ブリハドラタ・マウリヤ

ブリハドラタ・マウリヤ英語:Brihadratha Maurya,サンスクリット:बृहद्रथ मौर्य,在位紀元前182年紀元前185年)は、ブリハードと乗るマウリヤ朝の最後の君主。古代インドの王。父はマウリヤ王シャタダンヴァンプラーナ文献によると、ブリハドラタ・マウリヤは父であるシャタダンヴァンからマウリヤ朝の王位を継承し、マウリヤ朝を3年間統治したとされる。

ブリハドラタ・マウリヤ
 बृहद्रथ मौर्य/Brihadratha Maurya
マウリヤ朝の王
在位 ?~紀元前185年
戴冠式
別号 ブリハード(英語読み)

出生 紀元前152年
パータリプトラ
死去 紀元前185年
タキシラ
埋葬 パータリプトラ?
子女 名称不明
家名 マウリヤ朝
王朝 マウリヤ朝
父親 シャパタンヴァン
母親 ?
テンプレートを表示

概要編集

マガダ国マウリヤ朝は最盛期を迎えたアショーカ王の死後、彼の息子によって分裂した。いくつかの伝説や仏典などの記録があるが、アショーカ王以後の王名はそれらの諸記録で一致せず、その代数も一致しないことから王朝が分裂していたことが想定されている。

マウリヤ朝最後の王は仏典によれば沸沙蜜多羅[注釈 1]プシャミトラ)、プラーナ文献によればブリハドラタ・マウリヤであった。これは考古学的な発見によってブリハドラタ・マウリヤが最後の君主であるとする説が正しいことがわかっている。プシャミトラはブリハドラタに仕えるマウリヤ朝の将軍である。

ブリハドラタ・マウリヤは、父であるシャタダンヴァンからマウリヤ朝の王位を継承し、紀元前182年に即位した。彼はまた当時インドの主要な宗教となていた仏教に忠実だったとされる。彼が即位した時には、マウリヤ朝の領土は王都パータリプトラを中心にした、アショーカ王の時代に比べて縮小しており、領土は首都パータリプトラ周辺に集中していた。王朝が分裂していたことが想定されている。しかし、ブリハドラタ王はマウリヤ朝を3年の間、王として君臨して統治したとされる。しかし、彼は紀元前185年に北西から侵入していたギリシア人との戦いで頭角を現していた司令官ブラミン将軍プシャミトラ・シュンガによってタキシラの地で暗殺されて権力が簒奪され、マウリヤ朝は滅亡した。その時期は紀元前185年とも、紀元前180年頃であったとも言われている。その後、プシャミトラ・シュンガはマガダ国シュンガ朝を築き上げた。

ブリハドラタの暗殺には、

プシュヤミトラは、タキシラで自身の軍隊の強さを示すという口実で閲兵しながら、軍の前でブリハドラタ王を殺し、新しい支配者としての地位を確立した。

 と言う伝説が残っている。

その後のインド編集

王位を得たプシャミトラはマガダ国の都パータリプトラを引き続き首都としたが、かつての最盛期のマウリヤ朝の領土を包括するような規模の王朝を築くことはできなかった。紀元前180年、北西インドはインド・グリーク王朝デメトリオス1世の攻撃を受け、プシャミトラは戦闘を余儀なくされた。プシャミトラとその後継者達はインド・グリーク王朝との争いに巻き込まれる。

脚注編集

  1. ^ 漢字表記法は一定しない。沸沙蜜多羅という表記は『雑阿含経』による。

関連項目編集