ブラッド・ブラック

ブラッド・ブラックBrad Brach, 1986年4月12日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州モンマス郡フリーホールド・タウンシップ英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBニューヨーク・メッツ所属。愛称はB-ラッド[2]

ブラッド・ブラック
Brad Brach
ニューヨーク・メッツ #29
Brad Brach (33377011478) (cropped).jpg
アトランタ・ブレーブス時代
(2018年8月8日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州モンマス郡フリーホールド・タウンシップ英語版
生年月日 (1986-04-12) 1986年4月12日(33歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト42巡目
初出場 2011年8月31日 ロサンゼルス・ドジャース
年俸 $498,200(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとパドレス時代編集

 
サンディエゴ・パドレス時代
(2012年9月11日)

2008年MLBドラフト42巡目(全体1275位)でサンディエゴ・パドレスから指名され、プロ入り。ドラフトの際には2日目までに指名されなかった時点で指名をほぼ諦めており、最終日に指名の知らせを受けた時は自宅の庭で芝刈りをしていた[3]契約金はわずか1000ドルだった[4]

2011年8月31日のロサンゼルス・ドジャース戦で4番手として登板し、メジャーデビューを果たした[5]。この年は9試合に登板し、防御率は5.00を超えたものの、投球イニング数を上回る11奪三振を記録した。

2012年故障者リスト入りしたティム・ストーファーに代わって、開幕ロースター入りした[6]。同年は67試合にリリーフ登板してメジャー初勝利を含む2勝を挙げ、防御率も3.00台まで落とすなど飛躍のシーズンを過ごした。また、奪三振の多さも健在であり、奪三振率10.1をマークした。

2013年、登板試合数が半減以下となる33試合だったが、防御率を3.19まで改善した。また、投球イニングと同数の三振31を奪ったものの、メジャーデビュー以来で初めて奪三振率が10.00未満となった。

オリオールズ時代編集

 
ボルチモア・オリオールズ時代
(2018年7月12日)

2013年11月25日にデビン・ジョーンズとのトレードで、ボルチモア・オリオールズへ移籍した[7]

2014年3月11日にオリオールズと1年契約に合意した[8]。この年は46試合にリリーフ登板し、防御率3.18・7勝(1敗)を記録して再ブレイクを果たした。

2015年は、オリオールズのリリーフ陣の一角として62試合に登板。自身初の防御率3.00未満となる2.72、自己最多の89奪三振を奪った。2011年のデビュー以降の5シーズンで、奪三振率が10.00を超えたのは3度目である。

2016年もリリーフ陣の一角として、開幕からフル回転。前半戦で40試合に登板し、防御率0.91・6勝1敗15ホールド・49.1イニングで58奪三振という驚異的な成績をマーク[9]。この活躍ぶりからオールスターのメンバーに選出された。その後の調子はやや低下したものの、最終的には自己ベストとなる71試合に登板。いずれも自己ベストの防御率2.05・10勝(4敗)・92奪三振・WHIP1.04という数値を黒くして、抑えザック・ブリットンと共にブルペンを支えた。

2017年はブリットンの故障離脱の間クローザーも務め、67試合に登板。自己ワーストの5敗を喫し、3年ぶりに防御率が3点台となったが、4勝・18セーブとリリーフの一角として存在感を示した。

ブレーブス時代編集

2018年7月29日にインターナショナル・ボーナス・プール(海外選手契約金枠)とのトレードで、アトランタ・ブレーブスへ移籍した[10]。オフの10月29日にFAとなった[11]

カブス時代編集

2019年2月11日にシカゴ・カブスと1年300万ドル(2020年のミューチュアル・オプション付き)の契約を結んだ[12]。8月3日にDFAとなり[13]、5日に自由契約となった[11]

メッツ時代編集

2019年8月8日にニューヨーク・メッツとメジャー契約を結んだ[14]。オフの10月31日にFAとなった[15]が、12月6日に1年85万ドルで再契約した[16]

投球スタイル編集

サイドスローに近いスリークォーターで投げる[17]。90 - 94mphフォーシーム、80 - 85マイルのスライダーの2球種がメインで、主に左打者用に82 - 86mphのスプリッターも投げる[18]。三振奪取力が高く、投球イニング以上の奪三振を記録したシーズンが3度ある(2014年度シーズン終了時点)。

