メインメニューを開く

ブリストル空港(IATA:BRS / ICAO:EGGD)は、イングランド ノース・サマセット ラルスゲート・ボトム ブリストル市中心地から南西へ13Kmに位置する民用空港である。 ブリストル(ウィットチャーチ)空港の代替に、1957年に空軍基地の跡地にブリストル(ラルスゲート)空港が地方空港として開設された。 1997年から2010年の間は、ブリストル国際空港として運用された。

ブリストル空港
Bristol Airport
Bristol airport overview.jpg
IATA: BRS - ICAO: EGGD
概要
国・地域 イギリスの旗 イギリス
所有者 オンタリオ州教員年金制度
運営者 ブリストル空港会社
運用時間 24H
拠点航空会社 イージージェットライアンエアートーマス・クック航空TUIエアウェイズbmi航空
標高 190 m (622 ft)
座標 北緯51度22分58秒 西経2度43分09秒 / 北緯51.38278度 西経2.71917度 / 51.38278; -2.71917座標: 北緯51度22分58秒 西経2度43分09秒 / 北緯51.38278度 西経2.71917度 / 51.38278; -2.71917
公式サイト www.bristolairport.co.uk
地図
サマセットの中での位置
サマセットの中での位置
EGGD
サマセットの中での位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
09/27 2,011×45 アスファルト
統計 (2015)
旅客数 6,786,790
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

1997年にファーストグループが株式の過半数が購入。2001年 マッコーリー・グループを始めとするジョイントベンチャーに売却され、2014年9月14日、オンタリオ州教員年金制度がマッコーリー・グループから株式を購入し、唯一の所有者となった。

670万人(前年比 7.1%増)が利用する英国の9番目に利用される空港である。(2015年) 25.7%がブリストルへの旅行者、18.9%がウェールズへの旅行者、18.5%サマセットへの旅行者、12.4%がデヴォンへの旅行者が利用をした。(2012年調査)

イージージェット、ライアンエアー、トーマス・クック航空、TUIエアウェイズ、bmi航空が拠点空港として利用をしている。英国民間航空安全庁 CAA公共利用空港ライセンス(P432)を有しており、旅客機の訓練飛行が許可されている。

脚注編集

  1. ^ Bristol - EGGD”. Nats-uk.ead-it.com. 2016年12月25日閲覧。
  2. ^ UK Airport Statistics”. Civil Aviation Authority. 2016年12月25日閲覧。