ブランドン・ムロズ英語: Brandon Mroz, 1990年12月22日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス出身の男性フィギュアスケート選手(男子シングル)。2009年全米選手権2位。

ブランドン・ムロズ
Brandon MROZ
Figure skating pictogram.svg
Brandon Mroz at the 2009 Skate America.jpg
2009年スケートアメリカにて
photo by David W. Carmichael
基本情報
生年月日 (1990-12-22) 1990年12月22日(29歳)
出生地 ミズーリ州セントルイス
身長 178 cm
選手情報
コーチ トム・ザカライセック
元コーチ デビー・ドージェ・ハウ
ダグラス・リー
振付師 サンドラ・ベジック
トム・ディクソン
ジェフリー・バトル
ローリー・ニコル
元振付師 カタリナ・リンデン
カート・ブラウニング
所属クラブ ブロードムーアSC
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 216.80 2010 GP中国杯
ショート 76.10 2009 世界選手権
フリー 146.96 2010 GP中国杯
 
獲得メダル
フィギュアスケート
ジュニアグランプリファイナル
2006 ソフィア 男子シングル
2007 グダニスク 男子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

2011年ISUグランプリシリーズNHK杯において、ISU公式戦で初めて4回転ルッツを成功させた選手である[1][2]

経歴編集

2005年からコロラドスプリングスを拠点とし、同地のシャイアンマウンテン高校に在籍している。母親はシンクロナイズドスケーティングの元選手。

ミズーリ州セントルイスに生まれ、3歳のころにスケートを始めた。2003-2004シーズンに全米選手権ノービスクラス初出場を果たすが、翌2004-2005年シーズンは地区予選を勝ち上がることができなかった。

2005-2006年シーズン、全米選手権ノービスクラスに2度目の出場を果たし2位となる。フリースケーティングでは3回転アクセルを除く5種類全ての3回転ジャンプに成功、3回転ルッツ-3回転トウループのコンビネーションジャンプも決めた。トリグラフトロフィーではジュニアクラスでの国際大会初優勝を果たす。

2006-2007年シーズンよりジュニアグランプリに参戦し、JGP台湾杯で初優勝。JGPファイナルでは2位となった。全米選手権ではジュニアクラスに昇級して2位となり、初出場の世界ジュニア選手権では4位。

2007-2008年シーズンのジュニアグランプリは1戦目のJGPウィーン杯、2戦目のJGPブラオエン・シュベルター杯ともに優勝。JGPファイナルでは再び2位となった。全米選手権ジュニアクラスでも2年連続の2位。

2008-2009年シーズンは全米選手権、国際大会ともにシニアクラスに移行。全米選手権では初出場で2位となり、四大陸選手権及び世界選手権の代表に選出され、世界選手権では9位となった。

2011-2012年シーズンは9月のコロラドスプリングス競技会で4回転ルッツを成功させ、ISUに史上初の4回転ルッツ成功者と認定された[2][3]。続くNHK杯でもISU公式戦として初めて4回転ルッツに成功したものの[2]、総合順位は9位と振るわなかった。

主な戦績編集

大会/年 2003-04 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14
世界選手権 9
四大陸選手権 8 4
全米選手権 7 N 2 N 2 J 2 J 2 6 7 14 9 9
GPNHK杯 9
GPロステレコム杯 7 9
GP中国杯 2
GPエリック杯 5 3
GPスケートアメリカ 8
GPスケートカナダ 7
ガルデナスプリング杯 4
世界Jr.選手権 4 4
JGPファイナル 2 2
JGP B.シュベルター杯 1
JGPウィーン杯 1
JGP台湾杯 1
JGPメキシコ杯 2
トリグラフ杯 1 J
  • N = ノービスクラス、J = ジュニアクラス

