メインメニューを開く

BT59編集

前オーナーの不祥事により、チームは日本のミドルブリッジグループに買収され、マシンには漢字や片仮名のスポンサーロゴが貼られた。ドライバーはステファノ・モデナと、チーム創始者の息子デビッド・ブラバム

BT59はT字型のインダクションポッドが特徴的で、搭載するジャッドEVエンジンは76度という狭角バンクのV8エンジンだった。

BT59は信頼性に欠け、ポイントを獲得することができなかった。ブラバムは予選落ちとリタイアを繰り返し、完走はわずか1回であった。モデナは完走6回、リタイア8回であった。

BT59Y編集

1991年にはヤマハと契約し、5バルブV12のOX99エンジンが独占供給された。同年の開幕2戦はBT59を改良したBT59Yで参戦し、マーティン・ブランドルは2戦とも完走したが、マーク・ブランデルは共にリタイアした。第3戦のサンマリノGPからはBT60Yが投入された。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1990年 BT59 ジャッド EV
V8、3.5リットル
P USA
 
BRA
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
MEX
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
2[1] 9位
7   デビッド・ブラバム DNQ Ret DNQ Ret 15 DNQ Ret DNQ Ret DNQ Ret DNQ Ret Ret
8   ステファノ・モデナ Ret Ret 7 11 13 9 Ret Ret 17 Ret Ret Ret Ret 12
1991年 BT59Y ヤマハ OX99
V12、3.5リットル
P USA
 
BRA
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
MEX
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
3[2] 9位
7   マーティン・ブランドル 11 12
8   マーク・ブランデル Ret Ret

参照編集

  1. ^ ブラバム・BT58でのポイントを含む。
  2. ^ ブラバム・BT60Yでのポイントを含む。