ブランシュ・ド・フランス (オーストリア公妃)

ブランシュ・ド・フランス(Blanche de France, 1282年頃 - 1305年3月1日)は、フランスフィリップ3世と2番目の妃マリー・ド・ブラバンの娘で、オーストリア公ルドルフ3世(のちのボヘミアルドルフ1世)の最初の妃。ドイツ語名はブランカ(Blanka)。異母兄にフィリップ4世ヴァロワ伯シャルルが、同母兄にエヴルー伯ルイが、同母姉妹にイングランド王妃マーガレットがいる。

ブランシュ・ド・フランス
Blanche de France
Blanche of France.jpg
16世紀に描かれたブランシュ

称号 オーストリア公
出生 1282年
Flag of France (XII-XIII).svg フランス王国パリ
死去 1305年3月1日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Austria.svg オーストリア公国ウィーン
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Austria.svg オーストリア公国ウィーン、ミノリーテン教会
配偶者 オーストリア公ルドルフ3世
家名 カペー家
父親 フランスフィリップ3世
母親 マリー・ド・ブラバン
テンプレートを表示
ブランシュのシール

1300年、ハプスブルク家ローマ王アルブレヒト1世の息子であるオーストリア公ルドルフ3世と結婚した。2人の間には1304年に夭逝した一女が生まれたのみで、1305年にブランシュはウィーンで死去した。翌1306年、ルドルフはヴァーツラフ2世の未亡人リクサ・エルジュビェタと再婚し、ボヘミア王位を獲得したが1307年に病死した。