゴ
音楽 ビル・コンティ
撮影 ガブリエル・ベリスタイン
編集 フレドリック・スタインカンプ
製作会社 ハリウッド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年4月16日
日本の旗 1993年10月16日
上映時間 180分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語スペイン語アラビア語
製作費 $35,000,000[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $4,496,583[3]
テンプレートを表示

イーストロサンゼルスメキシコ系アメリカ人居住区を舞台に、血の束縛から逃れようとする3人のメキシコ系アメリカ人青年の青春を描いた作品。タイトルの意味は、メキシカン・マフィアの掟「血により入り血により出る」、すなわち殺人や流血により入会し、脱退しようとする者は殺されるという決まりから。

第6回東京国際映画祭最優秀監督賞受賞(テイラー・ハックフォード[4]

あらすじ編集

1972年、イーストロサンゼルスメキシコ系アメリカ人が多く住む町にメキシコ系と白人との混血の青年ミクロが帰って来た。ミクロの兄弟でストリートギャングのリーダーのパコとアーティストを目指すクルスの2人は彼を温かく迎える。

ある時、ミクロは縄張りに侵入して来た敵を痛め付けた報復としてクルスを車椅子生活にしたスパイダーを射殺したため、サン・クエンティン州立刑務所に収監される。

そこでミクロはメキシコ系のグループのリーダー・モンタナに助けられたことから、メキシコ系として認められたいと思ったミクロは、モンタナの一派に入りたいと申し出る。ミクロはモンタナの指示を次々と確実に実行していき、次第に認められるようになる。一方、クルスは麻薬に溺れ、パコは麻薬捜査官になっていた。

1980年、仮出所したミクロは足を洗おうとするが、刑務所時代の仲間と接触により、現金輸送車強奪計画に加わることになってしまい、さらにその現場でパコと思わぬ再会をしてしまい、彼に撃たれて片足を失ってしまう。

1983年、再び刑務所に入ったミクロはそこのリーダー格となった。ある日、刑務所内で暴動が起こり、それを鎮めるためにパコが派遣され、2人はまたしても思わぬ再会をすることに…。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

脚注編集

外部リンク編集