メインメニューを開く

ブランデーグラス」は石原裕次郎のシングル。1977年4月21日に発売され、2年半後の1979年11月25日に再発された。

ブランデーグラス
石原裕次郎シングル
B面 足あと
恋の町札幌(1979年・85年盤)
粋な別れ(2005年盤)
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル テイチク
作詞・作曲 山口洋子小谷充
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間11位(オリコン
  • 1981年度年間22位(オリコン)
  • 18位(ザ・ベストテン
  • 石原裕次郎 シングル 年表
    不思議な夢
    (1977年)
    ブランデーグラス
    (1977年)
    恋いのち
    (1977年)
    テンプレートを表示

    解説編集

    発売当初はほとんど売れず、初回プレスは3500枚に留まったが[1]、発売から2年後、松山[要曖昧さ回避]有線放送で2位にランクイン[1]。その後、テレビ朝日系列のドラマ『西部警察』で曲を取り上げてもらうよう、高柳六郎が石原に相談[1]。同ドラマの第48話「別離のブランデーグラス」で、木暮謙三警視役を務める石原自らがこの曲を歌唱するシーンが放映され[1]、それをきっかけに全国的に注目されるようになった[1]

    オリコンチャートにおいては最高位で11位を獲得、100位以内には通算65週間ランクインするロングヒットとなった。

    シングル売上はテイチクエンタテインメント調べで累計152万枚(2005年5月現在)[2]

    『西部警察』のサウンドトラック・アルバム『西部警察 サウンド・トラック 総集編』には、ホーネッツ(同番組の劇伴曲の演奏を担当したバンド)によるインストゥルメンタル版が収録された。

    収録曲編集

    デビュー盤(1977年4月:RS-56)

    1. ブランデーグラス
    2. 足あと
      • 1、2共に、作詞:山口洋子 作曲・編曲:小谷充

    再発盤(1979年11月:RS-355、1985年2月:RE-3001)

    1. ブランデーグラス
      • 作詞:山口洋子、作曲・編曲:小谷充
    2. 恋の町札幌

    再発盤(2005年12月:TECA-1010/TESA-1010)

    1. ブランデーグラス
      • 作詞:山口洋子、作曲・編曲:小谷充
    2. 粋な別れ
    3. ブランデーグラス〈オリジナル・カラオケ〉
    4. 粋な別れ〈オリジナル・カラオケ〉

    脚注編集

    1. ^ a b c d e 『KAMZINE カムジン』(産業経済新聞社)2005年8月号、43頁。
    2. ^ 『KAMZINE カムジン』2005年8月号、41頁。

    関連項目編集

    外部リンク編集