ブランド総合研究所

東京都港区の調査会社

株式会社ブランド総合研究所(ブランドそうごうけんきゅうじょ[4])は、東京都港区虎ノ門に本社を置く[1]民間調査会社[5]日経BP出身の田中章雄(現・代表取締役)によって2005年平成17年)11月21日に設立された。ロゴマークは英文社名である「Brand Research Institute」のイニシャル「BRI」を図案化したもので、多様な視点から見るという意味から、中央の「R」ののみを上下逆さまにデザインしている[1]

株式会社ブランド総合研究所
Brand Research Institute, Inc.[1]
地図
種類 株式会社
略称 ブランド総研、BRI[1]
本社所在地 105-0001
東京都港区虎ノ門1-8-5[1][2]
河野虎ノ門ビル4階[3]
設立 2005年11月21日[1]
法人番号 2010401059806 ウィキデータを編集
事業内容 地域・企業ブランドの研究・コンサルティング
代表者 田中章雄(代表取締役[1]
資本金 2,500万[1]
従業員数 約10人[1]
外部リンク www.tiiki.jp
テンプレートを表示

地域ブランド調査編集

日本都道府県および市区町村のイメージについて、全国およそ3万人へのアンケート調査を実施している[6]。結果は毎年秋に「都道府県魅力度ランキング」および「市区町村魅力度ランキング」として発表される[5]。「自治体通信簿」との異名を持ち[7]、次年度以降の計画や予算編成の参考とする自治体も多い[8]

都道府県魅力度ランキングでは北海道京都府東京都沖縄県神奈川県などが上位をキープする一方、茨城県栃木県群馬県埼玉県佐賀県などは下位から抜け出すことができない状況が続いている[5]2019年令和元年)、令和元年東日本台風(台風19号)による被害に追い打ちをかけるかたちで魅力度ランキング7年連続最下位という結果が判明した茨城県では、県のイメージを損ねるとして大井川和彦知事が不快感を顕わにし[9]、研究所側が謝罪する事態となった[10][注 1]。元茨城県議会議員の井手義弘は2017年11月13日付けのブログで、回答者の多くが大都市に偏在しており、その回答も個人の主観に基づくもので客観的ではないと指摘。とは言え、マスメディアを通じて話題を呼んでいることから、結果自体は真摯に受け止め、今後情報発信に努めていくと述べた[13]

都道府県魅力度ランキング2019[5]
順位 都道府県名
1 北海道
2 京都府
3 東京都
4 沖縄県
5 神奈川県
6 大阪府
7 奈良県
(略)
41 鳥取県
埼玉県
43 栃木県
44 徳島県
45 群馬県
46 佐賀県
47 茨城県

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 研究所は当初、例え魅力度ランキングで最下位という結果に終わったとしても、それ自体が注目を集める材料となるため、イメージ悪化には当たらないというスタンスをとっていた(2019年10月18日付の報道による)[8]。中途半端な順位に落ち着くよりは最下位になった方が目立つという考えから、自虐的なPRに走る向きもある[11]。茨城県は2017年度いばらきイメージアップ大賞で、茨城県が魅力度ランキング5年連続最下位となり話題を呼んだとして、研究所に対し「奨励賞」を授与している[12]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 会社概要”. ブランド総合研究所. 2019年11月17日閲覧。
  2. ^ 法人番号公表サイト 株式会社ブランド総合研究所”. 国税庁. 2019年11月17日閲覧。
  3. ^ 所在地・地図”. ブランド総合研究所. 2019年11月17日閲覧。
  4. ^ 典拠データ検索・提供サービス ブランド総合研究所”. 国立国会図書館. 2019年11月17日閲覧。
  5. ^ a b c d 林恭子 (2019年10月17日). “都道府県&市区町村魅力度ランキング2019【47都道府県・完全版】”. ダイヤモンド・オンライン (ダイヤモンド社). https://diamond.jp/articles/-/217740 2019年11月17日閲覧。 
  6. ^ 地域ブランド調査とは?”. ブランド総合研究所. 2019年11月17日閲覧。
  7. ^ 田中章雄 (2016年12月). “年に1度の「自治体の通信簿」発表 2016年は石川県・金沢市が上昇”. 宣伝会議. 2019年11月18日閲覧。
  8. ^ a b “茨城また魅力度最下位…台風被害もなぜ発表”. 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網). (2019年10月18日). http://www.news24.jp/articles/2019/10/18/07528462.html 2019年11月17日閲覧。 
  9. ^ “魅力度ランキング最下位の茨城知事「このタイミングは遺憾」 台風19号被害に絡め不快感”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2019年10月17日). https://www.sankei.com/politics/news/191017/plt1910170013-n1.html 2019年11月17日閲覧。 
  10. ^ 地域ブランド調査2019発表に関するお詫び”. ブランド総合研究所 (2019年10月21日). 2019年12月1日閲覧。
  11. ^ 殿村美樹 (2018年11月1日). “「どうせなら最下位」自虐に走る茨城と名古屋”. 読売新聞オンライン (読売新聞社). https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/20181030-OYT8T50024/ 2019年12月1日閲覧。 
  12. ^ いばらきイメージアップ大賞(事業終了)”. 茨城県 (2019年11月15日). 2019年11月18日閲覧。
  13. ^ 井手義弘 (2017年11月13日). “都道府県の“魅力度ランキング”、結果を冷静に考える”. 2019年11月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集