メインメニューを開く

ブラディミール・ゲレーロ・ジュニア

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はゲレーロ第二姓(母方の)はラモスです。

ブラディミール・ゲレーロ・ラモス・ジュニアVladimir Guerrero Ramos Jr., スペイン語発音: [bla.ði.ˈmiɾ ɡɛ.ˈrɛ.ɾo ɟ͡ju.ˈnjoɾ][2], 英語発音: [ˈvlædəmɪr gəˈrɛroʊ ˈd͡ʒunjɚ][3]; 1999年3月16日 - )は、カナダ連邦ケベック州モントリオール出身のプロ野球選手三塁手)。右投右打。MLBトロント・ブルージェイズ所属。

ブラディミール・ゲレーロ・ジュニア
Vladimir Guerrero Jr.
トロント・ブルージェイズ #27
Vladimir Guerrero Jr.jpg
2019年7月13日
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
二重国籍
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州モントリオール
生年月日 (1999-03-16) 1999年3月16日(20歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
250 lb =約113.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 2015年 アマチュアFA
初出場 2019年4月26日 オークランド・アスレチックス
年俸 $555,000(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

父のブラディミール・ゲレーロと叔父のウィルトン・ゲレーロ英語版は元メジャーリーガーで、従兄弟にもメジャーリーガーのガブリエル・ゲレーロ英語版がいる。

目次

経歴編集

父がモントリオール・エクスポズ所属時にモントリオールで生まれた。

ブルージェイズ時代編集

2015年7月2日トロント・ブルージェイズと契約してプロ入り[4]

2016年に傘下のアパラチアンリーグのルーキー級ブルーフィールド・ブルージェイズ英語版でプロデビュー[5]。62試合に出場して打率.271 、8本塁打、46打点、15盗塁の成績を残し、8月にはアパラチアンリーグのオールスターチームに選出された[6]

2017年にMLB.comが発表したプロスペクト英語版ランキングでは26位、ブルージェイズの組織内では1位にランクインした[7][8]。シーズンでは開幕からA級ランシング・ラグナッツでプレーし、7月にはA+級ダニーデン・ブルージェイズへ昇格した。6月28日に同じブルージェイズ傘下所属のボー・ビシェットと共に[9]同年のオールスター・フューチャーズゲームの世界選抜に選出された[10]。2球団合計で119試合に出場して打率.323、13本塁打、76打点、OPS.910などの好成績を残した。

2018年は、マイナー全体で最高となる打率.381、長打率.636、OPS1.073をマーク。29二塁打、20本塁打、78打点、出塁率.437など各部門で自己最高の成績を残し、2試合連続無安打が1度もなかった(最後に2試合連続無安打に終わったのは2017年7月20~21日)。内訳としてはAA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツの61試合で打率.402、AAA級バッファロー・バイソンズでの30試合で打率.336であった。この活躍によりベースボール・アメリカ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞USAトゥデイ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞を受賞した[11][12]。また、「MLB Pipeline」による2018年シーズンの最優秀打者にも選出された[13]

2019年はメジャーのスプリングトレーニングに参加したが、腹斜筋を痛めて3月10日に離脱した[14]。開幕に出遅れたが、AAA級バッファローでは8試合で打率.367・3本塁打・8打点を記録した。4月24日、球団が26日にメジャー昇格させることを発表した[15]。4月26日のオークランド・アスレチックス戦でメジャー初昇格・初スタメンを果たすと、第4打席でヤスメイロ・ペティットから初ヒットとなる二塁打を放ち、チームのサヨナラ勝ちに貢献した[16]。5月14日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で初本塁打を放ち、20歳59日で球団の史上最年少記録を更新した。この週に計4本塁打を放ち、自身初の週間MVP英語版を獲得し[17]、ここでも球団最年少記録をつくった。同月31日にはMLB全体の月間最多本塁打記録を更新する1135本目の本塁打を放った[18]オールスターゲーム本塁打競争に選出された。1回戦で29本塁打を放ち、1ラウンドの史上最多記録を打ち立てた。準決勝でも29本塁打を放ったが対戦相手のジョク・ピーダーソンも並び、2回のサドンデスの末勝利した[19]。決勝は疲労の影響もあり22本に留まり、ピート・アロンソに敗れた。計91発も史上最多記録となった[20]

