ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ

イングランド・スコットランド・ウェールズ・アイルランドの代表選手から選抜される、ラグビーユニオン競技の特別チーム

ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ英語: The British and Irish Lions) は、ラグビーユニオンホームユニオンイングランドスコットランドウェールズアイルランド)の代表選手から選ばれ構成された特別チーム。「ライオンズ」の愛称を持つ。

ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ
ユニオン ラグビー・フットボール・ユニオン
アイリッシュ・ラグビー・フットボール・ユニオン
スコティッシュ・ラグビー・ユニオン
ウェルシュ・ラグビー・ユニオン
愛称 Lions(ライオンズ)
創設年 1888年
コーチ ウォーレン・ガットランド (2021 tour)
主将 コナー・マレー (2021 tour)
最多出場選手 ウィリー・ジョン・マクブライド(17)
最多得点選手 アンディ・アーヴィン(274、全試合)
ジョニー・ウィルキンソン (67、テストマッチ)
最多トライ選手 トニー・オライリー(38)
ファーストカラー
初試合
オタゴ 3 – 8 ブリテン諸島
(1888年4月28日)
最大差勝利試合
西オーストラリア 10 – 116 ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ
(2001年6月8日)
最大差敗戦試合
 ニュージーランド 38 – 6 ブリティッシュ・ライオンズ
(1983年7月16日)
テンプレートを表示

概要編集

エンブレムにはイングランド代表の薔薇、スコットランド代表のアザミ、ウェールズ代表のプリンス・オブ・ウェールズの羽根、アイルランド代表のシャムロックが描かれている。ユニフォームについても、ジャージはウェールズの赤、パンツはイングランドの白、ソックスはスコットランドの青とアイルランドの緑と4ヶ国のカラーがあしらわれている。

テストマッチにおいて国歌やそれに準ずるアンセムは演奏されず、試合前には相手国の国歌のみが演奏される。2005年の遠征チームのアンセムとして「The Power of Four」が制定されたものの、選手・ファンの評価は得られず同回限りで廃止されている。

英国・アイルランドのラグビー選手にとってライオンズに選ばれることは名誉のこととされ、出場したライオンズの選手にもキャップは贈られる。

歴史編集

1888年にオーストラリアおよびニュージーランドへ遠征したイングランド、スコットランドおよびウェールズの選手によって構成されたチームが初めとなるが、オーストラリアではオーストラリアンフットボールのルールでの試合もあったとされる。

1891年に南アフリカへ遠征したのが第1回目とされ、イングランドおよびスコットランドの選手で構成されたチームであった。

ホームユニオン4協会で構成されたのは1910年の遠征から。この頃はブリテン諸島代表(British Isles)と呼ばれ、「ライオンズ」という愛称が付いたのは1930年頃からである。

近年の活動編集

ライオンズは南半球南アフリカオーストラリアニュージーランド)への遠征に向けて結成される。1970~1980年代は3年ごとの遠征。そして、4年ごと開催のワールドカップが始まった1990年代以降は、それに2年ずらす形で4年ごとに、南アフリカ共和国・オーストラリア・ニュージーランドのいずれかへ遠征している。

1986年の南アフリカ遠征は、同国のアパルトヘイト問題により中止になった。これにより、南アフリカ遠征は1997年の再開まで、17年間の空白となる。

それぞれの遠征の前または途中に、他の国のチームと対戦することがある。2005年の遠征前にアルゼンチンと対戦。2013年のオーストラリア遠征中には香港において、対バーバリアンズ戦が行われた。ライオンズにとって、初のアジアでの試合となった。

2021年には、南アフリカ遠征の前にスコットランドのエディンバラで、6月26日に日本代表と対戦した。日本にとって、ワールドカップ2019以来1年8か月ぶりのテストマッチとなった。28-10でライオンズが勝利したが、試合後半は日本のほうが多く得点した。この対戦の開始7分で、キャプテンのアラン=ウィン・ジョーンズウエールズ)が肩を負傷退場し、南アフリカ遠征の前半は離脱することになった[1][2]

第二次世界大戦後の遠征先一覧編集

選手編集

現在の代表編集

[3] スコッド

※選手名の前に来る国旗はその選手が所属するユニオン

※所属、 キャップ数(Cap)は2021年5月7日現在

 
2005年、ニュージーランド代表(黒のジャージ)と対戦するライオンズ(赤のジャージ)

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集