詳細編集

2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月5日-12日 全米フィギュアスケート選手権ボストン 9
70.57
10
138.12
9
208.69
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年4月1日-3日 2013年ガルデナスプリング杯ガルデナ 2
68.84
5
121.42
4
190.26
2013年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権オマハ 10
66.06
10
136.36
9
202.42
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年1月22日-29日 全米フィギュアスケート選手権サンノゼ 12
67.47
15
132.67
14
200.14
2011年11月25日-27日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 6
69.35
9
116.14
9
185.49
2011年11月11日-13日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 3
74.83
9
110.00
9
184.83
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年1月23日-30日 全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ 3
71.61
9
141.88
7
213.49
2010年11月26日-28日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 3
72.46
3
141.85
3
214.31
2010年11月5日-7日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 4
69.84
2
146.96
2
216.80
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年1月25日-31日 2010年四大陸フィギュアスケート選手権全州 3
70.88
5
141.80
4
212.68
2010年1月14日-24日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 10
64.45
6
136.82
6
201.27
2009年11月12日-15日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレークプラシッド 3
71.40
11
102.60
8
174.00
2009年10月30日-11月2日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 11
54.50
4
127.30
7
181.80
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年3月23日-29日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 8
76.10
13
131.09
9
207.19
2009年2月2日-8日 2009年四大陸フィギュアスケート選手権バンクーバー 5
75.05
9
121.73
8
196.78
2009年1月18日-25日 全米フィギュアスケート選手権クリーブランド 4
74.88
2
154.82
2
229.70
2008年11月13日-16日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 6
65.44
5
124.02
5
189.46
2008年10月31日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダオタワ 6
67.03
7
125.20
7
192.23
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年2月25日-3月2日 2008年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 3
63.36
5
122.84
4
186.20
2008年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(セントポール 3
65.89
2
137.74
2
203.63
2007年12月6日-9日 2007/2008 ISUジュニアグランプリファイナルグダニスク 2
63.13
2
124.21
2
187.34
2007年10月310日-13日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ケムニッツ 4
56.89
1
122.84
1
179.73
2007年9月12日-15日 ISUジュニアグランプリ ウィーン杯ウィーン 4
54.69
1
130.64
1
185.33
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年2月26日-3月4日 2007年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オーベルストドルフ 7
57.21
2
121.19
4
178.40
2007年1月21日-28日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(スポケーン 2
61.76
3
116.80
2
178.56
2006年12月7日-10日 2006/3007 ISUジュニアグランプリファイナルソフィア 5
55.62
2
112.44
2
168.06
2006年10月10日-14日 ISUジュニアグランプリ 台湾杯台北 1
60.77
2
116.39
1
177.16
2006年9月12日-17日 ISUジュニアグランプリ メキシコ杯メキシコシティ 11
38.29
1
110.37
2
148.66
2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年4月12日-16日 2006年トリグラフトロフィー ジュニアクラス(イェセニツェ 1
52.48
1
111.54
1
164.02
2006年1月7日-15日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(セントルイス 1
49.68
3
99.05
2
148.73
2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年1月3日-11日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(アトランタ 7 7 7

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS EX
2013-2014 哀愁のヨーロッパ
ソウル・サクリファイス
曲:サンタナ
10番街の殺人
作曲:リチャード・ロジャースアール・ワイルド
2012-2013[4] マック・ザ・ナイフ
三文オペラより
作曲:クルト・ヴァイル
振付:ジェフリー・バトル
トッカータとフーガニ短調
作曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
振付:ローリー・ニコル
2011-2012 カルメン
作曲:ジョルジュ・ビゼー
編曲:レナード・バーンスタイン
振付:ジェフリー・バトル
2010-2011 セビリアの理髪師
作曲:ジョアキーノ・ロッシーニ
交響組曲『波止場
作曲:レナード・バーンスタイン
Greased Lightnin'
ボーカル:ジェフ・コナウェイジョン・トラボルタ
2009-2010 Temptation
作曲:ティト・プエンテ
Cherry Pink and Apple Blossom White
作曲:ティト・プエンテ
Mambo Jambo
作曲:テリー・シュナイダー
交響曲第5番
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
2008-2009[5] ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら
作曲:リヒャルト・シュトラウス
トッカータとフーガニ短調
作曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
振付:ローリー・ニコル
監獄ロック
作曲:エルヴィス・プレスリー
2007-2008 禿山の一夜
作曲:モデスト・ムソルグスキー
King of the Forest
作曲:エドウィン・マートン
2006-2007 即興詩 ニ短調
映画『愛のない愛人たち』より
作曲:ニーノ・ロータ
マラゲーニャ
演奏:エルネスト・レクオーナスタン・ケントン
監獄ロック
作曲:エルヴィス・プレスリー
2005-2006 Montoona Clipper
作曲:レス・ブラウン
映画『Mr.インクレディブル』より
作曲:マイケル・ジアッチーノ、ティム・シモネック

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 国際大会で初成功 ムロズが4回転ルッツ跳ぶ
  2. ^ a b c 国際スケート連盟によるブランドン・ムロズのバイオグラフィー (英語)
  3. ^ ISU homologates the first quadruple Lutz jump
  4. ^ Men rev up quads at Liberty Summer Competition
  5. ^ 「男子シングル」『フィギュアスケートDays vol.9』ダイエックス出版、2009年4月、pp.15-18[巻頭特集 2009世界選手権レポート]

参考文献編集