プレースタイル編集

2004年MVPを受賞した同名の父とスウィングがそっくりで、悪球打ちも得意とする。一方、身体能力は父より格段に劣る上、太りやすい体質で将来は一塁手へ移ると予測する声もある[21]

詳細情報編集

記録編集

MiLB

背番号編集

  • 27(2019年 - )

脚注編集

  1. ^ Vladimir Guerrero Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年4月28日閲覧。
  2. ^ スペイン語の発音記号変換ツール”. easypronunciation.com. 2019年3月19日閲覧。
  3. ^ 英語のIPA発音記号変換(アメリカ英語)”. tophonetics.com. 2019年3月19日閲覧。
  4. ^ Jesse Sanchez (2015年7月2日). “Blue Jays agree to deal with Vladimir Guerrero Jr.”. MLB.com. 2017年7月17日閲覧。
  5. ^ Simmons, Jeff (2016年6月22日). “Vladimir Guerrero Jr. to debut with Blue Jays’ rookie ball affiliate”. Sportsnet. 2017年7月17日閲覧。
  6. ^ Postseason All-Star Teams”. MiLB.com. 2017年7月17日閲覧。
  7. ^ 2017 MLB Prospects Watch – 100 Prospects. MLB.com. Retrieved on July 17, 2017.
  8. ^ 2017 MLB Prospects Watch – Toronto Blue Jays Top 30 Prospects list. MLB.com. Retrieved on July 17, 2017.
  9. ^ Blue Jays to promote prospects Bichette, Guerrero Jr. to Dunedin”. Sportsnet (2017年7月6日). 2017年7月17日閲覧。
  10. ^ Moncada, Rosario highlight loaded Futures Game rosters MLB.com (英語) (2017年6月29日) 2017年8月3日閲覧
  11. ^ Guerrero Jr. named Baseball America Minor League Player of the Year”. MiLB.com. 2018年9月10日閲覧。
  12. ^ https://www.usatoday.com/story/sports/mlb/2018/09/05/vladimir-guerrero-jr-blue-jays-minor-league-player-year/1197952002/”. USA TODAY. 2018年9月10日閲覧。
  13. ^ Vlad Jr. runs away with Pipeline Hitter of the Year”. MLB.com. 2018年9月7日閲覧。
  14. ^ Vlad Jr. strains left oblique, out 3 weeks”. MLB.com. 2019年4月25日閲覧。
  15. ^ 超有望株ゲレーロJr.が待望のメジャーデビューへ”. nikkansports.com. 2019年4月27日閲覧。
  16. ^ Every at-bat: Vlad Jr. delivers clutch hit in debut”. MLB.com. 2019年4月27日閲覧。
  17. ^ Vlad Jr., Bell earn Player of Week honors”. MLB.com. 2019年7月9日閲覧。
  18. ^ MLBフライボール革命で月間本塁打最多1135本”. nikkansports.com. 2019年7月9日閲覧。
  19. ^ 歴史的な大激戦! ゲレーロJr.が3度の延長戦の末に40発対39発で決勝進出”. Full-count. 2019年7月9日閲覧。
  20. ^ メッツのアロンソは史上3人目のルーキーV ゲレーロJr.の91発は史上最多記録”. Full-count. 2019年7月9日閲覧。
  21. ^ 「2017プロスペクト・ランキングTOP100」『月刊スラッガー』2017年5月号 日本スポーツ企画出版社 36頁

関連項目編集

外部リンク編集