メインメニューを開く

ブラバム・BT50 (Brabham BT50) は、ブラバム1982年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。デザイナーはゴードン・マレーネルソン・ピケリカルド・パトレーゼがドライブした。

ブラバム・BT50
BT50
BT50
カテゴリー F1
コンストラクター イギリスの旗 ブラバム
デザイナー 南アフリカ共和国の旗 ゴードン・マレー,
イギリスの旗 デヴィッド・ノース
先代 ブラバム・BT49D
後継 ブラバム・BT52
主要諸元
シャシー アルミニウム製モノコック
エンジン BMW M12/13, L4T 1.5リッター, 570-600馬力, 直列4気筒, t/c, 縦置き
トランスミッション ヒューランド / アルファロメオ製, 5速, MT
重量 585kg
燃料 エルフ, バルボリン
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム イギリスの旗 パルマラット・レーシングチーム
ドライバー ブラジルの旗 ネルソン・ピケ
イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ
初戦 南アフリカ共和国の旗 1982年南アフリカグランプリ
出走優勝ポールFラップ
13113
テンプレートを表示

概要編集

BT49フォード・コスワースV8自然吸気エンジン (3,000cc) に換えて、BMW直4ターボエンジン (1,500cc) を搭載した。BMW・M12/13F2用2リッターエンジンをベースに開発されたもので、ドイツのKKK社製シングルターボを装備する。BT50は1981年イギリスGPのフリープラクティスで初めてテストされた。このときのラップタイムはBT49で記録した予選ベストラップより0.7秒遅かったが、トップスピードは24km/hも速かった。パワーもトルクも申し分なかったが、レースではエンジンの初期トラブルによるリタイアが多く、1度のテスト中に9回もエンジンブローを起こしたことがあった。

BT50はラップタイムこそ速かったが、安定性と信頼性に欠けたマシンだった。カーボンパネルで強化されたアルミモノコックやインボードの前後プルロッドサスペンションなど、多くの部分でBT49を踏襲していたが、NAエンジン用マシンだったBT49の進化型ではビッグトルク・ハイパワーのBMWエンジンにはダウンフォースも強度も不足していた。ギヤボックスはヒューランド製FG400のギヤにアルファロメオ製のケースを組み合わせたもので、1976年に開発されてから改良を加えながら使用してきたものだったが、やはり強度不足であることがシーズン中に判明した。

1982年は開幕戦から使用されたが、2台とも早々にリタイアし、第2,3戦はコスワースエンジンを搭載するBT49Dが使用された(第4戦は水タンク事件の抗議のためボイコット)。ネルソン・ピケは第5戦から最終戦までBT50をドライブしたが、リカルド・パトレーゼは第6〜8戦は再びBT49Dを使用した。シーズン出走32回(16戦×2ドライバー)のうち、BT49は9回、BT50は23回出走した。 ピケは第7戦デトロイトGPで予選落ちし、1週間後のカナダGPで優勝した。ドイツGPでもトップでも走行したが、周回遅れのエリセオ・サラザールと絡んで両者リタイアとなり、激昂したピケはサラザールにパンチを見舞った。コンストラクターズ選手権はチームに関係なく「コンストラクター+エンジン」の括りで順位が決まるため、ブラバム・BMWは7位(22ポイント)、ブラバム・フォードは9位(19ポイント)となった。

ピット戦略編集

ブラバムはデザイナーのゴードン・マレーの発案により、第10戦イギリスGPからレース中にピットインして給油・タイヤ交換を行う戦略を導入した。スタート時の燃料搭載量を減らしてハイペースで走り、ピットインで給油とタイヤ交換を行ってまたハイペースで走るという戦略だった。この戦略によって、BMWエンジンの燃費の悪さを補い、終始ハイペースで走ることができた[1]。また、満タンでのスタートではブーストを上げるなど戦略の幅が広がった。ピット作業の時間を短縮するため、BT50には3本のエアジャッキが装備され、ピットには高速インパクトレンチや高圧給油装置が用意された。また、マシンには燃料使用量をモニタリングするためにテレメトリーシステムが搭載され、BT50はF1で初めてテレメトリーシステムを搭載したマシンとなった。マレーは前年この作戦を思いつき、密かにピットクルーの訓練を重ねていたという[1]

初導入となったイギリスGPではトラブルで2台ともリタイアしたが、ピケがリタイア直前にピットインをテストした。次戦フランスGPではBMWエンジンのセットアップに悩み、予選ではパトレーゼ4位・ピケ6位とやや沈んだが、決勝では燃料搭載量を減らしてスタートする戦略を実行し、たった5周で1-2体制を築いた(結果は2台ともエンジントラブルでリタイア)。

1983年にはピット作戦を前提に、BT52の燃料タンクを小型化した。1984年にレース中の燃料給油は禁止されたが[2]、タイヤ交換は以後も定着することになり、ピット作業の素早さが競われるようになった。

F1における全成績編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
RSA
 
BRA
 
USW
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
CAN
 
NED
 
GBR
 
FRA
 
GER
 
AUT
 
SUI
 
ITA
 
CPL
 
1982年 1   ネルソン・ピケ Ret 5 Ret DNQ 1 2 Ret Ret Ret Ret 4 Ret Ret 30 5位
2   リカルド・パトレーゼ Ret Ret 15 Ret Ret Ret Ret 5 Ret Ret

参照編集

  1. ^ a b レーシングオン ブラバム特集号』三栄書房、2011年、pp.66 - 67。ISBN 9784779611759
  2. ^ その後、1994年から2009年まで再び燃料給油が認められた。