被本塁打の多さが欠点であり[17]、特に2012年は66.2イニングで11本を浴びた。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2011 SD 9 0 0 0 0 0 2 0 0 .000 38 7.0 9 0 7 4 1 11 1 0 5 4 5.14 2.29
2012 67 0 0 0 0 2 4 0 15 .333 280 66.2 50 11 33 7 2 75 4 0 28 28 3.78 1.25
2013 33 0 0 0 0 1 0 0 2 1.000 141 31.0 36 3 19 0 0 31 4 0 15 11 3.19 1.77
2014 BAL 46 0 0 0 0 7 1 0 8 .875 254 62.1 48 6 25 1 1 54 2 0 24 22 3.18 1.17
2015 62 0 0 0 0 5 3 1 15 .625 324 79.1 57 7 38 3 0 89 1 0 25 24 2.72 1.20
2016 71 0 0 0 0 10 4 2 24 .714 311 79.0 57 7 25 1 0 92 4 1 23 18 2.05 1.04
2017 67 0 0 0 0 4 5 18 9 .445 275 68.0 51 7 26 1 0 70 4 1 27 24 3.18 1.13
2018 42 0 0 0 0 1 2 11 3 .333 185 39.0 50 4 19 1 0 38 1 0 24 21 4.85 1.77
ATL 27 0 0 0 0 1 2 1 8 .333 104 23.2 22 1 9 1 1 22 2 1 8 4 1.52 1.31
'18計 69 0 0 0 0 2 4 12 11 .333 289 62.2 72 5 28 2 1 60 3 1 32 25 3.59 1.60
2019 CHC 42 0 0 0 0 4 3 0 4 .571 181 39.2 42 3 28 1 1 45 3 0 27 27 6.13 1.76
NYM 16 0 0 0 0 1 1 0 2 .500 61 14.2 15 1 3 1 0 15 0 0 6 6 3.68 1.23
'19計 58 0 0 0 0 5 4 0 6 .556 242 54.1 57 4 31 2 1 60 3 0 33 33 5.47 1.62
MLB:9年 482 0 0 0 0 36 27 33 90 .571 2154 510.1 437 50 232 21 6 542 26 3 212 189 3.33 1.31
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手(P)












2011 SD 9 0 0 0 0 ----
2012 67 2 6 2 1 .800
2013 33 2 5 0 1 1.000
2014 BAL 46 2 6 3 1 .727
2015 62 3 6 1 1 .900
2016 71 5 4 0 0 1.000
2017 67 7 8 0 2 1.000
2018 42 1 4 1 1 .833
ATL 27 0 2 0 0 1.000
'18計 69 1 6 1 1 .875
2019 CHC 42 4 6 0 1 1.000
NYM 16 1 0 0 0 1.000
'19計 58 5 6 0 1 1.000
MLB 482 27 47 7 8 .914
  • 2019年度シーズン終了時

記録編集

背番号編集

  • 58(2011年 - 2013年)
  • 35(2014年 - 2018年7月28日)
  • 46(2018年7月30日 - 同年終了)
  • 29(2019年 - )

脚注編集

  1. ^ Brad Brach Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2014年3月5日閲覧。
  2. ^ Orioles Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月4日閲覧
  3. ^ Brach fondly recalls his Draft week padres.com
  4. ^ Brad Brach beat long odds to reach Padres' bullpen padres.com
  5. ^ August 31, 2011 San Diego Padres at Los Angeles Dodgers Box Score and Play by Play Baseball-Reference.com
  6. ^ Padres place Tim Stauffer on DL ESPN
  7. ^ Orioles acquire RHP Brad Brach from San Diego”. MLB.com Orioles Press Release (2013年11月25日). 2014年2月25日閲覧。
  8. ^ Orioles agree to terms with 19 players on one year contracts”. MLB.com Orioles Press Release (2014年3月11日). 2014年3月12日閲覧。
  9. ^ Brab Brach 2016 Pitching Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年10月8日閲覧。
  10. ^ Do-Hyoung Park (2018年7月29日). “Braves land righty reliever Brach from O's” (英語). MLB.com. 2018年8月4日閲覧。
  11. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2019年8月6日閲覧。
  12. ^ Jordan Bastian (2019年2月11日). “Cubs, reliever Brach complete deal” (英語). MLB.com. 2019年3月13日閲覧。
  13. ^ TC Zencka (2019年8月3日). “Cubs DFA Brad Brach, Activate Cole Hamels” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年8月6日閲覧。
  14. ^ Anthony DiComo (2019年8月8日). “Brad Brach joins Mets' bullpen” (英語). MLB.com. 2019年8月9日閲覧。
  15. ^ Thomas Harrigan, Manny Randhawa and Paul Casella (2019年11月8日). “Here are every team's free agents this winter” (English). MLB.com. 2019年12月2日閲覧。
  16. ^ Anthony DiComo (2019年12月6日). “Mets re-sign reliever Brach, designate Flexen” (英語). MLB.com. 2019年12月7日閲覧。
  17. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、34頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  18. ^ Brooks Baseball · Home of the PitchFX Tool - Player Card: Brad Brach

関連項目編集

外部リンク編集