レプコ・ブラバム・BT24 (Repco Brabham BT24) は、ブラバムが開発したフォーミュラ1カー1967年シーズンにブラバム・レーシングチームが使用した3台の車のうちの1つ。BT24のシャシーは3台のみが実戦に投入された。

ブラバム・BT24
Brabham BT24 1967.jpg
カテゴリー F1 / タスマンシリーズ
コンストラクター イギリスの旗 モーター・レーシング・ディベロップメント
デザイナー オーストラリアの旗 ロン・トーラナック
先代 BT23B
後継 BT26
主要諸元[1][2]
シャシー グラスファイバー製ボディ
鋼管製チューブラー・スペースフレーム
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, コイルスプリング オーバーダンパー, アンチロールバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, ツインラジアスアーム, コイルスプリング オーバーダンパー, アンチロールバー
エンジン レプコ 740, 2,994 cc (182.7 cu in), 90度 V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド DG 300, 5速 MT, ZF ディファレンシャル
燃料 エッソ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ブラバム・レーシング・オーガニゼーション
ドライバー オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム
ニュージーランドの旗 デニス・ハルム
オーストリアの旗 ヨッヘン・リント
アメリカ合衆国の旗 ダン・ガーニー
コンストラクターズタイトル 1 (1967年)
ドライバーズタイトル 1 (1967年)
デニス・ハルム
初戦 1967年ベルギーグランプリ
出走優勝ポールFラップ
21301
テンプレートを表示
2006年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで走行するブラバム・BT24

ロン・トーラナックが設計したBT24はスペースフレームのシャシーにパワー不足のレプコV8エンジンを搭載し、いくらか時代遅れであった。ほぼ同時期にデビューしたロータス・49と比べると、ブラバムは時代遅れに見えたが、その高い信頼性はウサギとカメになぞらえると、ウサギのロータスに対するカメとなった。

ディフェンディングチャンピオンのジャック・ブラバムと、デニス・ハルムのドライブするBT24はシーズン3勝を挙げ(シーズンのもう1勝はBT20による)、ロータスのジム・クラークが挙げた4勝にはかなわなかった物の、2位6回、3位2回、4位と5位が1回とチームは容易にコンストラクターズタイトルを獲得した。ドライバーズタイトルはハルムがチームオーナーのブラバムに5ポイント差を付けて獲得した。

加えてBT24はジャック・ブラバムの手でノンタイトル戦3勝をあげ、その中には1967年オウルトン・パークインターナショナルゴールドカップも含まれた。

その後編集

1968年シーズンは2台のオリジナルシャシーが開幕戦の南アフリカに投入され、ブラバムとヨッヘン・リントがドライブした。しかし第2戦用の新型BT26が準備できたため、2台のBT24は南アフリカの地元チームに売却された。サム・ティングルベイシル・ヴァン・ルーエンがその年の南アフリカF1選手権で3位と4位を記録した。ティングルは翌年の南アフリカグランプリにもBT24で出場し、8位となっている。その後彼のマシンは1970年1月までローカルイベントで使用され、一方ヴァン・ルーエンのマシンはゴードン・ヘンダーソンとアイバー・ロバーツが様々なレースで使用した。

3台目のBT24シャシーは1967年末に製作されたが、ブラバムチームで使用されたのは1968年の3レースのみだった。2戦はヨッヘン・リント、もう1戦はダン・ガーニーがドライブした。ドイツグランプリではクルト・アーレンスに貸与された。その後フランク・ウィリアムズが同車を購入、BT26と同様のウィングを装着、2.5リッターのコスワースDVWを搭載し1969年のタスマンシリーズに参戦した。ピアス・カレッジが全7戦で使用し、ニュージーランドのテレトンガ・パークで勝利した。そのほかには2位、3位、4位が1回、リタイアが3回となり、ランキング3位でシーズンを終えた。

ウィリアムズは1968年仕様の3.0リッターDFVに換装し、燃費の悪化に対応した追加の燃料タンクを装着したが、同車はプライベーターのシルビオ・モーザーが購入した。モーザーは1969年シーズンの7戦に参加し、最高位はワトキンズ・グレンでの6位であった。モーザーはまた、インターナショナルゴールドカップと、ヨーロッパヒルクライム選手権の2戦にも同車で参加した。

F1における全成績編集

(key) (斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ポイント 順位
1967年 ブラバム・レーシング・オーガニゼーション レプコ・740 3.0 V8 G RSA
 
MON
 
NED
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
CAN
 
ITA
 
USA
 
MEX
 
63 (67)* 1位
ジャック・ブラバム Ret 1 4 2 1 2 5 2
デニス・ハルム 2 2 1 2 Ret 3 3
1968年 ブラバム・レーシング・オーガニゼーション レプコ・740 3.0 V8 G RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
MEX
 
10** 8位
ジャック・ブラバム Ret
ヨッヘン・リント 3 Ret Ret
ダン・ガーニー Ret
カルテックス・レーシングチーム レプコ・740 3.0 V8 D クルト・アーレンス 12
1969年 チーム・ガンストン レプコ・620 3.0 V8 F RSA
 
ESP
 
MON
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
MEX
 
0 NC
サム・ティングル 8
シルビオ・モーザー・レーシングチーム フォードコスワースDFV 3.0 V8 G シルビオ・モーザー Ret Ret 7 Ret Ret 6 11 49 (51)^ 2位
Source:[3]

各戦とも完走者上位6名に 9-6-4-3-2-1 ポイントが与えられたが、各チームの上位の車のみに与えられた。1967年と69年は前半6戦の内ベスト5戦と後半5戦の内ベスト4戦、1968年は前半6戦の内ベスト5戦と後半6戦の内ベスト5戦が有効ポイントとして計算された。
* 1967年は18ポイントがBT19BT20によって獲得された。
** 1968年は4ポイントのみがBT24によって獲得された。
^ 1969年のブラバム・フォードの獲得ポイントはすべてブラバム・BT26によるものであった。

参照編集

  1. ^ ブラバム・BT24 @ StatsF1
  2. ^ ブラバム・BT24 @ Ultimatecarpage
  3. ^ Small, Steve (1994). The Guinness Complete Grand Prix Who's Who. Guinness. pp. 14, 77, 171, 192, 260, 319 and 382. ISBN 0851127029