メインメニューを開く

ブラバム・BT55 (Brabham BT55) は、ブラバム1986年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーのゴードン・マレーがブラバムで最後に設計したマシンである。

ブラバム・BT55
カテゴリー F1
コンストラクター ブラバム
デザイナー ゴードン・マレー
先代 ブラバム・BT54
後継 ブラバム・BT56
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー ケブラー コンポジット モノコック
サスペンション(前) プルロッド ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) プッシュロッド ダブルウィッシュボーン
エンジン BMW M12/13/1, 1,499 cc (91.5 cu in), 直列4気筒, t/c, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ワイズマン製 7速 [2] MT
燃料 カストロール
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム モーターレーシング・ディベロップメント Ltd.
ドライバー 7. イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ
8. イタリアの旗 エリオ・デ・アンジェリス
8. イギリスの旗 デレック・ワーウィック
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1986年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
15 0 0 0
テンプレートを表示

概要編集

フラットボトム規定以後のF1マシンは、ターボエンジンの強大なパワーを路面に伝えるため、大きなリアウィングを装着してダウンフォースを獲得する手法を用いていた。リアウィングにクリーンな気流を当てるためには、前方にエンジンカウルなどの遮蔽物が無い方が望ましかった。また、車体の前面投影面積を減らすことは、トップスピードと燃費性能の向上につながった。

BT55の開発にあたり、設計者のマレーは徹底して車体の全高を低くするコンセプトを打ち出した。シャーシサイドはドライバーの肩が露出するほど異様に低く、ステアリングはフロントタイヤの高さよりも下にあり、ドライバーは寝そべるような格好で搭乗した。直列4気筒エンジンはV型エンジンに比べると全高が高くなってしまうので、BMWが左に72度傾いたM12/13/1エンジンを開発した。クランクシャフトが車体中央線からずれるため、ヴァイズマンが専用7速ミッションを開発した。コクピット後方の燃料タンクも横長になったので、ホイールベースが延長された。BT55の平たい特異なフォルムは「フラットフィッシュ(ヒラメ)」「ローライン」「スケートボード」などと呼ばれた。

しかし、新開発のミッションは信頼性に乏しく、エンジンもコーナリング時のGで潤滑に問題が発生するなど熟成不足によるトラブルが多発した。さらに、5月のポール・リカールテストでエリオ・デ・アンジェリスのマシンがクラッシュ・炎上し、デ・アンジェリスが死亡するという悪夢にも見舞われた。あまりの不調に第9戦イギリスGPでは、前年型のBT54が投入されるなどシーズンを通して不振に終わり、僅か2ポイントの獲得に終わった。

マレーは「完全に私のミスだった」「短時間で多くをやろうとし過ぎた」と回想している[3]。BT55の失敗によりブラバムを去り、マクラーレンに移籍することになるが、BT55のコンセプトの正しさは2年後のマクラーレン・MP4/4で証明されたと述べ[4]、「88年のマクラーレン (MP4/4) はマールボロの皮を被ったBT55だ[3]」と表現している。MP4/4に搭載された3軸ギアボックスもマレーがヴァイズマンに開発させたものだった[4]

スペック編集

シャーシ編集

エンジン編集

記録編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
BEL
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
MEX
 
AUS
 
1986 7   パトレーゼ Ret Ret 6 Ret 8 Ret 6 7 * Ret Ret Ret Ret Ret 13 Ret 2 9位
8   デ・アンジェリス 8 Ret Ret Ret
  ワーウィック Ret 10 9 8 7 Ret DNS Ret Ret Ret Ret
  • イギリスグランプリでは、パトレーゼのみ前年型のBT54を使用した。

脚注編集

  1. ^ STATS F1 - Brabham BT55”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ Brabham”. Weismann Transmissions. 2010年2月9日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ a b 『F1レーシング日本版』2008年5月号、三栄書房、 80頁。
  4. ^ a b 『レーシングオン ブラバム特集号』三栄書房、2011年、68頁。ISBN 9784779611759