メインメニューを開く

ブルガール語は、バルカン半島ヴォルガ川中流域、北カフカースなどで、ブルガール人によって話されていたと考えられる言語。

ブルガール語
話される国 バルカン半島ヴォルガ川中流域、北カフカース
消滅時期 ドナウ・ブルガール語は9世紀ごろ、ヴォルガ・ブルガール語は14世紀ごろ廃絶
言語系統
表記体系 ギリシア文字アラビア文字古テュルク文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3
テンプレートを表示

目次

概要編集

テュルク諸語の中での位置付けは不明確であるが、チュヴァシ語と近縁とみられている。ブルガール語の話者は、ヴォルガ・ブルガールドナウ・ブルガールを構成する民族集団に含まれていたと考えられている。

現代のチュヴァシ語は、他のテュルク諸語とブルガール語との間で見られる音韻上の対立が規則的に現れることから、現在存在する言語の中では、ブルガール語に近縁の唯一の言語であるとみなされている。なお、現在のヴォルガ・タタール語は、ブルガール語の要素を一部含むものの、キプチャク系テュルク言語とブルガール語の混交言語と考えられている。

ドナウ・ブルガール編集

9世紀にはドナウ・ブルガールのスラヴ化に伴い、バルカンでの話者は途絶したとみられている。

ドナウ・ブルガール語の碑文は、ブルガリア北部のプリスカや、ルーマニアムルファトラル英語版で発見されている。これらの碑文はギリシア文字突厥文字(オルホン文字)様の古テュルク文字にて書かれており、内容は祈祷文や讃辞のほか、法廷目録である。

ドナウ・ブルガール語の碑文は、ギリシア語で書かれた同一碑文と共に見つかる例があり、スラヴ化が進む前のブルガリア第一帝国の支配者が、ギリシア語を公用語として使用していたことが分かる。

ヴォルガ・ブルガール編集

ヴォルガ川中流域では、13世紀から14世紀ごろまで存続したとみられるが、モンゴルによるヴォルガ征服に伴い、住民のキプチャク化が進み、死語となった。

ヴォルガ川流域では、アラビア文字や古テュルク文字を使ったヴォルガ・ブルガール語の碑文が多数発見されている。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集