ブランシュ・ダンティニー

ブランシュ・ダンティニー(Blanche d'Antigny, 1840年5月9日 - 1874年6月30日)は、フランスの歌手、女優である。 その名声はこんにち、おもにエミール・ゾラが彼女を小説『ナナ』の主人公のモデルとして用いたという事実による。

『The penitent Madeleine』ポール・ボードリー作 19世紀 モデルはブランシュ・ダンティニー

人生編集

ブランシュ・ダンティニーは、マリー・エルネスティーヌ・アンティニー(Marie Ernestine Antigny)として、フランスのマルティゼ(Martizay)に生まれた。 父ジャン・アンティニー(Jean Antigny)は、地元教会の聖具室係であった。 彼女は14歳で恋人とブカレストに駆落ちしたが、彼を彼女は数人のジプシーのために捨てた。 パリに戻ってくるや、彼女はサーカスやさまざまなダンス・ホールで働いた。 彼女はまた、ポール・ボードリーの絵『The penitent Madeleine』のモデルになった。 彼女はロシアの警察の本部長の情婦になったが、彼は彼女をサンクトペテルブルクに、そして彼女がツァーリナの特別命令によってロシアを去らなければならなかったときに、ヴィースバーデン(Wiesbaden)に、連れて行った。 彼女がオペレッタの舞台でスターになるということを頭の中に入れたとき、すべてが、まさにゾラがのちに『ナナ』に記述することになるとおりになった: 彼女はただちに舞台で成功をおさめ、裕福な多くの恋人らの心をひきつけた。 エルヴェ(Hervé)は彼女をオペレッタ『Chilpéric』(1868年)のフレデグンド(Frédégonde)役に出演させ、 自分自身はその傑作『Le petit Faust』(1869年)の舞台で、彼女のマルグリット(Marguerite)を相手にファウストを演じたが、これはゲーテの劇とグノーのオペラの両者の輝かしいパロディーである。 ブランシュ・ダンティニーは、次に、1870年と1873年とのあいだのエルヴェ、オッフェンバックおよび彼らの弟子らのすべてのヒット作品の主役を演じた(『Le tour du chien vert』、『L'oeil crevé』、『パリの生活』(La vie parisienne)、『La Cocotte aux œufs d'or』等々)。 彼女の恋人らは彼女に贈り物をたくさん贈り、彼女のために大金を費やしたが、しかし彼女はそのうちひとつでも手放さないでいることはできなかった。 恋人のひとりの破産によってひきおこされた醜聞ののち、彼女はしばらくの間パリを発つほうがよいと考えた。 彼女はエジプトに行き、そこでカイロの舞台に現われ、ケディヴ(Khedive)と情事を持った。 彼女はこの旅行から腸チフスにかかって戻ってきて、一文無しになって友人全員から見捨てられて、ゆっくりと苦しみながら死んだ。 ブランシュ・ダンティニーは、パリのペール・ラシェーズ墓地に葬られた。

ゾラのジレンマ編集

ゾラの、ブランシュ・ダンティニーの後半生(1869年 - 1874年)を小説の主人公のモデルに据えるという決心は、作家ゾラの、独断論者ゾラにたいする勝利であった。 最初は、彼は売春、堕落、強欲、愚鈍その他と第二帝政のあいだの関係を「科学的に」証明しようと決意していたが、しかし彼の決心は、読者らに、その時期の警察記録も確認したものを明らかにした: 1870年の第二帝政の終わりは、寛容と歓喜の減少(「オッフェンバック時代」("Offenbachiad")という用語で意味されるような)であったかもしれないが、しかし売春、堕落、強欲その他の減少でなかったことは確実である。

記録編集

ブランシュは、ウマも馬車も持っていないのに、なぜカイロまで女中だけでなく、馭者も連れて行くのかその理由を訊ねられたとき、彼女は次のように答えたと伝えられる: 「なんていうこと! わたしはオギュスティーヌ(Augustine)に20,000フラン、ジュスタン(Justin)に35,000フラン借りているの。ふたりを残してわたしを行かせてくれっこないでしょう!」

出典編集

  • Zola, Émile (1972). Nana. translated with an introduction by George Holden,. London: Penguin Classics 
  • Houbre, Gabrielle (2006). Le livre des courtisanes : Archives secrètes de la police des moeurs (1861-1876) (alt. title: Les Cocottes). Paris: Taillandier 
  • Vauzat, Guy (1933). Blanche d'Antigny, actrice et demi-mondaine 1840–1874. Paris: Charles Bosse 
  • Dubé, Paul; Jacques Marchioro. “Paulus - Mémoires”. Du Temps des cerises aux Feuilles mortes. 2007年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月11日閲覧。

外部リンク編集